初めての手紙

ジュレット酒場内
ログインした所、「酒場」の店主から、ログアウト中に二人に雇われていた事を教えてもらい、経験値62ポイントと79Gの報酬を貰った。
そして、手紙が2つ届いていた。


・・・ん? 2つ??
一つは、スクエニが期間限定で皆にプレゼントを始めた「元気玉3つ」です。
これは来るのがわかってたので、気にしてませんでした。
しかし、もう一通の心当たりがありません。
あて先を見ると、マナの初めてのフレンド「ホワイト」ちゃんからでした。
ホワイトちゃんは、マナと同い年で、ツイッターで知り合ったお父さんのちょこさんをきっかけに、ゲーム内でフレンド登録をして、一度遊んだ子です。
今回は旦那も横で見ており、3人でワクワクしながら手紙の中身を読みました。

マナちゃんへ
きょうはいないの?
あしたかあさってどっちできる?
ホワイトはレベル16になったよ。
またあそぼうね。
マナちゃんはレベルなにになったの?
ホワイトより★

赤色の「いちごの便箋」でした。
マナの反応を見てみると、最初は口に手を当てて硬直してましたが、段々テンションが上がって、意味不明な言葉を発しながら部屋中を走り回り、床に転がりだしました。
・・・相当嬉しかったようです(*´Д`*)
ありがとう、ホワイトちゃん。


ちゃんとお礼を書かないとね・・・という話になり、郵便局で売っていた便箋を購入。
ちなみに10Gです。
一番可愛い便箋が「いちごの便箋」なのですが、同じものを送るのを躊躇ったマナは、青い色をした「羽と星の便箋」を買いました。


私「明日と明後日、どっちにやる?」
マナ「あした わすれてたら、あさってやるー(*´Д`*)」


・・・忘れる気満々じゃないか・・・(´д`)
マナと話し合った結果、こういう返事になりました。

ホワイトちゃんへ
おてがみ ありがとう!
あした わすれていたら、あさってやるね。
マナは、レベル12になったよ。
はいったら、はなしかけるね。
マナより☆


マナ「おかあさん、まちがってるところは ありませんか?」
私「多分・・・(´・ω・`)」
マナ「たぶん!? ちゃんとみて!!!ヽ(`Д´)ノ」


一度決定すると、便箋に封をしてしまうので、書き直しが出来ません。
ドキドキしながら、「いいの? いいの!?」と私にしつこく聞くマナは、少し落ち着いたところで決定ボタンを押し、便箋に封をしました。
初めて手紙を送ったマナは、どんな気持ちだったんでしょう。
送る時も興奮してました(*´Д`*)




グレン城下町
それからマナは、「グレン城下町」へと汽車で移動。
「あのね、おおくちばしで、レベルあげするの(*´Д`*)」と、言っていました。
おおくちばし
どくろあらいと一緒にうろついている、「おおくちばし」
マナさん、ついにレベル上げ宣言ですか!?


♪にににに〜
 に〜に〜に〜に〜・・・♪


「グレン城下町」についた時に流れていたBGMに合わせて歌いながらマップを確認していたマナは、ある事に気が付きました。


マナ「ねね、あれないね。」
私「何?」
マナ「ほら、さいほうやるところが ないから。」


あー・・・本当に無いね。
町によっては、一部の種類の職人が、作業する場所を提供されていません。
理由は解りません(´・ω・`)
マナは、お得意の裁縫が出来ないので、ちょっとがっかりしていました。




案内係
宿屋の横にいる、案内係に話し掛けるマナ。
そこでサーバ移動の選択が出来たり、イベント情報が見れたり、DQの契約日から時間を貯め、22時間貯まると「元気玉」なるものを一つ渡してくれたりします。
元気玉の効果は、「使用すると、30分間経験値とゴールドの取得量が2倍になる」というもので、なかなかイン出来ない人の為のささやかな考慮でした。
まあ、毎日インしてても時間は貯まるので、皆貰えるんだけどね(´・ω・`)
このシステムは、レベルが15以上ないと利用出来ません。
マナはまだ12だったので、無理でした。
「名声について」と「サーバ移動について」の説明もしてくれたのですが、6歳にはちょっと難しい内容でしたので、解説付きで私が読まされました(´・ω・`)




グレン城内
説明を聞いて満足したマナは、鼻歌を歌いながら「グレン城」へ。
・・・あれ?
何か、メインシナリオが進んでるんですけど・・・(´・ω・`)
門番
玉座前に立っていた門番のセリフが、変わっていました。
実は今日、昨日に徹夜をしていた私は、昼まで寝てまして・・・どうやらその間に話を聞いたようでした。
何をしたのか旦那に聞いてみたら、「ただどこかを行ったり来たりしていただけだった・・・」と答えていました。
いつも通りでした(´・ω・`)
どうやら驚く私を見たかったのか、グレン城へと来たようでした。
その後は、今まで撮影した「思いでアルバム」を見て、楽しんでいました。




現在マナが雇っているサポートキャラは、黒毛のプクリポの女の子。
ツインテールで、頭の上には細長く尖った耳が生えていました。
それを見ていた私は、ちょっと疑問に。


私「プクリポって、ネコなのかなぁ(´・ω・`)?」
旦那「うさぎじゃないの(´・ω・`)?」
マナ「でも、ちっちゃいから ナゾ(´・ω・`)」


メインシナリオを進めていた私は、完全に猫耳っぽい姿のプクリポを見ていたので、うさぎのような尖った耳をみて、解らなくなっていました。
ヤツらって、元の動物は何なのだろうね(´・ω・`)




グレン城下町酒場内
「酒場」の曲に合わせて歌いながら、今日は「グレン城下町」で終わりました。


♪じぃ〜ぶとぉ〜ろ じぃ〜ぶとぉ〜ろ じぃ〜ぶとぉ〜ろ〜〜
 じぃ〜ぶとぉ〜ろ じぃ〜ぶとぉ〜ろ じぃ〜ぶとぉ〜ろ〜〜
 じぃ〜ぶとぉ〜ろ じぃ〜ぶとぉ〜ろ じぃ〜ぶとぉ〜ろ〜〜
 じぃ〜ぶとぉ〜ろ じぃ〜ぶとぉ〜ろ じぃ〜ぶとぉ〜ろ〜〜♪


私「じぶとろって何(;´・ω・`)?」
マナ「「じぶん とうろく」の、りゃく(*´Д`*)」
私「・・・(´д`)」


その後、旦那と二人で暫く呪文のように「♪じぃ〜ぶとぉ〜ろ じぃ〜ぶとぉ〜ろ じぃ〜ぶとぉ〜ろ〜〜♪」と歌っていました。


・・・もういいから(´д`)
・・・・・・あれ?レベル上げしないの(;´・ω・`)?


このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
↓よかったら、応援クリックをお願いします。

広告を非表示にする

※ここにある物の著作権は、「うっちょん」または「マナ」にあります。 無断転載等は禁止しています。
© 2002 ucchon    © 2014 mana