三度目の一騎打ち

マナ「おかーさーん、うぃんどうしょっぴんぐ ってなあに?」
私「お買い物をしないで、お店で売ってる物を見て、楽しむことだよ。マナは、ウィンドウショッピングが、好きだよね・・・。」
マナ「うん、だいすき〜(*´Д`*)」


実は、マナも日記を見ています。
私が夜中に書いて、起きたマナがチェックをする感じです。
私よりも記憶力がいいので、ちょこちょこ直しが入ると思います・・・。
最近では、バザーでのウィンドウショッピングだけでは物足りず、町のプレイヤーの装備まで調べては、眺めて楽しんでいます。
裸でうろついてる人には、やはり名指しで爆笑し、雨が降っていると「はだかで さむくないのかなぁ・・・かぜひいちゃうよ?」と、本気で心配していました。
プレイヤーの名前も、見てて楽しいようです。
ある人を、勝手に「さん」付けしたりするので、「知ってるの?」と聞くと「しらない〜」といってました。




・・・あれ?昨日は、村で終わったんじゃないの?
イン直後、何故かジュレットの町にいました。
死んだ時の復活場所は、中継地点の「祈りの宿」のままのようでしたが、私が目を離していた時に、ルーラストーンでジュレットへ戻って、終わったようです。
・・・気が付かなかった。


今日も、バザーでのウィンドウショッピング&プレイヤー観察をし、裁縫ギルドで服を製作。
素材も底をついたのを見たので、「せっかく復活場所を変えたんだし、村の方で素材を集めたら?」・・・と聞いてみました。


マナ「どうやって もどるの?」
私「死んだらいいの。レベル10になってないんだから、死んでもお金が減らないでしょ。どうせ死ぬんだったら、ジュレットの町を出てすぐのミューズ海岸で、シルク草を拾ってから死んだら?」
マナ「あ、そうか!」




そういうわけで、何とか目標が出来たマナは、お散歩感覚でミューズ海岸へ。
外に出た途端、外の曲に合わせて、突然歌いだした。


♪ちょぉっと あさのいと〜 とか 
 ぜんぶ ひろって きま〜す〜 うぅぅ〜〜♪


ぶっ(´ε`)!! 
何だその歌w
マナはいつも、どんなメロディーにもあわせて、その時の気分を歌にします。
ミュージカルみたいだね(´・ω・`)
文字数が足りなかったり、字余りだったりしても、気にしません。


シルク草を手に入れて、死ぬ気満々でうろついていましたが、何故か避けるのが上手くて死にません。
本人は、避けてる気は無いようですけど。
スライムナイト
↑こいつ(スライムナイト)が、マナを倒してくれました。




数分後に無事死亡(?)し、「祈りの宿」へ移動。
さぁ、素材集めの開始です。
キラキラがある所は結構まばらなので、攻略サイトのマップ画面を表示して(ここです→マップ:レーナム緑野|ドラクエ10攻略広場)、うろうろしていました。


マナ「ちょっとぉ〜! ヘドロスライムじゃないか・・・。」


レベルが8だと、まだ襲ってくる敵がいるようです。
バブルスライム
私「ヘドロスライム・・・????」
それ、バブルスライムじゃないかwwww
酷い名前に変えられてるwwww
その前に、ヘドロって言葉を知ってたんだね・・・ちょっとびっくり(´・ω・`)
バブルスライムですw」と教えたら、「バブルせんせ〜」→「バブルちゃん」→「バブすら」・・・と、勝手に略称を付けて、名前が変わっていきました。
何か、略すのが好きなんですよね・・・。
日本人らしい?w




倒したら、経験値が9、お金は5G入りました。
今までの中では、一番多いですね・・・経験値が。


バブルスライムはね、こうげきをうけると どくにかかる「かも」しれないんだって。」


と、得意満面に説明をしながら、毒を食らっていました。
マナはDQ10をやる前に、RPGゲームを2つほどやっています。
wiiで配信された、「ファイナルファンタジーIV ジ・アフター -月の帰還」と、「クロノ・トリガー」です。
二つのプレイを見ていると、基本的に回復魔法を唱えないで、削られて死んでる事が多かったので、「戦ってる時に、半分くらい体力が減ったら、ちゃんと回復してあげないと、すぐ死んじゃうよ?」と何度も教えたのですが、何故か回復を頑なに拒否していまして、RPGはまだ無理かなぁ・・・と思っていました。
しかし、今回のプレイをみて、その気持ちが一気に消えました。
バブルスライム戦で、マナは体力が半分以下になると、自分で「ホイミ」を掛け、毒を食らうと、ちゃんとどうぐコマンドを選んで「どくけし草」を使っていました。


私「マナ凄いじゃん!戦闘が上手になったね!」
マナ「えへへ・・・(*´Д`*)」


・・・まあ、上手になっても、世の中では何の役にも立ちませんけどね(´・ω・`)
本当は、もっと別の事を覚えて欲しいけど・・・w


マナ撮影
(↑マナが撮影)
襲われて倒しては移動し、キラキラを見つけては、また襲われ・・・。
低レベル地域では人が少ないので、モンスターが溢れていました。


マナ「ちょっと、バブちゃんこないで〜〜!!・・・って、そのまえに ウチがたおしちゃった(*´Д`*)」


・・・と、結構戦闘を楽しんでいるようでした。
「また バブちゃんか・・・。にげるよー。」と、段々MPも厳しくなってきたので、逃げる事にしたようです。
祈りの宿から少し離れた所で、ホイミスライムを発見。
ホイミスライム
ホイミスライムだ〜。ホミスラ〜w」・・・と、また略して笑いながら、引き返しました。
今度は、タホドラキーに遭遇。
タホドラキー
「たほちゃん、よわいから いらないよぉ〜(´д`)」と言って、避けていました。
昨日は好きとか言ってたのに、弱くなったらポイですかw
強い敵には、怖がるのになぁw




マナ「おかあさん、ちょっと めをつぶって 10びょうかぞえて。」
私「ん?いいよ?(仕事をさせてくれw)」
マナ「いーち、にーぃ、さぁーん、しぃー、ごぉーお、ろぉーく、しぃーち、はぁーち、きゅぅーう、じゅう!! はい、めをあけて〜!」
私「・・・ん?」


マナのカウント中目を閉じ、合図を貰ってから目を開けて画面を見たら、ちょっと移動していた。


マナ「なにしたか わかる? がけを とびおりたんだよ(*´Д`*)」


このゲームは、FF11と違って、フィールドの段差の扱いが緩くなっています。
大きく隆起している岩も引っかからずに簡単に登れるし、3mあるんじゃないかっていう崖の上からも、柵さえ無ければ飛び降りれます。
普通、足を折るような気がしますが、まあそこはゲームなのでw
マナは、飛び降りるのが気に入ったようで、何回か飛び降りて遊んでいました。




そういえば、何度もバブルスライムと戦っているので、残り経験値を聞いてみました。


私「次のレベルまで、後いくつの経験値が必要?」
マナ「ちょっとまってね。・・・えーっと・・・おーーーー! あと9ーーー!!ヽ(´ー`)ノ」
私「9!」
マナ「ってことは、スライムつむりを 2ひきたおしたら ☆qw&dfご#あs%df・・・・・・(意味不明)」


興奮しすぎて、何を言ってるか判りませんw
スライムつむりの経験値は6だと覚えていたので、「スライムつむり計算」をしていましたが、バブルスライムを一匹倒したら、上がるんだよね・・・まあいいけどw


スライムつむり
そして、無事にスライムつむりを2匹倒し、レベルアップ!
マナは、大はしゃぎで、不思議な言葉を発していた。


マナ「でも・・・ いっこ いやなことがあるの。」
私「なぁに?」
マナ「なにも おぼえなかったこと・・・☆qw&dfご#あs%df・・・・・・(意味不明)」
ごちょごちょと、意味不明の言葉をワザと発して楽しんでるマナを見て、私も爆笑してしまいましたw
どうやら、新魔法を期待していたようです。
・・・そういう時もあるね。


レベルが9になったので、ホイミスライムに挑戦。
2〜3回攻撃で、ホイミスライムの名前の色が変化。
おぉ、これは行けるんじゃないか!?・・・と思っていたら、こっちの体力もヤバかったので、ホイミを詠唱。
そしたら向こうもホイミを詠唱。
殴っては回復され、MPが厳しくなってきた所で、無事に倒すことが出来た。
DQ10では、敵の体力数値やゲージは出ないで、名前の色の変化で、減り具合を大体把握します。
白文字→山吹色?→オレンジ→赤→死亡・・・って感じだったかな。




かくれんぼ
MPが殆ど無くなったので、マナは何を思ったのか、草陰に隠れました。
敵に見つからない効果があるかは、ナゾです。
それから、草陰に隠れた状態で、別のプレイヤーの戦闘を観察。


マナ「あ、ホイミかけてる。 30かいふくしてるー。 ・・・バブちゃんと たたかうみたいだよ。 バブちゃんっていっても、あかちゃんじゃないよ。」


わかっとるわw
他のプレイヤーの戦いの観戦も、結構楽しいですね。
リリパットと戦ってる人がいましたが、リリパットが仲間を呼ぶと、慌てて逃げてたり、強い人が通り過ぎると、敵が慌てて逃げてたりw
暫くしたら、他のプレイヤーが視界から消えました。


マナ「このあとは、だれも きませんでした。 めでたし、めでたし。」
私「何で昔話風(´・ω・`)?」
マナ「むかしむかし せんせいは、 「だっこしてー」と なきながら おしごとをしていました。 おしまい。」
私「先生は、そんな事言わないでしょww でも、何でお話なの?」
マナ「おかあさんの おしごとを、 しゅうちゅうさせるため。」
私「集中しないし、出来ないから!!ヽ(;´Д`)ノ」


私は今は、家で仕事をしていますが、マナはいつも私の真横で何かをして遊んでは、話し掛けてきます。
口では「しごとしてて」とは言うんですが、言った直後に話し掛けるなんてしょっちゅう。
寂しいんだよね、ごめんね、締め切りが近いのよ。
終わったら、遊ぼうね(;´д⊂)
だから、仕事させて〜〜〜ヽ(;´Д`)ノ


他のプレイヤー観察をしたまま、コントローラーを放置していたら、画面が真っ暗に。
その後天候が変わったようで、雷が鳴り出した。
「こわい〜〜」とマナが言い、私も頷いて一緒に怖がっていました。


コントローラをいじって画面の明るさを戻したら、近くで両手剣を使って戦ってるプレイヤーを発見。
ホイミスライムを2回攻撃で倒していました。
22ダメージと、24ダメージが敵キャラの頭上に、表示されていました。


マナ「22+24は?」
私「46・・・って事は、ホイミスライムのHPは、46以内か。」
マナ「46いか じゃないの?」
私「そうだね。」


以内は、範囲よりも少ないって意味だから、以下で合ってたね。
マナは最近「以下」と「未満」の違いを覚えたので、よく使っていました。




観察も飽きた所で、マナはレーナム緑野をぐるっと散歩した後、リリパットに何回攻撃で殺られるかを観察し始めた。
リリパット
二人でカウントを唱え、4回で死んだのを確認。
それを見たマナは、「4かいで!? レベルが あがったから!??」・・・と、ちょっと興奮気味でした。
いつもの様に、死後5分間放置していましたが、その間にリリパットに踏まれていました。
それを見て、「あー、ふまれたーー!!」と、マナは笑っていました。


人が殆どいないので、誰も助けてくれるわけも無く、いつも通りに教会へ飛ばされたマナ。
教会で流れていた曲に合わせて、途中から歌いだした。


♪やーんな きもちーに させ
 たーいーよーうーにー 
 らーらーーー らーらーーー
 らーらーーー らーらーーー らーらーーー♪


・・・何の歌だろう(´・ω・`)


復活すると、HPもMPも満タンでした。
レーナム緑野のキラキラはある程度拾ったので、今度は村に近いコルット地方へ移動。
エリア切り替え直後に、突然マナが言いました。


マナ「あ、そうだ。 「きよめのみず」が とれるところを、 おしえるね。」


そう言って、すぐ近くにある小さな滝へ向かい、その下に光っているキラキラを調べて、拾いました。
コルット地方の小さな滝
↑画面左が、レーナム緑野へと続く道。滝は、すぐ右側にあります。


♪みずみずしぃ〜って ことばは〜 やめてね〜
 みずみずしぃ〜って ことばは〜 やめてくださいね〜♪


やっぱり意味不明の歌詞です。


マナ「ねーねー、モーモンは スライムよりも、 けいけんちが 1おおかったんだよ。 ・・・スライムベスと おなじだけどね。」


スライム
・・・と言いながら、スライムを一撃で倒した。
倒した直後に、「レベル8でも いちげきだったよ。 れべる7でもね。」・・・と言ってました。
村へ移動しているのかと思ったら、ボスがいる洞穴の近くへ移動しており、崖の上から飛び降りて、楽しんでました。
崖
↑この上から飛び降りてました。




せっかくボス前まで来たんだからと、私はある提案をしました。


私「ちょっと、お母さんがボスと戦ってみていい?」
マナ「え!?いいよ、いいよ!!」


・・・と、嬉しそうにコントローラを渡してくれました。
レベル6で挑んで負け、レベル7で挑んで負けたマナ。
シナリオを進める事を半分諦めており、このままだとゲーム自体やめてしまいそうだったので、せめて電車パス位はあったほうがいいだろう・・・と考えた私は、レベル9のマナを操作して、ボスに挑んでみました。
幸い、手持ちのやくそうが20個あったので、いけるだろうと判断。
仲間の行動間隔が少し短くなる「ピオラ」の魔法を唱え、ひたすらムチを振るってはやくそうを使い、ジリジリと追い詰めて無事倒せました。


私「やったー! 倒したよ!!」
マナ「!!!」


ガッツポーズを出しながら、マナの反応を見てみたら・・・両手を口に当てて絶句状態。
そんなに嬉しかったのか・・・w
131の経験値と、9Gをゲットしていました。
何か横で、「けいけんち すくなっ!」とか言ってる人がいましたが。
夕焼け
↑戦闘終了後に、撮影。夕日が綺麗です。マナ、撮影うまいなw




村の入り口が見えた所で「ただいま〜」と言いました。
そのままワクワクしながらイベントを進めて、花婿と花嫁に


「ありがとう、マナのお陰です。」


・・・と言われたマナは、モジモジしながら照れていましたw
村長から電車のパスを貰い、キーエンブレムと呼ばれるアイテムを集めろと言われ、「最初にジュレットの町へ目指せ」と、アドバイスを貰いました。
パスをゲットした時は、二人で大喜び。
マナは、あまりにも嬉しすぎて、その場で踊りだしていました。
そして、「ジュレットの町へ目指せ」と言われた時、「もう いったしーー!」と、笑って言ってました。




早速ジュレットの町へルーラストーンで戻り、酒場でクエストを受け、電車に乗って「娯楽島ラッカラン」という場所へ行って「さえずりのみつ」を買い、ルーラストーンを掲げてジュレットの町へ戻りました。
この時、気分が良かったマナは、ルーラストーンを掲げている時に掲げる仕草を真似して、遊んでいました。


マナ「はい、 かってきましたよ〜、 おじょうちゃ〜ん。」


酒場の店主らしき人を「おじょうちゃん」扱いする、マナ。
6歳に言われてますけど・・・(´・ω・`)
そしてついに酒場クエを終わらせ、サポート仲間を雇えるようになったマナですが、誰を雇うのかと聞いたら「そうりょとまほうつかい」と即答していました。
そして、ちゃんとステータスを吟味しつつ僧侶を選んだのですが、何故か選んだ理由が「こうげきまりょくが 5あったから」だそうです。
あの・・・僧侶レベル9って、攻撃魔法なんて無かったような・・・。
まあいいんだけど・・・(´・ω・`)
次は、魔法使いです。
吟味した結果、選んだ魔法使い。
その人を選んだ理由を聞いたら、「ぶきに +2があったから!」と答えました。
え・・・? 攻撃魔力は見ないの?
不思議な選び方だ・・・まあいいか(;´・ω・`)




3人パーティになって大喜びのマナは、何を思ったのか、突然「ねこじまにいくーー!!」と言い出しました。
ちょっとまって!!
猫島ってさー、ジュレットの町のシナリオボスがいる所だよ?
レベル30は欲しいよ?
だ・・・大丈夫かなぁ・・・(;´・ω・`)
相変わらず、無謀な娘です。


一度ログアウトして、暫くしてからインしたので、時間的にも人が多く、猫島へ向かうパーティらしき人達を見つけたマナは、そのパーティに紛れ込む作戦をしたようです。
強い人が通り過ぎると、敵が慌てて逃げてくれます。
・・・なるほど、これなら襲われないか。
悪知恵がついたな(´・ω・`)
ルートとしては、「ジュレットの町→ミューズ海岸→いかだに乗る→猫島」なので、さほど遠くはありません。
いかだの乗り場が見えた時、あまりに嬉しすぎて、大興奮。
でも、タルのチェックは忘れません。
タルには「ネコずな」が入っており、「ネコずな?なんだろう・・・?」と、疑問に感じながら近くのNPCに話しかけ、無事に猫島へ。
「やったーーー!!」と喜んでいましたが、「敵に見つかったらすぐ死ぬよ?」と言った所、またもやパーティに紛れ込み作戦を決行。
実はこの猫島、レベル上げ場所で有名らしく、入り口近くの敵は狩られすぎて、フリーの敵はいませんでした。


マナ「ねこじまって、どんなてきが いるんだろう〜。」
私「ネコしかいないよ。」
マナ「でも、あそこにへんなのがいるよ?」


・・・と、空を飛んでいるモンスターを指差しました。
キャットバット


私「ああ、あれはキャットバットっていうネコだよ。」
マナ「えぇーーーー!? ネコにみえないよーー!!」


マナは、納得がいかないようでした。
まあね、普通ネコは飛ばないもんね・・・(´・ω・`)
キャットバットは、ふしぎなおどりでMPを吸い取り、マヌーサ・・・だっけかな・・・幻を見せる魔法を唱えてきました。
複数出ました(´・ω・`)
あと、オフラインで戦ったことがあるネコも見つけ、「ああ、プリズニャンも いるんだ・・・ へんなの〜」と言いながら、少し奥へと行き、立て看板を見つけました。


プリズニャン
↑猫島のプリズニャン。
オフラインだとスライムよりちょっと強い程度だったけど、ここのプリズニャンは、ヒャドやヒャダルコを唱え、複数で出ます。
DQ10では、基本魔法が防御無視なので、痛い痛い・・・戦士46の私相手で、物理は1なのに、魔法だと30とか40とか普通に与えました。


ジャガーメイジ
↑他にマナが見かけた敵は、ジャガーメイジでした。
こいつはイオを唱え、イオナズンも唱えますが、イオナズンは「MPがたりない」と出ます。
複数で出てきました。


猫島の立て看板
↑猫島で見つけた、立て看板です。
看板の文字は、メモし忘れました(´・ω・`)




「んで、どっちへ行くの?」と聞いたら、少し間があってから、ルーラストーンを掲げ、ジュレットの町へ戻りました。
何しに行ったんだwww


私「何で猫島に行ったのよ?w」
マナ「ただ いってみたかっただけー。」


冒険心がくすぐられたのかな。
その後は、電車に乗ってプクルポのいる「オルフェア地方」へ行き、散歩を楽しんでからすぐ外の「ミュルエルの森」へ行って、敵に襲われて逃げ出して、ジュレットの町に戻って終わりました。




移動範囲が広がったので、これで暫くは楽しんでくれそうです。
でも、ボスを私が倒してよかったのかなぁ・・・。
これじゃ、オフラインと一緒だなぁ(´・ω・`)
まあ、2回は自力で戦かったし、いいか・・・。
いつか、自分で倒せたらいいね。



そうそう、ツイッターで日記UPを報告した所、ちょこさんという方からご返事が。

うちの6歳の娘もウェディです。
質問攻めにあいますよね。

な!???
マナと同級生!!
ちょっと興奮して、日記に書くことの了承を得ました。

名前だしてもいいですよ( ̄▽ ̄)
時間があったら対面させましょうか。

何て面白い事を考えるんだw
6歳同士が会ったら、何するんだろう。
あ、でも・・・うちの子まだレベル9ですけど、大丈夫ですか?


このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
↓よかったら、応援クリックをお願いします。

広告を非表示にする

※ここにある物の著作権は、「うっちょん」または「マナ」にあります。 無断転載等は禁止しています。
© 2002 ucchon    © 2014 mana