読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第7話:3行なんてムリ(′д`)

FF11日記 第2章

やっべー!
出かけてたら、夜遅くなっちゃったよ・・・。
かずやいるかなぁ・・・?

夜桜を見に、旦那と出かけていたうっちょんは、夜10時半近くに、慌ててログイン。
今日も、サンドリアミッションをこなす事が出来るのか!?


そぉ〜〜〜っと入ってみると、ぬはーーー!!
何か、LSに人がいっぱいーーー!!そじゃ?
1、2、3・・・・・・私を入れると、11名。
日曜の夜遅くに、皆さん元気ですなぁ。
大勢の高レベル者達は、よく見ると同じエリアにいるようです。
・・・イベントか何かか?
場所は・・・ソジャ・・・って何処だ(′д`)?


まったく理解していない状態のまま、とりあえず皆に挨拶をするうっちょんは、一番無難であろう応援の言葉を仲間に送った。
元気のいい返事が返ってきたので、やっぱり何かをやっているようでした。


さてさて、かずやは・・・いるいる!
特に何もしてなさそうです。
早速声を掛け、ミッションを再開!!
今回のミッションは・・・

王立騎士団の斥候を捜せ!!

・・・である。
実際にするのは、迷子のNPCに話し掛けて、大事なアイテムを貰って報告するだけ。


あのさー・・・今までミッションをいくつかやってきたけど、エルヴァーン達は、アフォしかいないイメージが定着してきてるのだが・・・。
オークリンクの宝庫」で有名なダボイの奥地で、迷子になる騎士とは・・・。


兎に角、まずはダボイへ。
うっちょんとかずやは、サンドリアからチョコボで、ダボイへと向かった。
チョコボに乗る時、物凄く心配そうにかずやが「225ギルだけど、うっちょん大丈夫?」と言ってたのが、印象深かった・・・それくらいあるわいっヽ(`д´)ノ
そりゃ、0ギルの時もしょっちゅうだが・・・_| ̄|○


無事到着した二人は、ダボイに入って最初の広場で、西へとひた走る。
メインジョブの戦士60と黒魔67で来ていたタルタル達には、レベル30代は必要なダボイの入り口付近では、特に問題なく進む事が出来た。
小さな生き物を横目で見ても、何の反応も示さないオークを無視し、西へと暫らく走り、橋を渡った先に、目的のエルヴァーンを見つけることが出来た。
オークの横で、ひたすらウロウロするエルヴァーン。
一本道なんだから、さっさと出ればいいのに・・・物凄い方向音痴のようである・・・ケットシーより上か?
アオイには、かなわないかもしれないけど(・ω・)

<うっちょん>いたーーー!!こいつだ!
<かずや>おおぉーー!!・・・って、これだけ?
<うっちょん>終りっぽい・・・。
<かずや>もっと、何かこう・・・ズバババーーーンっていう感じのは、無いの?
<うっちょん>ナイ。
<かずや>(;′д⊂)

本当に、話し掛けただけで、ミッションは終わり。
かずやのデジョンを使って、二人はサンドリアに戻り、拍子抜けした状態のまま先ほど貰った調査報告書を提出し、3−1のミッションをクリアした。

この調子で、日記の3行化を目指せ!!

等と、かずやと話したりしてたけど、やっぱり私が書いたら、3行は不可能ですっ!!
しかし・・・今日は何も無いまま終わりそうだ・・・。
次のミッションがね、「釣り」するだけなんですよ。
まったりと・・・サンドリアミッション、やればやるほどエルヴァーンが、アフォに見えてくる・・・。
詳しく言うと、ラテーヌ高原から続くジャグナー森林にある「クリスタルの泉」へ行き、そこで生息している魚を釣って持って来い・・・という物です。
生態系の調査らしい・・・。
ここまで来ると、ミッションじゃなくてクエストレベルな気がするのだが・・・。


さて、調べてみますと、「カーボンロッド+ミノー」が釣り易いとの事。
カーボンは、お互い所持していたので、問題のミノーを購入する事にしました。
かずやが競売ですぐに調べてくれたのですが、サンドでは一つ辺り1100ギルで取引されてる模様。
うっちょんは、作る事が出来たので、材料を競売で確認したら、ミノー代とほぼ変わらず。
どっかに売ってた様な気がするのだが・・・。
LSに聞いてみると、ナラシンハが答えました。
ギルドか船」と。
ギルド・・・近い所なら、セルビナですな。


うっちょんは、メインジョブを白魔に変え、裸状態でかずやを連れて、テレポデム。
コンシュタット高地に到着した二人は、徒歩でセルビナへと走って行きました。
レベル上げの時は、セルビナへ行く途中のバルクルム砂丘は怖い所だったけど、白魔45の状態からしたら、皆雑魚(・ω・)
周りでうろついているゴブリンやコウモリに目もくれず、無事にセルビナへ到着。

<かずや>うちらだからさー、何かありそうな気がするんだけど・・・ギルドに行ったら、お店が閉まってるとか・・・。
<うっちょん>うは・・・ありえるから、恐いなぁ。確か雷曜日が休みだったはず。今は水曜日だけど、次は何だろう・・・?
<かずや>風みたい。ウィンのギルドと、休日日って一緒なのかなぁ・・・?
<うっちょん>多分一緒でしょ・・・。

そんな話をしながら、ちっこいタルタル達は、セルビナにある釣りギルドへ飛び込んだ。





・・・・・・・・・・・閉まってる・・・_| ̄|○


そうだ、船があった!
・・・って、今来てるジャナイカーーヽ(;′д`)ノ
慌てて移動をする、二人。
まさか・・・まさか、乗り過ごすとかイラナイイベントが発生しないよね・・・しなかった。
よかった・・・。


出港ーーー!


船の売店に行くと、そこでもお休み・・・_| ̄|○
只、ギルドではヴァナ時間で3時から開店だったけど、船だと1時から。
現在0時過ぎなので、もうすぐ開くようです。
よっしゃ、これで買える!!

<うっちょん>うお、220ギルって!! ・・・やすっ!!
<かずや>うほっ! 来て良かったー(*´д`*)

釣り糸が切れる恐れがあるので、うっちょんはミノーを6つくらい購入。
かずやは2、3個ほど買ったようでした。
かずやがお約束のデジョンを唱えようとしたので、慌てて止めるうっちょん。
道具は持ってるんだから、ジャグナーに直接いった方が良いだろうという事で、隣エリアのラテーヌ高原へテレポする事にしたのだった。

頭いぃー(*´д`*)

・・・とかずやは言ってたけど、頭がいいのかはわからん・・・(・ω・)


ラテーヌ高原に到着した二人は、その足でジャグナー森林へと移動。
ここも2人が絡まれる場所ではないので、問題なく目的の場所へと到着した。
ジャグナーには、大きな泉が北にある。
しかし、今回行く場所は、南東の小さな泉。
水溜りにしか見えないその泉は、とてもキラキラと光っていた。
クリスタルの結晶らしい。


こんな処に泉があるなんて、知らなかったよ・・・。
攻略本が無かったら、うちらは確実に北の大きな泉に行ってたでしょう・・・。
そして、永遠に「クリスタルバス」は釣れず、発狂していたでしょう・・・。
本があって良かった・・・(′д`)


移動をしながら、かずやがふと言葉を漏らした。

<かずや>うっちょん、あのさー・・・実は。
<うっちょん>ん?どしたー?
<かずや>何かね、ミノーじゃなくて、むきザリガニでも釣れるらしいのよー。今2つ持ってるんだけど・・・。
<うっちょん>ほうー。でも、ミノーの方が確実かもしれないし・・・。
<かずや>そ、そうだよね!?

到着した二人は、釣り糸を、光る泉に垂らした。
今までの釣りは、魚がかかった時に「かかった」と説明が出て、バイブで喰いついたリアクションを表し、ボタンを押して釣上げていた。
しかし、新しくなった今は、かかった時には「戦闘曲」が流れ、竿が右へ左へと倒される。
その状態になると、画面右下に魚の体力ゲージが表示され、体力減らしの為に、倒れた竿と反対側へ倒すイメージで、パッドを操作しないといけない。
ミニゲーム的要素が追加されたのである。
体力が減れば減るほど、釣りやすくなる。
うっちょんは、必死に魚の体力を奪って、引き上げた!
・・・モンスターだった(′д`)げっ!

いきなりかよっ!!

かずやに突込みを入れられてしまった・・・。
かずやの方は、1回目でクリスタルバスをゲット。
うは、すげー!
おめでとう!!
うっちょん、2度目の挑戦です!

・・・何も釣れなかった(′д`)

・・・3度目・・・お、クリスタルバスゲットだーー!
いえぁーーー!




・・・あ、ちょっとまった。
糸は切れなかった。
という事は、ミノーは減ってない。
前回に続いて、また買いすぎやってしまったかーー�堯福❷ぁ❶─�
かずやは、実は手元にあった「むきザリガニ」を使ったそうな・・・しかも1回で釣れた。
うは、ミノーいらねぇー(′д`)


色んな意味でダメージを受けつつ、かずやのデジョンで2人はサンドリアへ。
デジョンって便利だねぇ・・・かずやは友達から「足が退化するぞ」と言われるくらい、デジョンを愛用しているようでした。
便利だけど・・・ねぇ。


よっしゃ、次ぎは何だーーー!?

ジュノ大使館へ赴任

キターーー、ジュノだーー!
ここら辺は知ってるぞ!
なんせ、3国共通ミッションだからね。
ジュノへ行って、デルクフの塔にいる大使を助けるってヤツだな。
ふははは、鍵を持ってるぜーー!!
鍵があると、近道で、すぐに現場に到着しちゃうんです。
かずやも持ってたので、即クリア。
はやっ!!
(閉じ込めてられてる部屋が、各国によって違うのですが、案の定何処だか解らなくて手当たり次第にこじ開けようとしたのは、内緒です・・・)

ヌルイミッションクリアーーーヽ(`д´)ノ

ランク4に昇格ーーーヽ(`д´)ノ

いぇあーーーヽ(`д´)ノ

次の魔晶石も出しちゃいましょう・・・と言う事で、2人はミッションを受けようとしたのだが、何も発生しない。


・・・あ!
ランクポイントが足りないのかっ!
クリスタルを奉納しないと、駄目か・・・。
1人8Dは欲しいなぁ・・・買うと高いし・・・ジュノだし・・・(′д`)
かずやと話し合った結果、テレポデムで行けるコンシュタット高地の隣エリアにある、パシュハウ沼で精霊を倒す事になりました。
あそこは常にジメジメしてるので、雨か雷の天気が多いのです。
しかも、うちらなら余裕で倒せる強さなので、いいカモなのです。
そういう訳で、うっちょんは家にある装備をかき集め、白のまま移動。
アイテム出現率を上げる為に、2人共サポートジョブをシーフにしたのは、言うまでもありません。
精霊相手だと、黒魔は神ですな。
つよすぎっ!!
うっちょんも負け時と戦いますが、あまり役には立っていません。
一応、倒す事は出来るんですがね・・・。
MPを100以上使うバニッシュ2など使うものだから、すぐにMP切れで座っています。
かずやは、MP吸収魔法があるので、手当たり次第に敵を倒していました。


最初は、ライバルがいたので、それほど多くは集められませんでしたが、たまたま出合ったナガラージャからクリスタルを2塊貰い、このエリアでバリスタというPvP(プレイヤーとプレイヤーが戦う事)イベントが始まったので、ライバルもいなくなって、何とか8ダースずつのクリスタルを手に入れました。
ガラージャ、久しぶりだ〜!
ありがとうー(*´д`*)ノ!!どーん



ジュノへ戻った二人は、クリスタルをどーーーんと奉納。
ミッションが発生した所で、即解散となりました。
お疲れ様、おやすみ〜!


※ここにある物の著作権は、「うっちょん」または「マナ」にあります。 無断転載等は禁止しています。
© 2002 ucchon    © 2014 mana