読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第9話:魔晶石その2とアホタル珍道中

朝に寝たので、起きたのは夕方・・・。
やべぇ、一日が終る・・・。


今日はすぐにログインてシィダから30装備を返却&レンタルしてもらった後、串焼材料を集めながらログアウト。
その後、夜中に再度ログインして串焼材料を集めようかと思いきや、ナラシンハこと、お父さんの意見でレベル30代は串焼よりも干し肉の方が良いと知り、急遽変更。
バストゥークで安く売ってるそうなので、材料集めはやめました。


今日は金曜日。
うっちょんは夜中にログインしたので、すんなり入れましたが、実は今日もメンテでなかなか入れなかったそうな。
そして、お父さんの情報で、◇eからのメンテに関する事が発覚。
後でPCでメールを見て詳細がわかりましたが、どうやら今までの連続したサーバエラーは、中華または韓国系の攻撃によるものだと判明。
ギャグで話していた事が、本当だったとは・・・。
シャレになってません。
こんな事をしても、FFで金を稼いでいた中華系労働者が困るだけなのにねぇ(′д`)


金曜なので、かずやも夜中まで可能との事。
それではと、残りの魔晶石もやってしまおうと言う事になりました。
本当はかずやは、昨日今日と知り間のプロミヴォンの手伝いをする筈だったのですが、ことごとく起こったサーバメンテのお陰で、全て白紙。
うちらも、他人事じゃないですね(′д`)
明日と明後日、うちのLSでもプロミヴォンをやる予定なんですけど・・・。


ジュノにいたうっちょん、サンドリアにいたかずやは、目的地の「オズトロヤ城」で合流する事にしました。


オズ城・・・ここに魔晶石あったっけ(′д`)?
うっちょんの記憶は、ここまで退化していました。
その為、かずやの後を追うことに。
かずやはというと、物凄くかすかにしか覚えていないとの事。
2人共、迷子確定でしょうか(′д`)


最初のT字路で、かずやがダイスを振りました。

500以上なら右!

しかし、出た数値は「0」。
ゼロなんてあるんだねぇ。0って・・・
いいもの見せてもらったよ、ありがとう(*´д`*)b
かずやは、「これが勝負だったら・・・orz」と落ち込んでいました。

<うっちょん>最強じゃん、誰にも負けねぇ(*´д`*)
<かずや>orz

左に行こうとしたかずやを、うっちょんは止めました。
地図を見ると、マークがいくつか。
それは、行き止まりを示しており、左に行くと先へは進めないようでした。
・・・ダイス振った意味ねぇ(′д`)


右へ行くかずや。
それを追ううっちょん。


かずやは、左利きらしく、右と左が時々わからなくなるという・・・って、旦那と同じじゃないか!!!
うちら、迷子にならないよねぇ・・・(′д`)?


左利きの話で盛り上がってたら、気が付けば魔晶石があるフロアの入り口へ。
かずや曰く「適当に移動してたらついちゃった・・・」との事。


・・・結果オーライって事で(′д`)b


すんなりついてしまったーーーーー!!」と、叫ぶかずや。
ええやんか・・・すんなりついても・・・。
何かハプニングを、期待してたのかよ(′д`)
(最初のT字で右に行った後、別の分かれ道で間違った道を選び、行き止まりだったのは内緒)


大事なものを手に入れた後、かずやのデジョンでサンドリアへ。
その後すぐにチョコボで「ダボイ」へと行きました。
ここが終れば、ジュノで報告して終了です。
かずやの話だと、報酬の飛空艇パスを持ってると、替わりにギルを貰えるらしい。

<かずや>10万って噂があったけど。
<うっちょん>えー、そこまで貰えないでしょう・・・1万とかじゃないの?
<かずや>10万貰えたらいいなぁ(*´д`*)

かずやは、一人で夢心地でした。
うっちょんは、冷静に現実を見ていました。


ダボイもすぐ近くに、魔晶石のフロアがあります。
かずやの誘導で、特に問題なく到着。
特に何も無く到着した事に、少々不満げなかずやでしたが、無事に大事なものを手に入れて、終了。
かずやのエスケプでダボイを脱出し、徒歩でジャグナー大森林からバタリア丘陵、ジュノへと行きました。
(うっちょんがジュノへ着いた時、かずやは何故かロランベリー耕地にいたのは、内緒です)


さぁ、いよいよ大公からギルをゲットです!
金額は・・・2万ギル。

<うっちょん>まあ、こんなもんだよ。10万なわけないじゃん(′д`)
<かずや>う・・・嬉しいけど・・・(′д`) 冷静に考えたら、そんなに貰える筈ないよね・・・orz
<うっちょん>そういえば、すぐに大使館に行けって言ってたね。
<かずや>よっしゃ、行くかー!

大公の部屋から出て、目の前の大きな階段を下り、そのまま真っ直ぐ突き抜けて、さらに下へと下った広場にある、大使館へと移動。
そこでは、大使の部下から「急いでサンドリアへ行け」と言われました。
手紙を預かり移動。
ホームポイントは、2人共サンドリアなので大丈・・・b・・・・・・あっ!

<うっちょん>しまった!!さっきジュノにHP設定しちゃった・・・orz
<かずや>あ、わしも・・・あれ?してなかった(´・ω・`)

うっちょんは、先にデジョンしてていいよと話したけど、かずやは付き合いで一緒に飛空艇に乗る事にしたようです。
大使から話を聞いた直後、飛空艇出発まで後30秒・・・無理です、ノレマセン(′д`)
次の飛空艇を待ってる間、かずやは釣りを楽しんでいました。
釣れた物・・・「カッパーリング」「錆びたバケツ」「錆びたバケツ」「錆びたバケツ」「コバルトジェリー」「錆びたバケツ」「錆びたレギンス」「錆びたバケツ」「錆びたバケツ」・・・そして、「錆びたバケツ」を2度もリリース。才能だね

<うっちょん>先生っ!魚が一匹もいません!!!
うっちょんは、かずやににやりとしてみせた。
<かずや>(;′д⊂)
<うっちょん>バケツいっぱいだねぇ・・・これでクエスト一気にクリアだな。
<かずや>orz
<うっちょん>ある意味才能だよ。
<かずや>こんな才能いらないっ!

落ち込むかずやを見て、横で転げまわるほど大爆笑しているうっちょん。
そんな二人を乗せて、飛空艇はサンドリアへと出発しました。


急いでドラギーユ城へ。
入るや否や、イベント発生。
一通り見た後、分かったことは、「早く次のミッションを発生させろ」という事だった。
発生させないと、続きの話はしてくれないようなので、二人は即発生。
次のミッションは、フェ・インの骨退治です。
これはBC戦で、レベル上限があるので、気楽に行けません。
50装備・・・無いや(′д`)


受けるだけ受けた2人は、プロミヴォンの為にアニマを取りに行きました。
シィダから受け取った防具に身を包み、かずやの着替えを待つうっちょん。
2人はチョコボで、ラテーヌ高原から入れるホラへと行きました。
途中、かずやが「前みたいに入れない・・・って事は無いよね?」と少しオドオドしていましたが、一度クリアしたエリアでは、特に設定をしなくても自由に入れる為、そういう心配は無用でした。


うっちょんは、ホラだけ終ってたので、すんなり移動。
しかし入った瞬間に、うちょんは顔を青ざめていました。

<かずや>よかった、何事も無く行けそうだ(*´д`*)
<うっちょん>あああああああああああああああああ!!!
<かずや>うっちょん、どうした!?・・・まさか・・・。
<うっちょん>行けたけど・・・武器が・・・49装備(′д`)
<かずや>う・・・これ使って・・・無いよりましだから。

このエリアは、レベル上限が30です。
その為、49武器は勝手に外されてしまいます。
かずやはうっちょんに、自分が装備している武器を提供しました。
・・・「エルムスタッフ」でした。
両手棍です・・・。
両手なので、間隔が異常に長い。
そして、こいつはそれほど強くない武器。
良い所は・・・MPが6増えます・・・戦士&シーフのうっちょんには要りません(′д`)


素手よりましなので、暫らくそれで戦闘。
かずやは召喚&白魔だったので、うっちょんをサポートしながら、召喚獣で攻撃をしていました。


敵には属性があるので、その弱点の属性を持つ召喚獣を呼び出し、華麗に戦闘。
強い!
強いです!!
うっちょんが、一番弱いかも(′д`)
しかし、肝心のアニマの元が出ません。


朝4時くらいの事、LSにクンクンが来ました。
早起きさん・・・と言うよりは、この時間じゃ、おじいちゃんレベル?
クンクン、おじいちゃん(・ω・)?


アニマ取りをしている話をしたら、一緒にやるとの事。
現在、二人がいるエリアには、誰もいないようでした。
クンクンを待ちつつ、敵を倒している2人は、時々シャウトで「でないーーーーヽ(`д´)ノ」と叫びまくっていました・・・。


迷子になる事を期待したけど、すんなり到着したクンクンを見て、落ち込む2人。
合流した後は、3人での戦いとなりました。
クンクンは、獣使い&忍者で参戦。
うっちょん、かずや、クンクン、召喚獣、カニ・・・と、5人(?)パーティが完成しました!


二人の時は、戦っては暫らく休憩・・・の繰り返しでしたが、クンクンとカニが来た途端、敵をあっという間に退治。

つえぇぇぇえ!!!

何がって、カニがっ!!

うっちょんは、クンクンにお願いして、片手斧と盾を借りました。
さっきよりはましになったけど、やはり一番弱かったです(′д`)


結論から言うと、うっちょんとクンクンはアニマの素2つゲット、かずやは1つゲットでした。
クンクンは1つ持ってたので、今回1つは予備。
かずやは全部持ってたので、今回1つは予備。
あと1つ取りたかったけど、朝の7時です。
流石に眠いので、解散。
お疲れ様〜!
夜にまたサーバ攻撃されたら、ミッション出来ないけど、出来たらよろしく(*´д`*)

<うっちょん>今日は眠いから、メモってない〜。適当に書く。
<クンクン>やったーーー!・・・って、やっぱり書くのかyp

変な話をした様なしてないような・・・記憶がぼやけて書けません(′д`)
只、かずやがシャウトで「出てくれ出てくれ出てくれ出てくれ出てくれ・・・」と叫んだ直後にアニマの素が出た事だけは、覚えてるんですけどね・・・。
あと、こんな会話もあったなぁ。

<かずや>でろーーーヽ(`д´)ノ
<うっちょん>でろーーーヽ(`д´)ノ
<クンクン>君が好きなんだぁぁぁぁぁぁぁぁヽ(`д´)ノ
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
<かずや>ぽっ(*´д`*)
<うっちょん>ホモカヨ(′д`)
<クンクン>キミチガウ。
<うっちょん>カニかよっ!
<クンクン>(*´д`*)
<うっちょん>いきなり人外に走ってる・・・。でも、突撃させて殺してるけどね・・・。
<かずや>可哀想な、カニ・・・。
<うっちょん>既に7代目だっけ(・ω・)

カニに(*´д`*)ぽっ

相変わらず、3バカタルトリオでした(・ω・)b


※ここにある物の著作権は、「うっちょん」または「マナ」にあります。 無断転載等は禁止しています。
© 2002 ucchon    © 2014 mana