読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第26話:獣使いはPTに限る

FF11日記 第2章

愚痴ってても仕方が無いです。
兎に角レベル17まで上げないといけません。
・・・いけなくは無いけど、自分で決めたので頑張ります。


そういう訳で、今日も獣使いです。


一人でやってると、LSにいたケンケンがうっちょんを誘いました。
どうやらケンケンは、獣レベル14のようです。
おお、ワシは15じゃ。
一緒に遊ぼう(*´д`*)


砂丘近くのラテーヌで遊んでいたうっちょんは、ケンケンを待ちながらチマチマ戦闘。
お、ケンケンキターー・・・って、うおおおおお!!!

何とケンケン瀕死です。

HPの色も赤く染まっています。
・・・凄いインパクトのある登場だ。
やばそうだったので、こっちも移動。
ケンケンと早く合流せねばっ!!!


ケンケンの姿が見えました・・・後ろにオークが2匹。
楽と丁度でした。
うっちょんは、慌ててペットを一匹攻撃させます。
ケンケンは、ペットを急いで探し、もう一匹に攻撃させました。
無事撃破。
ふぅ・・・こえぇ((((;゜д゜))))


狩場のアドバイスをリンガードから聞き、2人はタロンギへ行く事にしました。
・・・遠い。
LSでは、ねこち(猫侍)が「テレポしようか?」と、天の声を発しました。
お願いしますっ!!!


2人は近くの敵を倒しながら、ゲートクリスタルがある場所へと移動しました。
ねこちと合流した時は、2人は瀕死状態(′д`)
ケンケン、うっちょんと行動パターンが一緒か!?


さてさて、この危なっかしいコンビは、ねこちのテレポでタロンギへ赴きます。
丁度のキリンをペットにしては、強めのキリンにアタック。
敵が枯れたら、近場の敵をチマチマ攻撃。
2人でやると、楽しいけど、時々お互いの場所がわからなくなる・・・。
ペット探しで動いちゃうからね。
でも、1人より楽しい(*´д`*)
初めてかも・・・獣使いが楽しいと感じたのは。


うっちょんは、攻略本を見て色々調べながら戦っていました。
気が付くと、ケンケン死亡・・・(゜д゜)!
ぐはっ!!
す・・・すまん・・・。


慌ててレイズしてくれる人を探して、ケンケン復活・・・ふぅ、良かった・・・ごめんです(;′д⊂)
その後は、2人共1ずつレベルUP!
ペースは遅いかもしれないけど、1人より全然楽しいよ(*´д`*)


その後、うっちょんも死亡・・・(゜д゜)
通りすがりの外人が、突然Sayで叫びます。
「1000ギルでレイズ下さい」・・・と。
ちょっとまてっ!!
私は頼んでないし、払うとも言ってない!!
納得できないっ!!
勝手にこういう交渉をされる事自体に腹を立てたうっちょんは、レイズを貰っても様子を見ていました。
しかし白さんは、お金は要らないとのリアクションをして、にっこり微笑んで去っていきました。
・・・えっと、復活して良いのかなぁ・・・。
えいっ!


後味の悪いレイズでした。
でも、白さんありがとう(*´д`*)


暫らくやってて、ケンケンが土エレメンタルを発見。
試しに攻撃したようです・・・いやムリだろう(′д`)


「うっちょん逃げて! こんなの無理だ!」


ケンケンの叫び声と同時に、ケンケンのHPがぁ・・・いや、死んでないけど。
2人は一目散にブブリムへと逃げ込みました。


「はぁはぁはぁ・・・すまねぇ・・・。」


問題ないっすよ〜〜(*´д`*)b
死ななかったんだし、おっけー!
ブブリムで待機してる間、ケンケンがそろそろ時間と言う事で、解散する事になりました。
お疲れ様でした。
また遊んでね(*´д`*)ノ


うっちょんは、ブブリムからマウラへ→セルビナ→砂丘→ラテーヌ高原へと戻り、ソロで再開しました。
1人だとやはり飽きますが、何とか16から17へレベルアップ。

獣使い終わりーーーヽ(`д´)ノ


さて、次は詩人です!!
まずは歌を集めねば・・・。
詩人は、1レベル事に1つ以上の歌を覚えます。
敵が落したり、街で売ってたりと、歌取りの旅に出た後、邪魔なクエストアイテムを使う為、クンクンとかずやを誘ってオズ城へと行きました。
ちょっと迷いましたが、無事にNPCを発見してトレード。
前に手に入れた「アルニカの根」だったような・・・既に忘れた(′д`)
とりあえず、旧市街へ行き、モブリンと会話。
その後は、地図を手に入れる為に、箱探し。
うっちょんは鍵が邪魔だったので、早く使いたかったのでした。
そして無事に箱開け。
旧市街の地図ゲットです!!
ついでにかずやの鍵も手に入れ、箱探し・・・う・・・ライバルいるなぁ。


うっちょんは、バスクエの話をした。
あるクエストをクリアすると、飛空艇に名前がつけられるものがあります。
それを聞いたかずやが、叫びました。

<かずや>エロマンガ号とかヽ(`д´)ノ<うっちょん>サイアク。<かずや>(′д`)<うっちょん>絶対乗りたくない(′д`)<クンクン>かずやさん的には「スカト□号」とか。<うっちょん>サイアク。<かずや>(′д`)<うっちょん>覚えたくも無いね(′д`)<かずや>女性無料男性5億ギル号。<うっちょん>(′д`)苦情が殺到・・・。<かずや>(´∀`)<クンクン>撃ち落してやる。<うっちょん>かずやも払うんだよ?<かずや>あ orz<うっちょん>名前付けられるだけだしw<かずや>男だったんだ(′д`)<うっちょん>アホー(′д`)何だと思ってたんだろう・・・。<クンクン>アホアホカズヤ号。<うっちょん>アホになりそうだ・・・。<かずや>(′д`)

相変わらずのアホ会話・・・(′д`)
クエストは、NMを倒したりする、新しく追加された物なので、発生させるだけでもやってみることに。
飛空艇に名前をつけられるヤツは、連続クエストなので、その前に別のを終らせないといけません。
他にも色々あったので、まとめて受けることにしました。


灰を渡すクエストをクンクンがまだだったので、アヤメから話を聞き、港にいるタルと会話。
かずやは灰は終ってたので、再度アヤメから話を聞き、鉱山区にいる僧侶と会話。
まずはクンクンの灰クエストを終らせる為に、前と同じように旧市街と港の往復をしました。
最後の鉱山区でのガルカとの会話中、かずやはクンクンにくっ付いて、ブチューッ(゜з゜)
イベント中なので、状況がわからないクンクンは、終った瞬間に叫んでいました・・・。
あーあ、かずや・・・誰でも良いのかよっ(′д`)
えみっち可哀想・・・。

<クンクン>うげぇー、やっぱりホモかよ!<うっちょん>かずやは基本的に、何でも行ける変態です。<クンクン>【なるほど。】<かずや>(′д`)

灰クエストが終ったので、再度アヤメの所へ集合です。
かずやはデジョンで港モグへ。
うっちょんはクンクンからデジョン2を貰って、商業区のホームポイントへ。
クンクンはデジョンで商業区モグへ。
大工房入り口前で3人が合流しましたが、かずやを見たクンクンは突然デジョン2を唱えて、かずやを港モグへと移動させてしまいました。

わはははははは!!大爆笑(´∀`)!!


クンクンはアヤメと会い、次のクエストを発生させ、鉱山区の僧侶の所へ行ってました。
僧侶と話した後は、旧市街でNMを発生させて戦闘します。
NMが出る場所に到着した3人は、まず準備をとストンスキンやらブリンクやら・・・あ、敵が出た。
・・・かずやが発生させました。
慌てて寝かせるかずや・・・寝ましたよ、NMさん。
ノートリアスモンスターなのに、寝て良いのかよ・・・。
寝てる間に、皆準備。
終った所で戦闘開始ですが、敵さん弱いです。
なんだー、余裕じゃん。
いや、ワシ1人じゃ死にますが(′д`)


あっさり終ったので、鉱山区の僧侶の所へ行きました。
しかし、かずやだけアヤメの所へ・・・。
素で間違えたようです。
アヤメ好きらしい。

<うっちょん>エロアホー(゜д゜)<かずや>(′д`)

うっちょんが、かずやの女好きをクンクンに話したら、クンクンも普通に好きだと答えました。
・・・(゜д゜)!

うちのLSには、まともなタル♂はいないのかっ!?


2人共女好きエロだった。
でも、マゾではないと否定する、クンクン。


かずやはシャントットに虐められたいらしい。
「それが快感に(´・ω・`)b」
クンクンは、痛いのはイヤだと言います。
「でも、戦ってはみたいね。」


あのー、何か凄い会話してませんか(゜д゜)?


朝の5時20分弱だったので、解散。
うっちょんは、サンドに移動して落ちました。
お疲れ様でした〜〜。


※ここにある物の著作権は、「うっちょん」または「マナ」にあります。 無断転載等は禁止しています。
© 2002 ucchon    © 2014 mana