初期村へ帰ろう(その2)

インして最初にやることは、裁縫ギルドで裁縫をする&バザーのウィンドウショッピング。
一通りやって満足したところで、マナは何を思ったのか、駅へ向かいました。


私「パスないでしょ。乗れないよ?」
マナ「いいの! みにきただけー!」


駅周辺を散歩していたら、掲示板らしきものを発見。
4つあったけど、ホームの反対側にもあって、全部で8個でした。
ジュレット駅内の看板

伝言板
祈りの宿で キミを待つよ。 ミーオ
ごめんなさい。私は行けません。 ジュリー

私「行けないって。」
マナ「なんで?」
私「さぁ・・・?」

ウェディの皆さんへ
駅のホームから 海に飛び込んで
泳ぐのは やめましょう。

私「ウェディは、何で飛び込んじゃうんだろうね。」
マナ「おさかなだから。 ひれあるからか。」

マナは 掲示板を読んだ。
しかし 水にぬれて
字は ぼやけていた・・・。

私「何で濡れたんだろうね?海の波かな?」
マナ「え? いちど うみに いれたんんじゃないの?」
私「何でわざわざ、一度海に入れないといけないんだ・・・まあいいか(´・ω・`)」

小さなお子さまと プクリポのお客さまは
海に入るときに 必ず 浮き輪をご着用ください。
ジュレット観光協会

私「ドワーフも小さいよね?」
マナ「うん。 ドワーフたいほーー!(突然踊りだした)」
私「何で逮捕(゜Д゜)!?」

青い空 白い町並み どこまでも続く海。
常夏のジュレットへ ようこそ。
よろいを脱いで くつろいでね。

マナ「なんで ぬぐの? ・・・あ、あついからか。」

布と触れ合おう。それが さいほうギルド。
ボクたちは きっと解り合えるよ。
さいほうギルド本部

何か言ってたけど、忘れました。
さいちゃんとか言ってた気がするけど、本人は違うと言ってます。

ネコの魔物 注意報!
町の周りに ネコの魔物 うろつき中。
魚をむしゃむしゃ食べる おっかないヤツらです!

私「むしゃむしゃ食べるって。マナも食べられちゃうぞ〜〜!」
マナ「いやぁ〜〜! むしゃむしゃ〜〜〜(*´Д`*)」
ウェディの種族は、魚系なので、フィールドにはネコ系モンスターがいくつかうろついています。
ネコの好物→魚・・・って、これ日本でしか通用しないネタなんだけどね・・・。

忘れ物リスト
つりざお 2本 耳せん 5個
あぶない水着上 1着

看板一つで楽しめるなんて、うらやましぃ・・・。
マナのプレイを見てると、ゲームの見え方が変わって、毎度感心させられます。
その中で一番食いついたのが、「あぶない水着」という言葉。
「なんで、みずぎが あぶないの?」と質問され、困惑していましたw
危ないの意味が違うのよね・・・(;´・ω・`)
別に、爆発はしないよ?




その後は、町のすぐ外でスライムベスを相手に何回か戦っていましたが、経験値は2。
よくわからないのですが、どこの町でも入り口付近にスライムベスがうろついています。
レベル8のマナでも、余裕で倒せる敵です。
そのすぐ近くには、ソロレベル20前後で倒せる敵がうじゃうじゃいます。
何の配慮か、さっぱりわかりません。


私「2しかもらえないね。これからはこいつでレベル上げするの?」
マナ「スライムは1だから、それよりはおおいよ!」


・・・まあ、そうなんだけど。
残り経験値は180ほど。
さすがに辛いだろうと思って、話を切り出しました。


私「お母さん、マナの華麗な姿がみたいな〜(*´Д`*) ジュレットの町に行く時は、敵を自分で避けて来れたんでしょ?なら、初期の村にも、自分で戻ってこれるよ! マナのカッコイイプレイ、見てみたいなぁ〜(*´Д`*)」
マナ「え!?ほんとう? じゃあ、やってみる!!」


初期村へと戻る気を失せていたマナのやる気を、何とか取り戻させて、プレイをさせてみました。
始めは、「とちゅうまでしか いけないよ〜〜もうDQ10やだーー(´д`)」とか言ってましたが、やる気を出したマナちゃんは、やってくれましたよ!
行けるところまで行って、駄目そうならお母さんが手伝う(代わりに操作する)という条件付で、頑張ってもらいました。


道のりとしては、
ジュレットの町→ミューズ海岸→ジュレー島下層の大空洞→いかだに乗る→レーナム緑野→中継キャンプ「祈りの宿」→コルット地方→レーンの村
・・・となっています。
とはいえ、長い道のりは大空洞だけなので、中継キャンプに来れば何とかなります。


ぐんたいガニ&デンタザウルス&しびれくらげ
↑大空洞で戦闘に入った敵。左から「ぐんたいガニ」「デンタザウルス」「しびれくらげ」。
ちなみに、デンタザウルスは、現在レベル46の私でも強い相手と表示されるほど恐ろしい相手。
逃げるが勝ちです。


マナ「やっぱり こわいよぉ〜ヽ(;´Д`)ノ」
私「敵からなるべく離れてね。背中側を通れば、見つからないからね。」


二人でヒヤヒヤしながら敵を避け、戦闘に入ったら一目散に円の外側へ走り、マナは途中にある立て看板を見て頼りにしながら、進んでいました。
ジュレー島下層の大空洞にある立て看板
↑ジュレー島下層の大空洞にある、立て看板。この通りに行くと、道に迷わず進める。


おばけヒトデ
↑マナに教えられて知った、おばけヒトデ。
「みつかっても あしがおそいから かんたんに にげられるよ」・・・と、教えてくれました。


一番の難関ジュレー島下層の大空洞を通り抜け、いかだの場所まで到着。
二人で、「やったー!!」と、大喜びしました。
ジュレー島下層の大空洞にあるいかだ乗り場
↑乗る前に、ちゃんとタルがあるか確認したマナは、いかだに乗って次のエリアへ。
その後の道はとても短いので、無事に祈りの宿まで到着できました。




マナ「おかあさん、わたしすごいー(*´Д`*)??」
私「凄い、凄い! 頑張って自力で来れたねーー!!」


大喜びした後、教会で復活場所を設定し、初期の村「レーンの村」まで行きました。
中継地点付近なら、倒せる敵もいます。
スライムベス&タホドラキー&スライムつむり
↑マナと遊んだ敵さん。左から「スライムベス」「タホドラキー」「スライムつむり


タホドラキースライムつむりを余裕で倒し、満足した所でレーンの村へ向かいました。
ちなみに、タホドラキーの経験値は8、スライムつむりは6でした。


私「タホドラキーと、スライムつむり、どっちが好き?」
マナ「タホさんが すきー(*´Д`*)」


何故かタホドラキーがお気に入りのマナは、「タホさん」と呼んでいました。
リリパット
↑さすがにリリパットには勝てそうになかったので、逃げましたけどね。




マナ「やったーー! やったーー(*´Д`*)!!」


レーンの村の入り口を見つけた途端、両手を上げて、その場でジャンプしながら大喜びをしているマナを見つつ、私も思わず拍手しました。
ただ移動してるだけなのに、何でだろう・・・こんなに感動するなんて。
レーンの村へ到着した時は、二人で抱き合って喜びました。
初期村にて
↑無事に到着したので、記念に撮影。マナが撮りました。


初期村内
↑村をぐるっと散歩しているときに見つけた場所。
「ここのたべものは、たべちゃだめだよ〜」・・・と言いながら、近づくマナは、沢山の席と分かれて置かれていた、2つの席を見つけて言いました。


マナ「なんで ふたりのせきだけ、はなれているの?」
私「ああ、これはきっと、花婿さんと花嫁さんが座るところだと思うよ。」


この村での最初のシナリオが、「結婚直前にさらわれた花嫁を救う」というものだったので、結婚会場と思われる場所が設置されていました。
シナリオが終わるまでなら、この席の意味はわかるけど・・・シナリオが終わった後は、どういう意味で存在する扱いになるのでしょうか・・・ちょっとナゾです。




今回はこれで終わりました。
次からは、何をするんだろうなぁ。
「はやく おとうさんとおかあさんをやとって、3にんパーティであそびたい〜!」とか言ってましたけど、酒場の利用はメインシナリオを進めて、鉄道パスを貰ってからじゃないと受けられませんでした。
道のりは長そうです・・・(´・ω・`)


しましまキャット&ねこまどう
↑そうそう、前にわからなかったネコの名前を、調べてきました。
左から「しましまキャット」「ねこまどう」です。
しましまキャットは、ちょっと不気味なパンダ・・・じゃないよ、かずや(´・ω・`)


このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
↓よかったら、応援クリックをお願いします。

広告を非表示にする

※ここにある物の著作権は、「うっちょん」または「マナ」にあります。 無断転載等は禁止しています。
© 2002 ucchon    © 2014 mana