妙にハイテンション

レベルアップ!!!


・・・え!?ちょ!???なに((((゜Д゜;))))!???
マナがインした直後、突然のファンファーレ。
レベルが12になりました。
酒場に預けていたからです。
でも、貰った経験値は35でした(´・ω・`)
・・・後ちょっとで、上がるところだったのね。
朝、何気にインしたので、調度出社前の旦那もおり、3人でその画面を見て大興奮していましたw



さて今日は、マナちゃんは何をするのかと見ていたら、早速汽車に乗って「風の町アズラン」へ旅に出ていました。
風の町アズラン
ここは、エルフの種族たちが住む土地です。
新しい町へ行った時、最初にやる事は、マップを確認してイベントマークの「紫色の丸い印」へと向かっています。
・・・お、何か普通にシナリオを進めてる!
領主
「風泣き岬へ行け」と言われていました。
その前に、「娘に酷い事を言ったと思うか?」みたいな質問をされますが、「はい・いいえ」の選択肢が出た途端、マナが硬直。


マナ「・・・・・・・・・・・・・・・・・」
私「どっちだと思う?」
マナ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
私「どうしたの?」
マナ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おかあさ・・・ん・・・(iдi)」


間違った答えを選んだら、NPCに怒られると思ったのかなぁ。
物凄い戸惑っていました(´・ω・`)
「どっちを選んでも大丈夫だから。」と安心させようと言ったんですが、物凄く恐々と選び、何度も私の顔を伺ってから、決定ボタンを押していました。
・・・選択肢が重要なシーンが出たら、大丈夫かなぁ・・・(;´・ω・`)




アズラン地方
さぁ、町の外の「アズラン地方」から北へ向かうとある「風泣きの岬」へ出発〜〜〜!!
・・・と、出た直後にスライムベスと遭遇。
スライムベス
夜だったので、スライムベスは寝ていました。
そんなスライムベスを、一向に倒そうとしないマナ。


私「何で倒さないの?」
マナ「かわいいから、 たおしたくな〜い(*´Д`*)」
私「・・・・・・・・・・・・あ。」


寝姿に和んでいたマナですが、横からサポート僧侶が殴って、倒してしまいました。
・・・・・・(´・ω・`)
所詮AIです。
プレイヤーの空気なんか、読めるわけもありません。
南ー無ー。
よーし、このまま一直線だーー!・・・と思ったら、即町へ戻るマナ。
ぇーーー(´д`)



風の町アズランのさいほう設備
裁縫が出来る場所へ移動し、早速何かを作ろうとしたら、突然のレベルアップ音。


マナ「やったーーー!!! ・・・あ、 ウチじゃないや(´・ω・`)」


ぶっw
構えただけでレベルが上がったら、凄いわw
結局素材が足りなかったので、町の探索をしました。
とりあえず、井戸の中へ落ちるのが好きな、マナです。
井戸
今回のDQも、ちゃんと井戸の中へ入れますよ〜。
井戸の中
キラキラがいくつかあったので、早速採取。
「緑のコケ」をゲットした。


マナ「コケか・・・あ、「きよめのみず」もおちてたよ。 アイテムあつめに いいかも。」


前回も、「きよめの水」が取れる所を私に教えてくれてましたが、どんだけ「きよめの水」が好きなんだ(´・ω・`)




軽く散歩した後、もう次の町へと向かおうと、汽車に乗り込みました。
汽車に乗りながら、BGMに合わせて軽く一曲。


♪どらくえ どらくえ どらくえ だいすきっ
 どらくえ どらくえ どらくえ たべちゃいますよっ
 そうね みんな いっしょに あそべちゃいますよねぇ〜ぇ〜〜♪


食うなっw
今日もノリノリっすね。
グレン城下町
向かった先は、オーガの種族が住む町「グレン城下町」
ここはFF11で言うと、ジュノ的な扱いをされていました。
「汽車に乗る時に、駅の選択画面で一番上に表示されるからではないか?」・・・と、公式掲示板に書き込みをした人がいましたが、真相は私にはわかりません。
特に特化している・・・というわけでもないんですけど、何故かいつも「グレン城下町」には、人が溢れています。
私も旦那も、ログアウトをする時にはここの酒場に預けるので、マナも一度はここに来たかったようでした。
旦那はオーガキャラなので、「おとうさんの まち」 と呼んでいました。
正確には、お父さん達種族が住む町・・・なんだけどね(´・ω・`)
「グレン城下町」についた途端、町のBGMに合わせて歌いだすマナ。


♪なにが いる〜 のだ〜と
 それが なぞ なんで〜す〜
 いた〜〜 と・・・♪


何がいたんだ(´・ω・`)?
ナゾのまま、マナが私に質問してきました。


マナ「ここ、 ピンクモーモンとか いたっけ?」
私「違うよ、どくろあらい。」
マナ「あー・・・そうだった。」


グレン領東
・・・と言いながら、「グレン領東」へと出ていました。
「大体、ピンクモーモンなんて、まだ狩れないでしょ(´・ω・`)」と突っ込みを入れていたのですが、「あ、どうこうせき みっけ(*´Д`*)!」と聞いちゃいませんでした。




ピンクモーモン
「ピンクモーモンは、レベル30前後から狩れる敵です。
レベル12のマナには、まったく縁がありません。
親のプレイを見ていたので、気分だけ高レベル者なのかしら?w
ピンクモーモン攻撃時
↑ちなみに、これが攻撃した瞬間の顔。
マナは、ピンクモーモンは好きだけど、この顔が怖いから嫌いだと言っていました。


マナ「スライムが いっぱい いる〜〜〜。」


どの町の入り口にもいる、スライムベス
それを横目に、採取を始めました。


マナ「「かちこちくるみ」? 「サバンナウッド」だ! どうやら、はいいろのえだ みたいだよ。」


キラキラ拾いが、楽しそうでした。
名前だけ知ってるもの、まったく知らないもの、いろいろな発見があって、ワクワクしているようです。
どくろあらい
近くにいた「どくろあらい」を、調べてみました。


マナ「どくろあらい、「つよい」って でないよ?」
私「じゃあ、倒してみたら?」


早速戦闘開始。
3人PTだったので、特に問題なく倒せた。




2〜3匹ほど倒してから、突然ルーラストーンを掲げる。
・・・ここはもう飽きたか。


マナ「どこにいけって いわれたっけ?」
私「さぁ?何て言われた?」


誰が言った話だ?
ジュレットの町のシナリオ?
それとも風の町アズランのシナリオ?
聞いてみたけど、メニューから見られる「モンスター図鑑」に夢中で、答えてくれませんでした。




一旦終了。
その後、夜に再イン。
酒場から、経験値7と1Gをゲットした。


マナ「1ゴールドだぁ〜〜〜ヽ(´ー`)ノ」


我が家では、1ゴールドゲットがネタになっており、公式で見れるマイページで、いくら手に入っているかを見るのが、楽しみになっています。
今日は、「お父さんが1ゴールドだった。いちぃ〜〜〜ヽ(´ー`)ノ」とか、私も一緒になって楽しんでいました。
超ハイテンションのマナは、所持金203Gを握り締めて、また「風の町アズラン」へ行きました。
風の町アズラン
プクリポの町が好きとか言ってたのに、何でアズランなんだろう・・・。
プクリポの住む町は、お菓子の飾りつけだらけなので、マナはその町が大好きだと言ってました。


マナ「おかあさん〜、 「リリパット」のふくが みずいろのヤツを しらべてほしいんだけど。」
私「水色?名前がわからないと調べられないから、そのモンスターの所に行って、名前を見せて。」
マナ「いいよ〜。」


水色・・・思い当たるのは、「どくやずきん」
「風の町アズラン」から出た「アズラン地方」で、見かけた気がする。
どくやずきん
↑後で写真を撮りに行ったら、いました「どくやずきん」。
確かにそれっぽい色をしています。



アズラン駅
「アズラン駅」についたマナは、看板を見た後、「でも、おんせんは バージョンアップしないと、ダメだよー(´・ω・`) ねー、おかぁ〜さ〜ん!」と言ってましたが、「でも」がどこから繋がるのか、ナゾでした(´д`)
後で看板を読み直したら
アズラン駅にある立て看板

戦いの日々に疲れた そこのあなた。
宿屋の地下にわきでた 温泉につかり
くたくたの身体を いやしてくださいませ。

・・・と書いてあった。
なるほど、これを読んだのか(´・ω・`)
漢字が多いのに、相変わらず色々読めるなぁ・・・。


駅のホームにある売店へ行こうと、マップを頼りに探して見つけたのですが、マップに書いてある売店マークの所には何もなく、まったく反対側の端に売店がありました。
マップ上で印がついてる売店場所
↑マップ上では、ここに売店があると書いてあります。
実際にあった売店場所
↑実際には、全然違う場所にありました。
二人で大爆笑。
どうやら、表示ミスのようです。
・・・あ、スクエニに報告してないや。
まあいいか、誰かやってくれてるでしょう(´・ω・`)




マナ「バブルスライムじゃないーーー!! スライムも タホスライムも いなーい! スライムベスが いるんです!」


突然叫んだ後、アズランの町の曲に合わせて、歌いだしました。
・・・ん? 「タホスライム」って何だ(´・ω・`)?
タホドラキーと混ざったか?


♪おと〜さんも〜 みてくれたかな〜♪


何の話かと思ったら、朝会社に行く前に旦那が「ごきげんなぼうしが欲しい」と言ってたので、手元に2つあるマナが郵便局から送ってくれました。
・・・って、まだお父さんは帰ってきてないんだから、受け取ってるわけがないじゃないか(´・ω・`)




マナ「おかあさん、アズランちほうの 「あばれこいぬ」しってる?」
私「こいぬ・・・?「あばれこまいぬ」じゃないの?・・・んで、なんで?」
マナ「だってさ、そのてきが たまにおとすものを もってきてって いわれたんだけど・・・。」
私「んー、いるけど、強いよ?」


どうやら、クエスト依頼の話でした。
あばれこまいぬ
↑ちなみにこいつが、「あばれこまいぬ」です。
マナはあの後ずっと、「こいぬ」だと言い続けていますが・・・(´・ω・`)




敵が強いと聞いて、即町へ戻るマナ。
エリアチェンジの音に合わせて、「どっどっどっどっ(゜Д゜)!」と、凄いドスを効かせて言っていました。
その言い方があまりにも可笑しかったので、笑いながら、二人で何度も言い合ってました。


アズラン内にある洞窟入口
また町を探索していたら、見知らぬ洞窟を発見。
洞窟内の宝箱
奥へ行くと行き止まりでしたが、宝箱がありました。


マナ「なんでここに どうくつがあるんだーー(゜Д゜)!」


・・・やっぱり、テンションが高い(´・ω・`)
町の曲に合わせて、「ふんふんふん〜ふん ふんふんふんふんふ〜ん♪」と鼻歌を歌いつつ、屏風らしきものの前で、必死にaボタンを連打。
屏風らしきもの
↑画面右が普通のタンスで、左が屏風らしきもの。


マナ「なんで〜〜!? なんで とびらみたいなのに〜〜!??」


それを見て、思わず爆笑してしまいました。
その屏風らしきもののすぐ後ろには、壁があります。
デザイン的には、扉にも見えなくもない・・・が、タンスとしては薄すぎるし、扉としては後ろに壁があるから通れるとは思えないし・・・。
でも、マナは必死でした。




私は、もう一度シナリオで言われた「風泣きの岬」へ行ってみないかと促してみたのですが、「えーーーー やだぁーーーー。つよいてき いるもーーーんヽ(;´Д`)ノ」と、行く気はゼロのようでした。


私「どっちにしろ、レベル上げるしかないじゃん。」
マナ「ここを はなれたら、つよいのしか いないもーん。 よわいの、スライムベスしか いないもーん(´д`)」
・・・と言いながら、踊りだした。


マナ「こっちむいて くれないかなぁ・・・」


目の前にいたNPCにアピールしていたらしい。
意味わからん(´・ω・`)




左上の崖から落ちて遊ぶ
その後は、崖っぽい所を、「おっとっとっと・・・」と言いながら歩いて、飛び降りて遊んでました。
空を見上げると、連凧が風に揺れていました。


マナ「ほら、よる・・・きれいでしょう。 かぜにゆれてるね。」


と言って、写真を一枚撮影。
連凧
突然、「ぜったいに、ぜったいに、ぜーーーーったいに あそぶからね!」と叫んだ後、町の曲に合わせて歌を歌いだした。


♪きみはー たびのひと〜
 ・・・ではありませんよ〜
 ありませんよ〜
 ありません ありません〜
 ありません〜ん〜ん〜ん〜♪


カムシカ
カムシカという鹿っぽい動物の小屋の前へ行き、カムシカの後ろのタルを取ろうとしたのだが、奥へ行けずに怒り出す。



マナ「なんで とれないのーー!! もーーー! んーーー!! やーーだ、おかあさん、だっこーーー!!」


抱っこ関係ねぇーー(´д`)
「横から回り込めば行けるよ?」と教えたら、「あ、そうか(´Д`;)ヾ」と、恥ずかしそうに答えていた。




その後は、「おっこっちゃうよ、おっこっちゃうよーーーー。あーーーーー!!!」・・・と、また崖の端で遊んいた。


マナ「おかあさん、めをとじて 30びょうかぞえて!」


長いよっ!
仕方がないから、目を閉じた。


マナ「いーち、にーい、さぁーん・・・」


と言いながら、「ひゅーーん!」の効果音が。
井戸ってすぐ判るんだけど!!
突っ込みいれつつ、マナの身体をこちょこちょをして遊びましたw
井戸へ入ったマナは、周りを見渡して言いました。
井戸の中
マナ「おかあさん。なんでよごれてるの? おみずのなかに、じゃぼーーんって はいりたいんだけどっ!!」
私「何で汚れてるのって・・・井戸だからじゃない?」
マナ「やーーーーだーーーー!!!」


何でそんなに怒るのよ(´・ω・`)




お店屋さんを覗いたら、強いムチ「ローズウィップ」を見つけ、それを指して「おかーさん、つぎは これをおくってね(*´Д`*)」と言った。
鉄のムチは作って送ったけど・・・それは作れんわ!!!
私は、全部の職人レベルを10まで上げようとしています。製作過程で装備可能レベル14の鉄のムチが出来たので、「これを使えるようになるまで頑張って」という意味で、マナに送っていました。




マナ「おかあさん、おもしろいこと やるよ。」


・・・と、また崖から飛び降りる。


マナ「せーーの、しょーーーーーーー・・・ぐぎっ! あしおれたヽ(´ー`)ノ!!!」
私「折れないわ(;゜Д゜)!!!!!」
マナ「もういっかい やるよ。せーのーで、おぉぉーーーーーー・・・ぐぎゃっ!! あしおれたっっヽ(´ー`)ノ!!!」
私「折れないっっ(#゜Д゜)!!!!!」


笑いのツボに入ったのか、マナは転げまわって大爆笑して、何度もやってました。




落ち着いたところで、外へ。
入り口から出てきた知らないパーティ軍団を見つけて、「まってーーーー!!」と追いかけていました。
待ってじゃないでしょ、マナは関係ないし(´・ω・`)
・・・と、目の前に「あばれこまいぬ」を発見!


私「調べて、調べてー!」
マナ「やだーーーー、おかあさんやってーーー!!」
私「誰がやっても、キャラが弱ければ負けるよ。・・・ところで、マナ1人?パーティは??」
マナ「ぜんぶ かいさんした。 ひとりでぜんぶ やりたいから!」


その心意気はあっぱれなんだが・・・さっきお母さんやってって言ってたような(´・ω・`)
ふゆうじゅ
近くにいた別の敵「ふゆうじゅ」を調べてみたが、「つよい」の表示はなかった。
でも、駅がある町周辺の敵の強さは、大体一緒なので、パーティを組まないとキツイだろうと伝えた所、即ルーラストーン!
・・・よわっ!w




今日はこれで終わりました。



このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
↓よかったら、応援クリックをお願いします。

広告を非表示にする

※ここにある物の著作権は、「うっちょん」または「マナ」にあります。 無断転載等は禁止しています。
© 2002 ucchon    © 2014 mana