オルフェアの町とグレン城の探索

マナ「あれ? やとわれてないのに、1Gはいったよ?」
私「酒場に預けてるだけでも、僅かに貰えるんだよ。」
マナ「そうかー、それは いいことだーヽ(´ー`)ノ」


酒場のシステムに感心しながら、旦那が送ってくれたお金を受け取りに、郵便局へ。
今の所、マナがプレイした話を次の日に書いてるので、一日ズレがあります。
マナがプレイをしない日が一日あれば、多分追いつくでしょう(´・ω・`)
昨日旦那に送った「ごきげんなぼうし」を、今日「おとうさーん、はやくうけとってよーーヽ(´ー`)ノ」と、急かして受け取らせ、旦那はお礼にと、お金を送っていました。
移動しながら町のBGMを、鼻歌で歌っています。
荷物を確認してみると、何と5種類来ていました。
お金と、「麻の糸」14個、「サバンナウッド」15個、「かちこちくるみ」9個、「ウェナールシェル」2個。
マナは、大喜びしていました。


マナ「おかあさん、「ビール」っていいもの?」
私「どうだろう?わからないなー・・・(´・ω・`)」


ジュレット酒場入口
↑酒場の看板が、ビールの絵でした。
お酒は、適度に飲めばストレス発散にもなるし、血行も良くなるし・・・でも、飲みすぎると体に毒だし・・・とか、色々頭に出てきたのですが、説明しにくいから、適当に答えました(´・ω・`)
ジュレット酒場内
↑ちなみに、こちらが酒場内のカウンター。
いつも人が、いっぱいいます。




旦那から貰った素材を手にし、早速裁縫に取り掛かります。


♪とーりとりとり とりとり とりとり
 とーりとりとり るるるる るるるる・・・♪


BGMに合わせて歌っていますが、何の歌やらさっぱりです(´・ω・`)
麻の糸を14個も貰ったので、無事に裁縫レベルが6になりました。




今日最初の旅先は、プクリポの種族がいる島の町、「オルフェアの町」でした。
オルフェア駅
「オルフェアの駅」に着いたマナは、早速看板を見ます。
オルフェア駅にある立て看板

オルフェアの町へ いらっしゃい♪
ここは 町のあちこちが お菓子でできた
おかしな町だよん♪

オルフェア駅2
その後すぐに駅のホームを眺めて、私に聞いてきました。


マナ「ねね、ぜんぶ おかしでできてるなら、ゆかは ちょこなんじゃないかと(´・ω・`)?」
私「床がチョコで出来てるなら、暑くなったらベチョベチョに溶けてそうじゃない?」
マナ「もう、なってるんじゃない?」


オルフェアの町
↑至る所にお菓子の装飾品が飾られているオルフェアの町は、3時センサーが敏感な「オカシマン」マナにとっては夢の町に見えるようですが、私的にはべちょべちょの床は…やだなぁ・・・(´д`)




エリアチェンジ中に出るロード画面には、遊び方の色々なヒントが毎回ランダムで表示され、左下にはスライムの砂時計が、何度も砂を落としてはグルグルと回っています。
条件はわかりませんが、たまに「スライムベス」色になってたり、「メタルスライム」色になったりもしていました。
駅から町へ入った時の今回のロード画面では、「メタルスライム」色をしていたので、「あ、めずらしい! メタルスライムいろしてた(*´Д`*)!」と大はしゃぎしていました。




暫く、町を散歩したりウィンドウショッピングをしたりして楽しんだ後、たまに旦那が狩をしていた「トンブレロ」を探しに、
トンブレロ
「オルフェア地方西」へと出ました。
オルフェア地方西
「トンブレロはまだ難しいだろうけど、サポートキャラを雇ってパーティを組めば、多分勝てるんじゃない?」と私が言うと、すぐに町へ戻っていった。
町を出てすぐにいる「スライムベス」を避けた先にうろついてるモンスターなので、レベル12のマナでも、4人でやれば何とかなるんじゃないかと・・・(´・ω・`)




町へ戻ったマナは、「おかあさん、あれなかったよ?」と、辺りをきょろきょろと見渡しました。
オルフェアの町のマップを見ても、酒場のマークがありません。
私は「そこを飛び降りてごらん。」と、下に洞窟っぽい通路をがある場所を指しました。
この下に裏通りがある
↑ここから下に飛び降りました。
オルフェア内裏通り入口
↑そして、降りた所がここです。
飛び降りた先の通路を通ると、その中には「酒場」がありました。
オルフェアの酒場入口


♪しょくぎょう〜 そ〜りょ
 るるるる るるるる るるるる・・・♪


レベル12で登録している人達は、転職後に登録したのか、裸や初期装備の上の服だけなど、姿があまりにも適当だった為、「やーめた(´д`)」と諦めてしまいました。




私が目を離した時、どこかに入ったらしくて、マナがいいました。


マナ「おかあさん、おいだされた・・・(´・ω・`)」
私「それ、おうちじゃなかったの?」
マナ「なんで わかったの?」


オルフェアの住宅村入口
現在各町には「住宅村」という施設の入り口があります。
FF11でいう所の、モグハウスです。
今はまだ対応されていないので、入っても追い出されてしまいますが、ベータ版では「誰でも入れる・フレンドのみ・誰も入れない・・・」などの設定や、「入っても家具を動かせる・家具を設置できる・家具を持っていける・・・」などの設定もあったようでした。
10月から導入されるらしいですが、どうなるんでしょうね。
他に、入って追い出されるような場所が思いつかなかったので言ったら、合ってたようでした。




マナ「おお、おかあさんー。 おっこちゃいそう。 なんで、こんなところに つぼがあるんだろう。」
私「凄いね、よくこんな所を見つけたねー。」


崖の上のツボ
今回も、普通なら見逃しそうな場所にある場所にも、つぼやタルが置いてあります。
お暇な方は、色々探してもいいかもしれません。
何だか、宝探しゲームみたいですよね。
マナは、NPCに話し掛けたり、あちらこちらを調べまくっていました。
プクリポは種族の中で一番小さい為、オルフェアの町にある家具や扉は、とても小さく作られています。
民家にある本棚
本棚を調べていたマナは、その低さを見て面白がっていました。
本を手に取るモーションがあるんですが、真横に本棚がある設定で作られてるので、プクリポの本棚を調べると、本棚の上の何もない場所から、本を取り出してしまいます。




プクリポは かわいいけど、やっぱり グレンじょうにしたー。」・・・と、マナはいつの間にか、グレン城下町から行ける、「グレン城」へと移動していました。
グレン城入口
グレン城へ入り、探索を始めたマナ。
そこには、武器職人ギルドや、宝物庫、兵士の訓練場・・・などがありました。
剣の素振りの訓練をしている女性NPCを見たマナは、「ずーーっとやるのは、たいへんだね(´・ω・`)」と、言っていた。
グレン城の訓練場
↑休憩モーションなどなく、ひたすら振りまくっています。
更に探索。
宝箱を見つけて喜んでいましたが、3Fでマップを確認し、「なんで だれもいないのー(´・ω・`)?」と聞いてきました。
どうやら、王様の部屋でしたが、本当に誰もいませんでした。
グレン城の王の部屋
↑王様の部屋です。意外と狭かったです。
まあ、寝室だからね・・・王様は玉座に座ってるし(´・ω・`)


ついに、玉座がある部屋へ入ろうとしましたが、門番が通せんぼ。
グレン城の玉座がある部屋の入口
門番に「キーエンブレムが欲しいか?」みたいな事を聞かれたので、どういう事だと私に聞いてきました。


私「キーエンブレムが欲しければ、中に入っていいよって事みたいよ。欲しくなければ、入れないのかな。」
マナ「ほしくないけど、とびらには はいりたい・・・(´・ω・`)」
私「えーーー(´д`)、欲しいって言わないと、入れないよ?」
マナ「やぁーーーだぁーーーヽ(;´Д`)ノ ほしくなーーーい! ほしくなくて、はいりたいーーー(´・ω・`)」


結局玉座がある部屋には、入りませんでした。
私のキャラで確認したところ、シナリオを終わった後も、この門番は入るかどうか聞いてくるみたいだったので、気にしないで入れたみたいですね。
初めて入ったら、キーエンブレムのシナリオが進んじゃいますけどね(´・ω・`)




今日はこれで終わりです。


このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
↓よかったら、応援クリックをお願いします。

広告を非表示にする

※ここにある物の著作権は、「うっちょん」または「マナ」にあります。 無断転載等は禁止しています。
© 2002 ucchon    © 2014 mana