6歳の娘とDVD鑑賞 その2

今回は、子供と見れないヤツもあるので、それは別のほうで。


トムとジェリー アカデミー・コレクション [DVD]

トムとジェリー アカデミー・コレクション [DVD]

子供の反応

  • 起承転結がはっきりしていて、会話も殆どなく、常にコミカルに動き、時にはシュール、時には過激な表現がありますが、子供には大うけでした。常に動く、わかりやすい、動物が出る・・・この3つがツボだったのかな。
  • ギロチンでトムが首をはねられて終わった話には、ドキッ!っとしましたが、絵的には、ギロチンが遠くで下に落ちるだけだったので、子供的には「???」だったようです。
  • このDVD、話数が15くらいあるので、1話が終わって次が始まる度に、「まだあるの!?」と二人でびっくりしていました。


↓藤田先生のお勧めだったので、反応を報告したら喜んでましたw

やったー!うれしいー! オチのシュールなとこも好きなトコロです。 今でも好きだもんなあ。


パンダコパンダ [DVD]

パンダコパンダ [DVD]

子供の反応

  • これは、「パンダコパンダ」と「パンダコパンダ雨降りサーカス」の2本が入ってる奴です。さすが宮崎駿作品なだけあって、私も凄い楽しめました。雨降りじゃない方で、最初におまわりさんと挨拶するシーンがあるんだけど、二人で「ルパンがおまわりさんになってる!」と、別の楽しみ方をしてましたw声が山田さんなんですw「泥棒に気をつけろ」みたいな事を言ってます。わざとかな?w
  • 子供が、ミミ子ちゃんが喜びのポーズ「逆立ち」をするのを見る度に、真似しようとしていました。全然出来ませんが、凄い釘付けでした。
  • コパンダががイヌをやっつけちゃう所とか、パパンダさんが電車を素手で止めちゃう所とか、本当に喜んでました。
  • トラのオリに入って怯えている団長さんとかを見たとき、一緒に怯えてましたw


ユニコ 魔法の島へ [DVD]

ユニコ 魔法の島へ [DVD]

子供の反応

  • 「ユニコ」の続編です。記憶を無くされてる所から始まるので、「ユニコ」に出てきた悪魔くんとチャオは、まったく出てきません。子供は、続編のこっちの方が食い付が良かったです。
  • 悪役のククルックが怖いんだけど、悲しさもあるので、「ユニコ」での悪役だった男爵よりも悪さをする理由がわかりやすく、話的には奥が深いと思いました。
  • トラウマ的なネタもあり、流石、手塚漫画アニメでした。
  • 基本釘付けだったので、はしゃぎ回ったりはしてなかったです。見入ってました。


キティとミミィのあたらしいかさ&ユニコ 黒い雲と白い羽 [DVD]

キティとミミィのあたらしいかさ&ユニコ 黒い雲と白い羽 [DVD]

子供の反応

  • ユニコを見たくて借りたんだけど、キティの話もあったので、ついでに見ました。こっちのユニコは、映画「ユニコ」を作る前のパイロット版らしく、原作キャラのユニコの飼い主や、女神様がちょろっと説明的に登場したりしてました。
  • パイロット版だったせいか、ちょっと中身が薄かったので、子供の反応はイマイチでした。キティの方はユニコより楽しんでたみたいだったけど、画質が凄い悪くて見づらかったです。
  • 悪役の工場の毒煙は、最初に西風の邪魔をしてたけど、ラストで特に反撃しないし、工場の人たちも悪い奴だという演出をしてたんだけど、やっぱり反撃とかはないし、ユニコが淡々と工場を壊して終わってしまうので、ちょっと物足りなかったです。動きはコミカルで良かったですが。


魔法にかけられて [DVD]

魔法にかけられて [DVD]

子供の反応

  • 歴代ディズニー映画&アニメが好きなら、ニヤニヤ物の映画です。今までのディズニー映画ネタを余すことなく散りばめています。「あ!このシーンは、白雪姫のここのシーンだ!!」みたいなのが沢山ありました。実際に、おまけモードで、どのシーンがどれが元か的なクイズも入っていました。
  • 子供はそれほどディズニー映画を見ていません。映画自体ちゃんと見たのも最近だからね。ですから、白雪姫やシンデレラネタの所では、「あ!」と反応してましたが、ほかの所ではよくわからなかったみたい。ほぼ実写だったのもあり、ちょっと退屈そうでした。


メアリー&マックス」も一緒に見ちゃったんだけど、あまりにも過激な部分が多くて、失敗したっ(;´д⊂)
子供には「???」だらけだったようなので、理解してなくてよかった・・・と思ったけど、これは完全に大人映画ですね。
多少ネタバレしてもいいから、知らない映画は事前に詳しく調べるべきだったと、反省しています・・・orz

広告を非表示にする

※ここにある物の著作権は、「うっちょん」または「マナ」にあります。 無断転載等は禁止しています。
© 2002 ucchon    © 2014 mana