子供から学ぶ

マナは、気持ちが高ぶると、只ひたすら泣くだけで、どうして泣いているのか教えてくれない。
だからいつも、「気持ちを言葉にしないと、何を考えてるのか誰もわかってくれないよ。」と教えている。
そんなマナは、自分のことじゃなくても、「おとうしゃん、〇〇してくれてありがとう。」「おかあしゃん、〇〇ありがとう。」と、何でもありがとうを言う。
旦那が私の代わりに洗い物をした時、私が掃除や食事の準備をしたとき、私のPCを旦那が直した時とか・・・明らかにマナには関係ない事でも、自分が出来ないことをやってると、「ありがとう」と言葉にしてくれる。


それを聞くと、ハッっとさせられます。
そうだね、ちゃんと言わないと伝わらないよね。
マナに習って、私も旦那にもっと「ありがとう」を言おうと、毎度思わされてます。
大体、マナに続いて「ありがとう」を言ってるけど・・・。
マナより早く旦那に伝えられるようにならないとね(´・ω・`)

広告を非表示にする

※ここにある物の著作権は、「うっちょん」または「マナ」にあります。 無断転載等は禁止しています。
© 2002 ucchon    © 2014 mana