読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第23話:命がけの地図取り

FF11日記 第2章

今日も獣使いのレベル上げ。

モウヤダアキt・・・(゜д゜)


2回死に、1回瀕死逃げ、1回リンク逃亡。
毎回死んでますなぁ(′д`)


LSでは、エストレーラとリンガードが、バリスタにはまっていました。
PVPが売りらしいけど、ソロで戦うのではなく、PTvsPTです。
楽しそうでした(*´д`*)


エイリアンとアバンは、ウルガラン山脈で武器の潜在外しをしていました。
エイリアンは手伝いかなぁ?


獣使いに飽きたので、LSを誘ってウルガラン山脈の地図をとりに行くことにしました。
最初は、かずやとプレストと3人で適当に行ってみよう〜♪・・・って感じだったんですが、それを聞いた李香蘭が顔色を青ざめて、付いて行くと志願しました。
参加者は、うっちょん・かずや・プレスト・李香蘭・クンクン・ゲッツさんの6名。
クンクンは、李香蘭が拉致しました。
ゲッツさんは、プレストが誘ったようでした。
李香蘭達とはLSが別だけど、レベル上げで知り合った個人フレンドのようです。


ウルガラン山脈。
そこはとても怖い所なのです。
だって、奥まで行くと、レベル75でも絡まれちゃうんだから。
おまけに、インビジスニーク全て見破る敵まで居ます。
NMじゃないんだよ?普通の敵ですよ?
コワイコワイ・・・((((;゜д゜))))
気楽に行ったら、「」間違いなしでしょう・・・。


李香蘭やゲッツさんの丁寧な案内のお陰で、途中まで死者0。
しかし、山を上ってる時にスニークが切れたので、敵がいない所で魔法を唱えたうっちょん・・・後ろに白いボム2匹がぁ(゜д゜)!
絡まれ逃げ〜〜〜していたら、少し先で李香蘭がいっぱい絡まれ、うっちょんを追いかけていたボム2匹も連れて行ってくれました。
何で絡まれてたんだろう・・・李香蘭
私を助ける為?
それとも間違えただけ?
お陰で、うっちょんは死なずに済みましたが・・・李香蘭が死んじゃった(′д`)
ごめんなさい・・・_| ̄|○

<李香蘭>そろそろうっちょん死ぬ?<クンクン>そろそろだね。<うっちょん>(゜д゜)<かずや>(゜д゜)

何か、死ぬのを期待されていますが・・・死にませんよぉーーヽ(`д´)ノ


時計と反対周りで、ウルガラン山脈の頂上まで登って行き、最後は崖から滑り落ちて崖途中の穴に入ります。
画面は真下に設定し、方向は滑ってるのと逆に押してれば、ゆっくり滑れるから〜
・・・との説明を受けましたが、どう見ても滑るというよりは「落ちる」ようにしか見えません。
崖・・・90度なんだよ?
しかも、下が見えません・・・。

お・・・落ちるの?

ほ・・・本当に?

あ・・・あのぅ、私高所恐怖sh・・・ぎゃーーーーー((((;゜д゜))))


ゲームで足がすくんだのは、これが初めてかもしれません。
説明通りにパッド操作をしたら、本当にゆっくり落ちました。
落ちましたが、途中にある洞窟の入り口っぽい着地点が見えません。
結果、うっちょん失敗(′д`)
よく見たら、李香蘭もプレストも失敗してました。
前衛全滅・・・。
白のゲッツさん、黒のかずやとクンクンは、無事洞窟入り口地点に着地。
もう一回登り直しか!?・・・と思ったら、クンクンが言いました。


はいっ、お楽しみタイム〜ヽ(´ー`)ノ


えっと、つまりですね、その場で死ねという事ですわ。
死亡→トラクタ移動→かずや達の所へ無事到着・・・を狙ってるそうです。


李香蘭は地図を持っていたので、その場でデジョン2を貰い、ジュノへ。
地図無し戦士2人は、近くのウサギに背を向け、アボン〜。
待ってましたとばかりに、かずやがトラクタを唱えたのはいいのだが、近くに氷エレが・・・。
タルタル3人、必死に戦っていました。
相手がエレで良かったね・・・魔法効くし。
スリプル+ファイア3とかやってました。
ある意味鬼かも。
攻撃直後に眠らせ、相手には攻撃させないって感じ。


無事勝利し、うっちょんとプレストもトラクタで上げてもらい、レイズ3を貰って復活。
洞窟奥地で温石をトレードして、無事地図をゲットしました。


・・・気楽に来なくて良かった・・・。
李香蘭が言ってた通りだったなぁ・・・ここって恐いね、やっぱり((((;゜д゜))))
李香蘭、クンクン、ゲッツさん、お手伝いありがとうございました。
助かりました〜〜(*´д`*)ノ
そして、皆お疲れ様でした(*´д`*)ノシ








その後、かずやに連れられて、ビビキー湾へ。
面白い所だよ〜と言われてついて行きました。
そういえば、行った事無いや。
ビビキー湾は、ブブリム半島から行けます。
戦士60のうっちょんなら、余裕だね。
でも、奥まで行くと、突然「とてとて」まみれに・・・こえぇ。
突然すぎるよ・・・知らなかったら死んでたなぁ((((;゜д゜))))


二人で遊んでいると、クンクンとプレストが何やらやるようで、合流する事に。
旧市街へ行くんだって。
なるへそ。
ブブリムのアウトポスト近くで、合流。
うちら2人はパーティ解散し、参加マークを出しました。
クンクンは、うっちょんだけを誘って、テレポを唱え始めます・・・案の定かずやが慌てて泣きました(′д`)
クンクンは、いじられキャラですが、かずやには強いようです。


4人揃ったところで、テレポデム。
グスゲン鉱山から、旧市街へと移動しました。
どうやら、クエストをやるそうです。
タイトルは「ズィーロゾックの冒険」。
モブリンの話のようです。
依頼人のモブリンは、何となく言ってる事は解るのですが、よく考えないとさっぱり解りません。
クンクンは、既に内容を調べていたようなので、クンクンの案内の元、クエストを進める事になりました。
3タルを見たプレスト、「もしや、この3人は・・ウワサの・・・。」と呟いていた。

えぇ、「3バカタルトリオ」ですよ(゜д゜)b


いつもの通り、アホ会話をしていた3タル。
その会話について行けないプレストは、どう絡んだらいいか解らず、困っていました。
すまんのぉ・・・。
適当にあしらって良いから(′д`)


クエストを受けた後、一行はダボイへ。
オークからアイテムをゲットする為である。
封筒を手に入れるようです。
プレストゲット、次にクンクンゲット。

<クンクン>いただきマンモス。<かずや>いつの時代だ・・・。<うっちょん>年寄りLSだし(゜д゜)<かずや>orz

自分も年寄りの一員なのかと、ダメージを受けたかずやは、暫らくして時間が来たので落ちました。
かずやが抜けた直後に、うっちょんも封筒ゲット。
かずやのは、今度又取りに来ようと話し、3人は旧市街へ再度足を運んだ。
依頼人に封筒を渡すと、クリア。
一度エリア切り替えをした後、再度同じ依頼人に話すと、新たなクエストが発生。
クエストを受けたところで、解散となりました。


お疲れ様でした〜。
こんな所にもクエストがあるとは・・・1人だったら行けない所だったから、良かったよ〜。
またやろうね〜(*´д`*)ノシ


※ここにある物の著作権は、「うっちょん」または「マナ」にあります。 無断転載等は禁止しています。
© 2002 ucchon    © 2014 mana