体験入門

9月6日の話です。
9月8日のUPした日記から5日経ってから、まとめて書いてます。
日記を書いてる今日は、9月13日です。
書けるだけ書くぞーヽ(`Д´)ノ



昨日は結局、「ログイン→バザーで武器を探すが、お金がない→ログアウト」という、プレイとは言えない悲しい状態だったので、今日は朝早くに起きて(深夜まで仕事をしていた私も叩き起こされた(;´д⊂))、朝食や身支度を全て済ませてから、プレイを始めました。
・・・が、やはり任天堂チャンネルが気になってしまい、暫く眺めてから「幼稚園へ出発まで後30分」という所で、やっとログインしました。




今回は、ホワイトちゃんへのお礼の手紙を送ることにします。
マナは、どの便箋で書こうか悩んだ結果、オレンジ色のギンガムチェックの「ギンガムの便箋」を選びました。

ホワイトちゃんへ。
ぶきとぼうぐ、ありがとう!
すごくうれしかった!
このいろも すきなので、このびんせんに したよ。
どにちに あそべたら、あそんでね。
マナより★

「おかあさん、まちがってるところは ない? とじちゃっていい??」と、今回も封をするのにドキドキしつつ、郵便局の人に手渡しました。
ホワイトちゃん、見てくれるかな?




さて、やっとお外に出ました。
ジュレー島上層
どうやら、今回は「ジュレー島上層」です。
・・・ん?
ここの敵って、ちょっと強めじゃなかったっけ?


私「あれ?ひとりでいいの?」
マナ「あ!」


よくみたら、サポートキャラがいなくなっていました。
契約期間が切れたようです。
慌てて町へ戻り、僧侶を雇います。
今回狙った僧侶は、プクリポでした。
惚れたんだって(´・ω・`)
「おんなのこだし、スライムセットだから(*´Д`*)」と言ってました。
スライムステッキと、スライムトレイを装備していました。
どんだけ、スライムが好きなんだ(´Д`;)
っていうか、選ぶ基準は、そこですか・・・。


マナ「もう おわるじかんだから、やっぱり やとうのやめたー。」


結局、ソロで出発しました。




ジュレー島下層遺跡
向かった先は、上層・・・ではなく、「ジュレー島下層遺跡」!?
ああ、また死ぬ気なのね(;´・ω・`)
シルバーマント
今回魂を捧げる相手は、「シルバーマント」です。
一撃148ダメージ。
即死でした。
・・・あのさぁ、後で写真を撮りに行く身にも、なってくれよぉ(;´д⊂)
こえぇよ、こいつ・・・ヽ(;´Д`)ノ


祈りの宿
・・・はい、「祈りの宿」へと飛びましたよ。
「何やるの?」と聞いたら、アルミラージと戦いたがっていました。
なるほど、アクセサリー狙いか。


マナ「リリパットもいて こわいから、「ピッキー」でれべるあげする・・・」


・・・と言って、戦闘開始。
ピッキー


マナ「ルナカンやるなってーのヽ(;´Д`)ノ」
私「ルカナンでしょ(´・ω・`)」


経験値は、40。
結構もらえました。
そのままピッキーと遊ぶ、マナ。
・・・アルミラージは、いいの(;´・ω・`)?
マナに聞いてみたら、「それは、やすみのひに やることにしたー。」と言ってました。
まあ、時間ないしね。
6歳なりに考えてるのね。
ピッキーを2匹倒した所で、時間切れ。
ジュレットの町
ルーラストーンで、「ジュレットの町」に戻りました。


マナ「けっきょく、ぬすんでないけど(´・ω・`)」


朝は、終了。
お疲れさん。
終わる時に、寝坊をした旦那に見つかって、怒られました(´д`)
朝は駄目だってー。
全部準備したし、自分から終わったのにねぇ。
寝坊して、機嫌が悪かったんだろうな。
まあ、しゃあない。
マナには、「平日は、夜だけやろうね」と、話しておきました。




さてさて、夜になりました。
インしてみたら、ホワイトちゃんがいたっ!!
大興奮の、マナ。


でも、調度終わった所でした。
残念、入れ違いか。
ホワイトちゃんも、モニター前で悔しがっているそうですw
今操作しているのは、ホワイトちゃんのお父さんの、「ちょこ」さんのようでした。
防具の、胴下部分を送り忘れたという事で、「てつのこしだれ」を送ってくれました。
あと、「てつのむねあて」もないよと、マナが教えてくれたので、それを伝えたら、一緒に送ってくれました。
ありがとう〜。
お礼したいけど、ちょこさんよりも職人スキル低いし・・・。
何か欲しい素材があったら、今度送りますから、教えてくださいね。
私が採れる物でしたら、採りますので・・・(´Д`;)




気を取り直して、プレイ開始です。


マナ「じばくしたいひと、てをあげてーーー(*´Д`*)!」
私「やだよ、何で自爆しないといけないのよ(´д`)」
マナ「だって、じばくしたいから。」
私「えーーー(´Д`;)、爆弾岩になりたいの?」
マナ「うん(*´Д`*)」


自爆したら、体がバラバラになって死ぬんだけど・・・いいのか(´д`)?
意味が、わかんないなぁ・・・。
いつも通りに、ウィンドウショッピングを楽しんでたら、突然マナが叫びました。


マナ「あー、ろろろだ(*´Д`*)」
私「え?」
マナ「おかねー! 666Gだから。」


ああ、そういう事か。
現在の所持金が666Gでした。
666って、あまり良い数字じゃないんだけどね・・・。




「レンドアいくねー。」と、ホワイトちゃんが今いる町へと向かいました。
でも、操作はお父さんなんだけどなぁ・・・(´・ω・`)


港町レンドア
汽車で行ける「港町レンドア」という場所があります。
ここは、島ひとつが町になってるようで、外に出て戦うことが出来ません。
この町には、「つぼ錬金職人ギルド」と「道具鍛冶職人ギルド」がありました。
マナは、一通り散歩を楽しんだ後、道具職人に挑戦していました。
道具鍛冶ギルド


マナ「え!? ほし2!?? やったーーヽ(´ー`)ノ」


「胴のさいほう針」を作ったようでした。
裁縫は、強さを調節しながら、決まった形に縫うのですが、鍛冶系だと、各マスにゲージが表示されており、一回マスをトンカチで叩くと、ゲージが貯まります。
ゲージの中には、緑色の範囲部分があり、そこまでゲージが貯まったら、そのマスは完成を意味していて、全てのマスのゲージを緑色の部分まで持っていく必要があります。
火の温度が画面上部に表示されており、一度叩くごとに下がっていくのですが、あまり下がりすぎると、ゲージが増えにくくなるので、火力調節も必要になってきます。
裁縫より、難しいかもしれません。
さいほう針を作る時は、マスが2つしかありませんでした。
作る内容によっては、マスの数が増えていくので、大変そうですね。


一度目で上手くいったマナは、二度目の挑戦で、ひとつゲージオーバーしてしまいました。
さいほうでは、縫い足りなかったり穴を開けてしまってても、☆が一つつくほど優しかったのですが、道具作りでは、そうはいかなかったようです。
初の「失敗作」となってしまいました。


マナ「えーーー、おかあさんやってぇーーヽ(;´Д`)ノ」


よえぇよ(´д`)
何とか説得して、再度挑戦。
☆一つ付いて、完成しました。
☆が二つ付いた方はマナが後で使うので、☆が一つ付いた方を依頼人に提出。
小銭を貰い、マナは満足そうでした。
あれ?もう出ちゃうの?


ちなみに、ホワイトちゃんの姿を見つける事は、出来ませんでした。




グレン城内
今度は、「グレン城」へ。
「グレン城下町」にある「グレン城」には、「武器鍛冶職人ギルド」があります。
マナは、盗賊用の武器が作れるようになりたいらしく、「武器鍛冶職人ギルド」の門をたたきました。
鍛冶ギルド
・・・あ、道具職人は終わるのね(´・ω・`)
飽きたんだってさ(´д`)
体験入門みたいだな。


さて、最初に「どうのつるぎ」を完成させました。
☆が一つ付きました。
気分を良くしたマナは、「かんたん!ムチレシピ」を素材屋さんから購入。
一冊30Gでした。
本には、「バトルリボン」「てつのムチ」「へびがわのムチ」「ローズウィップ」「はがねのムチ」の作り方が書いてあります。


マナ「ロースウィップ(゜▽゜)!???」


マナが散々欲しがっていた、ピンク色のムチ「ローズウィップ」に、即反応!
笑顔が止まりません。
大はしゃぎでした。
でも、武器職人レベルが1のマナには、まだ作れないね(´・ω・`)




鍛冶ギルド2
熱い火の前でトンカチを振るって、必死に武器を作っているプレイヤー達をみたマナは、突然よく解らない事を言いました。

こんなところで やってて、あつくないですかね?
そんなみなさんに、いいことを おしえます。

いいこととは、りんごを たべることです。

何で、リンゴなのよ。


私「関係ないじゃん(´・ω・`) 食べたらどうなるのよ?」
マナ「いきるのが たのしく、じょうずに なるんだよ(*´Д`*)」


・・・やっぱり、意味がわからん(;´・ω・`)
その後は、自分で撮影した写真アルバムを見て、楽しんでいました。
・・・武器は、一回しか作らないのね。
材料あるのに(´・ω・`)




城の中で、お喋りしている人がいたので、試しに「ネタバレ防止」モードにしてもらって、自分の周りの人に聞こえる会話(FF11で言うとSay)を全て「???」表示にしてみました。
他のプレイヤーの声がハテナだらけで、テンションがアップしたマナに、「ちょっと外で応援してみて。」と、頼んでみました。
このモードの時に応援したら、「ありがとう!」が「??????」になるのか、気になってたからです。
グレン領東
「グレン領東」へと出て、戦闘中のプレイヤーを探してみましたが、一撃で倒してしまう強いプレイヤーしかおらず、応援がなかなか出来ません。
ウロウロしていたら、マナが敵に絡まれてしまいました。
仕方が無いので「もういいよ」と言ったら、何を思ったのか突然旅を始めました。




向かった先は、「獅子門」。
グレン城下町と、オーガの初期村「ランガーオ村」の中間地点です。
「祈りの宿」と、同じ意味合いの場所です。


移動途中で、戦闘している人を発見。
よっしゃ、早速応援だーー!!
・・・結果、「ありがとう!」が「??????」になりました。
ネタバレ関係ないじゃん・・・(´・ω・`)
周りに喋る言葉全てを???表示にするってのと、ネタバレ防止ってのは、意味が違うよねぇ?
こういう微妙に違った説明が、DQ10ではちょろちょろと見られます。
ある意味、不親切かもしれない。


獅子門
敵のレベルが弱かったので、難なく「獅子門」に到着。


記念撮影
↑門の前で記念撮影。マナが撮りました。
入り口真横に、瀕死のオーガを見つけました。


マナ「あのひとに、ポイミしてあげよう〜ヽ(´ー`)ノ」
私「ホイミでしょ(´・ω・`)」


何か、某F○14の「馬鳥」とか「チョコポ」とかを思い出したのは、私だけでしょうか(´Д`;)?
そんな私の事は気にせず、店屋にいた瀕死のオーガにも、ホイミを掛けるマナ。
その人から「??????」が返ってきた。
きっと、「ありがとう!」なんだろうけど、何言ってるか、わかんねーw
「ほかにいないかなぁ〜?」と、瀕死プレイヤーを探すマナ。
そんなにいないでしょ。
町中にいる人達が、皆瀕死プレイヤーだったら、こえぇよ(´д`)
もちろん瀕死プレイヤーは、他には見かけませんでした。


マナ「あの きいろいひかりは、なに?」
私「わかんないー。」
裂け目の光
「獅子門」には、断崖絶壁の崖があり、そこに橋がかかってて「ランガーオ村」までつながった道が、作られています。
崖の下から黄色い光が漏れてて、壁のように高く光が見えていました。
FF11で言ったら、「ザルカバードにある、切れ目の地面から出てる光・・・」みたいな感じかな。
村人と話してないので、その黄色い光の正体は、今の私にはわかりませんでした。
だって、私はドワーフキャラなんだもん。
オーガの村なんて、行ったことないよ(´・ω・`)


マナ「おなか やきたい?」
私「嫌だよ(´Д`;)」
マナ「なんで?」
私「熱いもん。」
マナ「じゃあ、30びょう かぞえてて。」
私「じゃあ・・・って、関係ないじゃん(´д`)・・・いーち、にー、さーん・・・。」


毎度のように、目を閉じて数えます。
そうしたら、「ぴろりん!」・・・とか、音が聞こえてきました。
何かを、選択しているようです。
20秒目で「めをあけて いいよ。」と言われたので開けたら、画面が真っ暗でした。
・・・ログアウトしたのね(´・ω・`)


私「酒場で預けないの? お金入らないよ?」
マナ「たまには、いいのー。」


今日は、これで終わりました。


このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
↓よかったら、応援クリックをお願いします。

広告を非表示にする

※ここにある物の著作権は、「うっちょん」または「マナ」にあります。 無断転載等は禁止しています。
© 2002 ucchon    © 2014 mana