大波乱

9月7日(金)の話です。
この調子で、12日まで書けたらいいな・・・。
今日は13日だけど、娘はまだプレイしてないので、書けません(´・ω・`)




この日は忙しかったので、プレイはしていません。
でも、メモがあったので、書いてみます。


マナ「どうこうせきと、なにかをくみあわせたら、りんごにならないかなぁ(´・ω・`)」


・・・いや、無理でしょ(;´・ω・`)
・・・え?メモこれだけ?w
てか、何でまた「リンゴ」?




短すぎるので、9月8日(土)の話も書きます〜。
↓次からです、どうぞ〜。




マナ「おとうたんの むら、いくーー(*´Д`*)」


そう叫びながらインしたマナに、手紙が届いていました。
でも、今いる「獅子門」には郵便局が無い為、受け取れませんでした。
画面左上に表示されている手紙マークを気にしつつ、「ランガーオ村」へと旅立つマナ。
そこは、オーガを選択した人達が最初に降り立つ、初期の村でした。


ランガーオ山地の橋
「獅子門」から「ランガーオ村」へと続く道の途中に橋があるのですが、門番のように一匹のモンスターが陣取っていました。


ぬすっとうさぎ
そいつの名前は、「ぬすっとうさぎ」
マナは、ぬすっとうさぎから「ぬすむ」をしてみましたが、ぬすめません。
でも、二回攻撃で倒していました。


マナ「かんたんじゃん、つよいって でてなかったし。」


立ちはだかってた割には弱かったので、マナは拍子抜けしたようでした。
そりゃ、今のマナのレベルは14だし、中継地点周辺の敵ってレベル10ソロで倒せるんだから、いくら門番でも弱いでしょ(´・ω・`)


そのままテクテクと道なりに歩いていましたが、どこを見回してもモンスターが寂しくウロウロしているだけで、戦ってるプレイヤーを見つけることが出来ません。


旦那「誰もいないね。お父さんがやってた時は、人がいっぱいいたのに・・・。」


レベルが高くなったら、初期の村への用事なんて、特に無いですからね。
種族専用の挨拶を覚えられるクエスト位しか、やる事が無いし・・・。
背中から哀愁を漂わせている旦那を無視して、マナは新しく見る敵にワクワクしていました。


マナ「あ、スライムみっけ! おかあさん、「いっかくうさぎ」がいたよ! アルミラージじゃないよ(*´Д`*)?」
私「わかってるよ(´д`)」


スライム
たまたま道にいた「スライム」と戦う、マナ。
もちろん、一撃で倒します。
スライムは、宝箱を落とした。
なんと、マナは「やくそう」をてにいれた!


マナ「やくそう、21こになってしまった。どうしましょう(´・ω・`)」


まあ、いいんじゃない?
あっても、損しないし。




ランガーオ村
気が付けば、「ランガーオ村」に到着していた。
村に着いた途端マップを見たマナは、「あーーー! みっけ!!!」と、突然走り出していた。
宿屋と郵便局
どうやら、郵便局を見つけたようです。
宿屋と郵便局内
早速、手紙を受け取りました。
郵便局員
前にちょこさんから頂いた「てつのうであて」が2つあって、1つは「重複しているので、送り返しましょうか?」と相談しましたが、「貰ってください(*´Д`*)」との優しいお言葉をもらったので、マナはバザーに出していました。
そういえば、初出品?
作ってもらった物だけど(´・ω・`)


それが売れたようで、売り上げ金が届いていました。
お陰で、所持金が1000ゴールドを越えました。
初めてかも(*´Д`*)
マナは、お金を預かり所へ預けたがっていましたが、ここにはありません。
預かり所では、1000ゴールド単位で預かってくれるので、いつも所持金が3桁のマナには、無縁のシステムでした。
残念。


仕方が無いので、とりあえず宿屋で休む事にした、マナ。
「あ、5ゴールド!」と、宿代を見て、喜んでいました。
初期村だからね・・・。
起きたら何と、名声レベルが3に上がっていました。




レベルは「職業のレベル」「職人のレベル」「名声のレベル」と、現状では3種類あります。
職業は、敵を倒して経験値をゲット。
職人は、アイテムを作って経験値をゲット。
名声は、クエストをクリアしたり、シナリオをクリアしたり、あまり倒されていない敵を倒すと稀に入ったりします。
職業も職人も、一定経験値が貯まると、その場でレベルが上がるのですが、名声は一度宿屋に泊まらないと、上がりません。
余った経験値は、一応蓄積されているようなので、消えることは無いようですが、不思議なシステムですよね(´・ω・`)




朝は、これで一旦落ちました。




昼食後に、イン。
今日は、ホワイトちゃんと昼に遊ぶ約束をしていたので、マナはワクワクしています。
朝一緒に画面を見ていたのに、「ここどこだっけ?」と、ログイン直後に旦那が言ってました。
旦那さん、あなたが最初に降り立った村ですよ(´・ω・`)
もう忘れたか・・・(´Д`;)


「ランガーオ村」で散歩を楽しんでいたら、ホワイトちゃんからチャットが。


私「今日は、どこに行きましょうか?」
ちょこ「今日は、そちらに合わせようかと。」
私「どこに行くか、聞いてみますね。」


マナに選択権を与えていいのだろうかと心配しつつ、マナに質問してみた。
闘技場
マナは、村の闘技場へと行き、NPCのお話をマッタリ聞いていた。


私「どこいく?」
マナ「わかんないから、おかあさんがきめてーー!」
私「すみません、いつも気のままで行ってるんです。」
ちょこ「エルフの方に、行きますか。」
私「了解です。」


結局ホワイトちゃんのお父さんに、決めてもらいました(´・ω・`)
一緒に遊んだ時、最初はウェディが住む島にある「ジュレットの町」周辺、次がプクリポが住む島にある「オルフェアの町」周辺、今回はエルフが住む島にある「風の町アズラン」周辺で遊ぶ事になりました。


私「ルーラストーンで飛んでから、エルフの方に行って。」
マナ「エルフのほうって、どこ?」
私「アズランじゃなかったっけ?」
マナ「あぁーーー! そうだった!!」


早速ルーラストーンで「ジュレットの町」へと戻ったマナは、
ジュレットの町


すぐさま汽車に乗り込んで、「風の町アズラン」へと移動しました。
風の町アズラン


私「着きました。」
ちょこ「こちらも、着きました。」


現在位置を確認したところ、調度駅に到着したホワイトちゃん。
「あ、えきだ! こちらでまちましょう!」と、マナは駅前で待機していました。


ホワイト「どこ?」
マナ「ここー。」


今回は、ホワイトちゃんが自力で頑張って、マナを誘ってくれました。


ホワイト「こっちだよー。」
マナ「どこいくの? ついていってみよう。」


ホワイトちゃんは、町の出口を探すのに必死です。
領主の屋敷や、駅へ行ってました。
ホワイトちゃんのレベルを見ると、既に18になっていたので、「凄いね〜」と褒めたら、「えへへへ(*´Д`*)」と照れていました。
ちなみに、マナはまだ14のままです(´・ω・`)
マッタリで、いいんだけどね。
アズラン地方
暫くして、やっとお外の「アズラン地方」へと出られました。


ホワイト「スライムベスいや(´д`)」
マナ「ベビーちゃん、かわいいよ(*´Д`*)」
ホワイト「あれなに?」


手当たり次第に戦っていました。
ふゆうじゅ
「ふゆうじゅ」と戦ったら、レベルアップ!
マナのレベルが15になりました。
ふゆうじゅを見て、「マナちゃんが、まえに たたかったやつ!」とホワイトちゃんが言うので、「戦わないで逃げましたw」と説明。
どうやらホワイトちゃんも、この日記を一生懸命読んでくれているようです。


マナ「どくやずきんだ!」
ホワイト「リリパットの あおいやつだ。あのしゃしんに のってたやつだ(*´Д`*)」
マナ「まえに こわくて、たたかわなかったんだ(´・ω・`)」
私「・・・って、全部戦って無いじゃん(´Д`;)」
マナ「スライムベスしか、たたかってないよ。」
ホワイト「なんでー?」
マナ「こわいから・・・(;´д⊂)」


よく読んでるなぁ。
どくやずきん
↑前に書いた「リリパットの あおいやつを、しらべて。」とマナに言われた話で出ていた写真を、思い出してたようです。
今回パーティを組むのが3回目ですが、初回も二回目も、マナのレベルが低かったので、迷惑をかけないようにと、ホワイトちゃんに「ついていく」設定をし、どこに行くのか眺めていました・・・が、今回はホワイトちゃんがマナに付いて行きたいらしく、先導交代をしました。




・・・あーあ、ここから大波乱の幕開けです。


マナ「そうだ、B-1いこう!」


突然何を思い立ったのか、ズンズンと北へ進んでいくマナ。
どこを目指してるのか、マップを見せてもらったら・・・「風泣き岬」でした。
そこって、風の町アズランで受けられるメインシナリオで、「行け」って言われた場所だよね・・・。
どうもマナは、ホワイトちゃんがいるから、気分は無敵状態だったらしく、いつもは怖がって行こうとしない所へガンガン進んでいました。
あばれこまいぬ
途中で、「あばれこまいぬ」を発見。


マナ「あ、あいつだあいつ!」


普段は手を出そうとしない敵にも、どんどんぶつかって戦います。
気が付いたら「ふゆうじゅ」から貰う、大事な物をゲットしていました。
クエストを受けると、専用の敵が稀に落とす、大事な物。
受けられる物は色々と受けていたようなので、よかったね。
ホワイトちゃんがいなかったら、いつ手に入れていたのやら(´・ω・`)


どんぐりベビー
私「「どんぐりベビー」は、やらないの?」
マナ「どんぐりちゃん かわいいけど、たおしたら かわいそうだし・・・(;´д⊂)」


「あばれこまいぬ」に、果敢に立ち向かう。
ズンズン奥へと進んでいくので、ホワイトちゃんは、魔法使いと僧侶のサポートを呼び出しました。


さて、問題なく「風泣き岬」へ到着しました。
風泣き岬
ここは、イベントだけを見て終わります。
ホワイトちゃんは、アズランのメインシナリオをまだやっていなかったので、イベントは発生しませんでした。
「今度来る時は、事前にホワイトちゃんも進めたか、確認しようね。」と、マナに話しました。
ごめんね、ホワイトちゃん。




マナ「こんどは、すぐそこの ところいく?」
ホワイト「いくー。どんぐりベビー かわいそうだけど。」


メインシナリオを進められて満足したマナは、次の目的地を「モリナラ大森林」に決めたようです。
エリアチェンジと共に、いつもの効果音に合わせます。


マナ「どっどっどっど(゜д゜)!」
ホワイト「いろんなところ、しってるのね。・・・・どっどっどっどじゃないってー(゜д゜)」
私「初ですw」

モリナラ大森林
「モリナラ大森林」へ着いた直後に、マップを広げるマナ。
どうやら、今いる所から北東へ進んだ、モリナラ地下洞に狙いを定めたようです。
その前に、ここの敵の強さ大丈夫か(´・ω・`)?


私「H-4に行きたいって言ってます。」
ちょこ「どうぞ、どうぞ。」
マナ「どうくつ(゜▽゜)!」
ホワイト「なんでもいいんだよーヽ(´ー`)ノ」
マナ「あ、かがやきそう みっけヽ(´ー`)ノ」
ホワイト「どうくつでも、なんでもいいよー(*´Д`*)」


早速、敵を発見・・・というより、発見されました。
スカルガルー
「「どくろあらい」の あかいやつじゃない」と、ホワイトちゃんが言いました。
ちなみに、名前は「スカルガルー」です。
マナのレベルが低いので、敵に見つかると追いかけられます。


ホワイト「あ、こんらんしちゃったヽ(;´Д`)ノ」
マナ「ぶつかったら、ぜんぶたおそうΨ(`∇´)Ψ」


いつにも無く、ものすごい強気なマナです。
ホイミを使って、マナのMPが減っていたのを見たホワイトちゃんは、マナに「まほうの小びん」を使ってくれました。
MPが10回復します。
ありがとう〜ヽ(´ー`)ノ


何とか倒し、次へ進みます。
近くにいた敵は、「かなりつよい」でした。


マナ「いいよ、みんないるしヽ(´ー`)ノ」
旦那「大丈夫?ほんとかなぁ・・・(´・ω・`)?」


勢いよく敵にぶつ・・・けられて、戦闘開始。


マナ「がくーん、にげてーーヽ(;´Д`)ノ」


ホワイトちゃんのお父さんの「ちょこ」さんが離席中に、「オーク」
オーク


「マジックフライ」に全滅させられました。
マジックフライ


ちょこ「・・・戻りましたら、カオス(;゜д゜)」
私「あ、すんません。うちの子がやると、こうなります(;´・ω・`)」
ちょこ「いえいえ、いいんじゃないですか(゜▽゜)!」


珍しく所持金が2000ゴールド弱あったのに、死んだから200ちょい取られましたw
まあ、イイ経験ですねw
町で一度お金を預ける、マナ。




さて、冒険の再挑戦です!
ホワイトちゃんは、「ついていく」設定に苦戦中。


ちょこ「「ついていく」が出来ないらしい(´・ω・`)」
ホワイト「できたってばヽ(`Д´)ノ」


ねね、ホワイトちゃん。
またうちの子に付いて行って、いいの(;´・ω・`)?
アズラン地方へ出た二人は、マナを先頭に、また北へと進んでいました。


外は真っ暗。
夜になっていました。
どうやら二人は、「ゆめにゅうどう」を見つけたようです。
ゆめにゅうどう・睡眠中

マナ「よるにしか、でないやつ。」
ホワイト「へぇー、よるゆめをみるからかな。」
マナ「ねてるw」


マナの会心の一撃で、起こす。
ゆめにゅうどう

ホワイト「ゆめにゅどう、ねてた! びっくりした、あははは(*´Д`*)」
マナ「おこしちゃった、ごめんなさい(*´Д`*)」


鬼だなw


ホワイト「どこいくのー?」
マナ「E-1」
ホワイト「いいよ〜(*´Д`*)(鼻歌中♪)」
ちょこ「「ありさんとありさんがごっつんこ」って歌です。」
ホワイト「おつかいありさん。」
私「ご機嫌だね(*´Д`*)」
ホワイト「ぐふふふw」
私「こっちは、今流れている曲を、鼻歌で歌ってます。」


マナは、「キリカ草原」へ行こうとしていたようです。
途中に「こかげの集落」という中継地点があます。
こかげの集落


高レベル者は、その先のキリカ草原へ行ってアロエ鬼」を狙うのが主流のようです。
アロエ鬼


私も何度か行きました。
アロエ鬼」がいる手前には「アルミラージ」もいて、旦那はそこでアクセサリーを狙っていた事があります。
マナはどうやら、「アルミラージ」を狙うようでした。
アルミラージ
集落に着いたマナは、鼻歌を歌いながら、壷を漁っていました。




落ち着いた所で、「キリカ草原」へ。
キリカ草原


マナ「あーー、じかんが!!」
ちょこ「そろそろですね。後2〜3匹で。」
マナ「えー、じゃあ3びきでー。」


一匹目を倒したら、ホワイトちゃんのレベルが19になりました。
おー、おめでとう!
挨拶をした後、マナは必死にアルミラージを探していました。


私「アルミラージを探しています。」
ホワイト「いないよー。」
マナ「あと2だー。」
ホワイト「あ、いた!」
私「でかいのがw」
ホワイトあれ!!!」


なんと、サイクロプス発見。
どう見ても、勝てる相手ではありません。


ホワイト「たたかってみる?」
マナ「おかあさん、やってーヽ(´ー`)ノ」
ちょこ「いやいや・・・どうみても、サイクロプス。」
私「やろうかw 操作変わりましたw」


撮影する気満々で、戦う気なんて、ありません。
サイクロプス戦
即死する前に、何とか写真撮影。
このゲームでは、死んでる時に写真撮影が出来ないんです!!!
なんてこったいぃ〜〜ヽ(`Д´)ノ
でも、「困るのって、お母さんだけじゃない(´・ω・`)?」と、旦那に言われました。
・・・ごもっともです(;´・ω・`)


125のダメージを受けて、即死した。


マナ「わはははははΨ(`∇´)Ψ」
ちょこ「レベル50でも、即死ですからね(´Д`;)」
私「逃げてーヽ(;´Д`)ノ」


マナキャラは、サポート僧侶からザオを貰って走り出しました。
あ、まだ操作は私がやってます。
その後、サポート魔法使いが死んだけど、ホワイトちゃんも私も、何とか逃げ出せました。


ホワイト「おーーヽ(´ー`)ノ」
私「ネタありがとうw」
マナ「やーだー、みんなしぬまで やってーーヽ(;´Д`)ノ」
私「終わりましょうw」
ちょこ「はい、サイクロプスを背景にw」


記念写真を撮って、終わ・・・ろうとしたら、知らないパーティが挑んでいたので、応援して終わりました。
記念撮影
↑マナが撮影しました。
お疲れ様ですw
魔法使いを死なせて、ゴメンナサイ(´・ω・`)


あー、面白かったw


ちなみに「サイクロプス」ですが、こちらに気づいても襲ってきませんよ。
旦那がソロでやってて見つけたときは、「こんにちは」マクロで、お辞儀していました(´・ω・`)
FF11では、LS仲間と強敵に突っ込んで、全滅して撮影したのが楽しかったなぁ・・・って、マナと思考回路が同じじゃん(´Д`;)




別れた後の、ソロ。
ホワイトちゃんが持っていたルーラストーンで、オルフェアに飛んだので、オルフェアのイベントを進めたようです。


酒場に到着。
「あ、ほしがついてるーー!」と、ツインクルタクトのデザインを見て、言いました。
「戦闘勝利時MP小回復」を覚えている、僧侶のエルフを雇う事にしたようです。


マナ「これだけでいいや。だって、おかねもったいないもん(´・ω・`)」


二人旅を決めたマナは、今度はバザーを覗きます。
「バザー、何買おうかなぁ〜〜。」・・・と、前に何度も見ていた「アサシンダガー」を又探していました。


私「あれ? 「ローズウィップは」?」
マナ「そのまえに、「アサシンダガー」がいいんだよぉ〜。」


早く盾を装備したいのかな。
でも結局、ウィンドウショッピングで終わりました。




そういえば、マナのレベルは15です。
レベル15から受けられるクエストの中で、「旅のコンシェルジュ」が使えるようになるクエストがあります。
これが使えるようになると、前に話した「元気玉」が貰える様になり、週に一回お小遣いも貰えます。
値段は、名声レベルで決まります。
それに気が付いたマナは、早速案内人からクエストを受けました。
クエスト内容は、「しびれだんびら」か「リリパット」から大事な物を貰う・・・でした。


私「リリパットだって。またあそこに行かないとね。」
マナ「あぁ、しねばいいんだ。」



オルフェア地方東
・・・と、「オルフェア地方東」で、


アルミラージ
死ぬついでに「アルミラージ」とソロで戦うことにしたようです。
「ぬすむ」んだって。
グレムリン
でも、二戦目のグレムリンで、ワザと放置。
死んで「祈りの宿」へと移動しました。
祈りの宿
大活躍だな、「祈りの宿」(´・ω・`)




レーナム緑野のスライムつむり達
周りに大量にいたスライムつむりの「うにょうにょ」っていう移動音が怖いと言いながら、リリパットと戦い、5戦目で無事にゲット。


リリパット
リリパットです。 前に死んだ時、踏まれましたw


ルーラストーンで「ジュレットの町」へ行き、クエストをクリアして終わりました。
ジュレットの町
お小遣いが、楽しみなようです(*´Д`*)
おしまいw


このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
↓よかったら、応援クリックをお願いします。

広告を非表示にする

※ここにある物の著作権は、「うっちょん」または「マナ」にあります。 無断転載等は禁止しています。
© 2002 ucchon    © 2014 mana