マナの旅、再び

今回も前回に続いて、9月12日の話です。
ホワイトちゃんが転職して、マナよりもレベルの低い魔法使いになっていました。
ホワイトちゃんも、マナを雇っててくれていたので、マナもすぐさまホワイトちゃんがログアウトした途端に、雇いました。
今回は、そこから始まります。
↓さて、どうぞ。




先ほど僧侶を雇ったんですが、ホワイトちゃんと遊んだお陰でレベルが18になり、雇った僧侶のレベルが17のままだったので、また雇いなおすそうです。


スライムステッキに、めちゃくちゃ反応。
どんだけ、スライム好きなんだ(´Д`;)


次は、戦士。
人間か、エルフの女の子限定らしい。
戦士だと、プクリポはダメのようです。
ただし、フレは別。
・・・残念、気に入った人がいなかったようです。

オルフェアの町
「オルフェアの町」にいたマナは、ルーラストーンで「ジュレットの町」へと移動し、再度酒場へ行って戦士を探します。
ジュレットの町
酒場での登録は、各島ごとに分類されているようなので、その島の町に目当ての人がいなかったら、他の島へ行けばいいかもしれません。
ただ、表示される人が20人限定で、ランダムで表示し直しとかが出来ないので、その都度移動するのは、きついですよね・・・(´・ω・`)
ある程度時間を置けば、表示される人が変わるようですが・・・。


マナ「にんげん、いないよー。こういうときこそ、プクリポをやとえば いいのかな?」


・・・と、酒場の登録者画面を睨めっこしながら、マナが言いました。
プクリポの立場って、どんなん?w


マナ「しゅぞくとかって、まだ えらべないのかなぁ。」


残念ながら、種族検索機能はありません。
少し時間を置いて再度探しなおしたら、何とかお目当ての種族を発見しました。




マナ「あのかいだんを きょうそうしたら、いちいに なっちゃうかもヽ(´ー`)ノ」
私「お母さんは、リアルであんな階段登りたくないなぁ・・・コワイモン(´д`)」


「ジュレットの町」にある大きな階段を登りながら言ってましたが、誰が操作しても走るスピードは一緒ですよ(´・ω・`)




移動しながら、作戦コマンドの中にある「なかま」→「目的を変える」という設定が「レベル上げ」になっていた事に気がついたマナ。

  • 「レベル上げ」、
  • 「シナリオ攻略」→場所指定
  • 「クエスト攻略」→クエスト名
  • 「その他」→シナリオ攻略、クエスト攻略、その他→素材集め・お金稼ぎ・お手伝い全般・まったりと・なんでもOK

と各設定と詳細が選べます。


マナ「れべるをあげて、おかねを かせぎたい ばあいは、どれをえらぶの? ふたついじょう えらべないんだね。」


欲張りだな(´Д`;)




駅へ。
駅
どこに行こうか、迷っています。
迷った挙句、今回は「風の町アズラン」にしたようです。
風の町アズラン
エルフ好きだなぁ・・・。
駅のホームの、売店の位置のバグ、まだ直っていないようです。
マナがマップを確認して、笑っていました。
マップ表示のバグを見ながら、「ガタラの えきにも、おなじように マップに かいてないけど、おなじばしょの うえのかいに、ばいてんが あったよ。」と話していました。
いろんな所、よく見るよね・・・(´・ω・`)


裁縫作業が出来る「さいほう設備」に止まって、NPCに話し掛けていたマナを見て、裁縫職人に戻らないのか聞いてみました。
裁縫設備
私「裁縫は、作るの簡単じゃなかった?」
マナ「オーガは つのあるし、あなあいても へいきだよね(*´Д`*)?でも ぶきは、あながあくと すぐしっぱいしちゃって、ざいりょうがなくなるから、ヤダ(´д`)」
私「それなら、裁縫やれば?」
マナ「たまには、ぶきが つくりたくなるのー。」


作ってないけどね(´・ω・`)


「風の町アズラン」の民家にて。
民家
マナ「ちょっとー! なんで、くつのままで はいってるの(;゜д゜)!? ふとんのうえも、くつのままで とおってるね!?」
私「布団も畳も、泥だらけだね(´・ω・`)」


「風の町アズラン」のデザインは、純和風系なんですよね。
雰囲気はいいのに、土足で歩きまわれるのは、ちょっと変ですよね。




マナがまた「30びょう めをとじて!」と言うので、言う通りにしたら、16秒で「もういいよ(*´Д`*)」。
目を開けたら、「風の町アズラン」のメインシナリオ説明の画面でした。


私「目を閉じる必要、あったの(´д`)?」
マナ「あったよ。だって、ばしょいどうしてるもん。」
私「画面いっぱいに、説明メニューが出てるんだから、どこに移動してるかなんてわからないよ。」
マナ「かくしてるんだよ。」


シナリオ説明画面を消してもらったら、目の前に開いた宝箱があった。
洞窟内の宝箱
風の町アズランには、小さな洞窟があります。
あぁ、ここって前に来た洞窟の奥か。




外に出ました。
これから、「アロエおに」の所に行くんだって。
ちょ!!!!
アロエおに」って、レベル40は無いと、結構きつくなかったっけ?
アロエおに
↑こいつがアロエおに」です。
気が付くとすぐに4匹になるから、撮影がいちばん大変でした(´Д`;)


途中のプレイヤー達に「おうえん」しまくりながら、移動。
今度は、「たけやりへい」と戦いたいって言ってます。
たけやりへい
それ、イナミノ街道じゃんw
アロエおにがいる方向から、まったく逆方向です。


マナ「だから、したむいてるじゃんヽ(`Д´)ノ」


今いる位置は、「風の町アズラン」入り口から、少し北にいます。
そこからUターンして、南にある「イナミノ街道」へと続く道へ向かおうとしていました。
やっぱり、最初に上に行こうとしてたじゃないかw


マナ「ホワイトちゃんと こんどあそんだとき、こっちにもいるから どうなるんだろうね。」
私「ホワイトちゃんと、サポホワイトちゃんと、2人になるよ。」
マナ「えーーーー!?? みてみたーーい(*´Д`*)」


1キャラにつき、貸し出し出来る人数は、3人。
でも、貸し出し元のキャラがインしても、借りてる人からキャラが、消えることはない。
つまり、自分プラス借りてる人3人分が、全員インしていたら、DQ10には実質自分が4人います。
だから、自分と組むことも可能だったりします。
ドッペルゲンガーみたいですねw




マナが「イナミノ街道」へと向かっていたら、看板を1つ見つけました。
(撮影は、マナに頼みました。)
マナ撮影の看板

この先 凶悪な魔物どもの息づく
未開の領地につき 立ち入りを禁ず。
アズラン領主 タケトラ

それを見た後、そのまま「スイゼン湿原」へ。
ああ、「アズラン地方」から直接「スイゼン湿原」へ行けるのね。


アズラン地方は、

  • 「風の町アズラン」の入り口

風の町アズラン

  • メインシナリオの最初に用事がある「風泣き岬」

風泣き岬

  • エルフの初期村「ツスクルの村」との中継地点である「木かげの集落」

木かげの集落

  • マナとホワイトちゃんパーティが全滅した「モリナラ大森林」

モリナラ大森林

  • エルフの大きな城がある「王都カミハルムイ」へと続く「イナミノ街道」

イナミノ街道

  • メインシナリオで用事があるスイの塔が建っている「スイゼン湿原」

スイゼン湿原
・・・へと繋がっています。


マナ「どっどっどっど(゜д゜)! おかあさん、スイゼンいったこと ある?」
私「あるよ。アズランのメインシナリオで行くもん。マナも、行ったんじゃないの?」
マナ「まだだよー。」


そう言った後、マップを確認してすぐに「アズラン地方」へと出てしまった。
一回エリアに入らないと、マップ確認が出来ないから・・・らしい。
マメだね。
このゲームは、世界全体マップから、各エリアへ見る事が出来ますが、一度も行ってないと、文字が暗く表示されてマップを開く事が出来ません。


マナ「ホワイトちゃんが、ふたーり。ちょっと! ふたりいたら、ホワイトちゃんびっくりしちゃうかな!?」


マナは、2人のホワイトちゃんを想像して、まだはしゃいでいました。


マナ「あ、あれこわいー。にげろーーヽ(;´Д`)ノ」


青いオークにビビって走り、すぐ西にあった「イナミノ街道」へと行きました。
オークキング
↑青いオークのオークキング
ちなみに、戦士50の私が喰らったダメージは60前後でした。
装備がしょぼいのもあるけどね・・・。
マナだったら、即死かもね(´・ω・`)




早速レベル上げ。
「たけやりへい」と「どくやずきん」と戦っています。
たけやりへい
↑「たけやりへい」
どくやずきん
↑「どくやずきん」
雇った戦士さん、とても強いです。


マナ「でもね、つよいのここに 1ぴきいるよー。」


そう言って、図鑑で調べようとしてたら、敵に絡まれてしまいました。
戦ってる途中で、うろついている敵を発見。


「あ、あいつ! ちょっとまってね、しらべたら わかるよ。」


今の戦闘を終わらせてから、近くにいた敵を調べてみました。
サイおとこ
名前は、「サイおとこ」でした。
でも、「つよい」とは表示されていません。


マナ「でもね、まえは つよかったの。」
私「レベル上がったからね。」




自分の装備を装備画面で確認していた。


マナ「ちょっと、つーけないっ! はちがねって、ヘアバンドみたいなもんでしょ。」
私「まあ、そうだねぇ。」


ちょこさんとホワイトちゃんが作ってくれた頭装備「てつのはちがね」ですが、まだ一度も装備していません。
モーモン帽子が大好きなようで、ずっと外そうとしません。




イナミノ街道を歩いていたら、ある場所を発見。
大きな水晶っぽい塊がありました。


マナ「「あくまのひすい」ってなに?」
私「なにそれ?知らない(´・ω・`)」


マップで確認したら、「破魔のヒスイ」と書いてありました。
破魔のヒスイ
私「破魔のヒスイだよ。」
マナ「「ヒスイ」って、なに?」
私「そういう種類の石。」
マナ「ああ、おかあさんがやってた、クエストか!」


そういえば、「破魔のヒスイ」のポイントで「大事な物」を取って来いっていうクエストがあったっけ。
マナは、近くにあったキラキラから「プラチナ鉱石」を見つけました。


マナ「もしかして、ここって こうせきあつめに いいの?」
私「いや、あそこ位しかないから、少ないよ。」




「イナミノ街道」で3匹位の敵と戦ったところで、更に移動し始めた。
ここでのレベル上げは、もう終わりですか(´・ω・`)


私「んで、どこに行くの?」
マナ「まえにいったかも しれないけど、おかあさんに ためしてほしいことが あるの。 E-7に いってほしいんだけど・・・。」


「カミハルムイ領南」のマップにある、「時雨の泉」を指していた。


私「壁沿いに走れば、平気だよ。見つかっても逃げればいいし。」
マナ「えー、こわいよぉ(´Д`;)」
私「このゲームは、自分でやって楽しむものなの! お母さんがやったら、意味ないのよ。」


途中にあった看板を頼りに、どんどん移動した。


マナ「「さいおとこ」きつかったー。(サポートキャラの)ホワイトちゃんが、いちばんやられそうだったヽ(;´Д`)ノ」


レベルが全然違うんだから、守ってあげないとね。
マナ撮影の看板

東に向かうとスイゼン湿原。
南にいる魔物は 凶暴につき注意!

「イナミノ街道」の「山間の関所」から東へ行った所にあった、看板に書いてあった。
看板から東と南に橋があったので、それに関する注意書きのようでした。
写真は、マナに撮影を頼みました。


マナ「みなみってどこ?」
私「マップ見てごらん。そこから南だよ、きっと。」
マナ「あぁー。」


もちろん怖いので、元来た道へと引き返しました。


マナ「ほら、これかわいいよね(*´Д`*)」
くみひもこぞう
「くみひもこぞう」の事のようです。
「そこでレベル上げをしたかったら、死んだときの場所を山間の関所にしたらいいよ。」と話したら、そのまま「山間の関所」へと移動していました。


マナ「いちばんてっぺんって、どこ?」
私「スイの塔まで行って、そこから登って一番上の所。ボスがいるよ。」
マナ「どんなの?」
私「太った恐竜みたいな感じ。」
マナ「うわぁ〜〜〜ヽ(;´Д`)ノ レベルいくつひつよう?」
私「35あれば、倒せるよ。お父さんも、それくらいで倒してたし。」
マナ「えー!? おとうさん いま30だよ。」
私「違うよ、40だよ。」
マナ「そういうところは、こわくないひとが たおせば いいんだよ。こわいひとが たおしたら、えーーんって、よるねれなくなっちゃうもん。」
私「レベルが上がれば、倒せるよ(´・ω・`)」


相変わらず、ボスにビビっています。
どっちにしろ、レベル18じゃ無理ですね(´Д`;)




山間の関所
さてマナさんは、「山間の関所」でバザーを見ています。
ルカニ効果」が3つついている短剣を見て、「なんだこれーー(;゜д゜)!?」と発狂していました。
相変わらず、☆3つが好きだな(´・ω・`)
所持金371ゴールド、その武器はレベル14で装備可能で、売値は4000ゴールドでした。
買えないね(´・ω・`)


ホワイトちゃんのMPが1。
宿屋で休もうとしたら、そこの宿屋は1人30ゴールド掛かります。
「たかいーーーヽ(;´Д`)ノ・・・けど、ホワイトちゃんを休ませたいーーーヽ(;´Д`)ノ」と言い、どうしようか悩んでいました。
僧侶のMPは問題なかったので、2人で泊まろうか、僧侶を入れて3人で泊まろうか悩んだ挙句、やっぱり泊まるのは止めにしました。


「おかあさん、みてみて(*´Д`*)」と、突然「大事な物」から、「プクベリー」を「つかう」。

マナは プクベリーを
指先で つついてみた。

グジュッ!

プクベリーに 指の跡が ついてしまった!

「グジュッ!」に大爆笑のマナ。
「おもしろいーー(*´Д`*) もういっこ、みる?」と、他の物を色々「つかう」。

マナは 万年桜の花の
においを かいでみた。
春風を思わせる
さわやかな 香りがした!

マナは 大陸間鉄道パスを
じっくり ながめてみた。
なんだか うれしい気持ちで いっぱいになった。

マナは 冒険の書
じっくり ながめてみた。
冒険の書の表紙には 一人前の証が
しっかりと刻まれている。


マナ「あのね、あのボスを たおすまえは、ことばが かわっていたよ。」


初期村のメインシナリオで出た、ボスの事のようです。
倒すと一人前の証が貰えるんだけど、どうやら最初に貰った冒険の書に刻まれていたようでした。
ボスを倒す前に「大事な物」の冒険の書を「つかう」で調べると、説明文が少し違うようです。




「山間の関所」でツボやタルを漁っていたマナですが、あるNPCに話しかけようと近づいても、カーソルが出ません。
そのすぐ奥に、放置されたプレイヤーがいました。
NPCかどうかは、名前の左横にNPCマークが付いててわかるんですが、サポートかどうかは、名前の色で見分けます。
色が、判り難かったようでした。


付いていくNPCホワイトちゃんを見て、「じぶんがふたりになっちゃう〜(*´Д`*)」と、ドッペルゲンガー現象を、まだ想像して楽しんでいました。




「ほらみて!」と、マップを表示したら、マップに出ている場所の名前が出たり消えたりと、点滅している感じに。


マナ「バグ?」
私「自分でやってるんでしょ(´д`)!!」
マナ「なんでわかった(´∀`)?」


クラシックコントローラでは、Rボタンを押すと、場所の名前とアイコンが非表示になります。
「バグみたいでしょ(*´Д`*)?」と、何度もやっていました。
目が、チカチカするよ(´д`)




「山間の関所」で、思い切って死んでから復活する場所に登録し、お外へ。
入り口近くにいる人達に、応援し回る。
でも、相手からの返事は「??????」
「ネタバレ防止」モードのままでした。
それが面白いらしい。


マナ「ホワイトちゃん、かわいそうだよぉ〜〜ヽ(;´Д`)ノ」


MPが少ないホワイトちゃんを、戦闘で殴らせてMP回復を試みてみたものの、現在のMPは3。
残り1つしかない「まほうの小びん」に躊躇していましたが、思い切って使いました。
やさしいね(*´Д`*)




マナ「おとがするだけだ、2かいめは。」


戦闘中のプレイヤーに「おうえん」を二度試してみたようですが、1人1回しか付加効果が出ないみたいです。
気が付いたら、何かピンクモーモンがいる「カミハルムイ領南」へと移動したようでした。
カミハルムイ領南
「時雨の泉」に行くのかと思ったら、「王都カミハルムイ」に行くそうです。
「ピンクモーモンとぶつかっては、逃げていました。
ピンクモーモン
マナ「みんなー、たたかわないでぇーーヽ(;´Д`)ノ ・・・ああんもう、なんで「ピコーン!」ってなっちゃうのヽ(;´Д`)ノ!?」
私「それは、マナが弱いから。敵に見つかって、追いかけられてるのね。」
マナ「でも、ぶつかってるのは、ホワイトちゃんには いいことだよ。せんとうしゅうりょうに 3か2か1のMPが かいふくするもん。」
私「ホワイトちゃんって、そういう効果をまだ覚えてないんじゃないの?」


スキルを確認しても、戦闘終了後にMPが回復するものは、覚えていませんでした。
しかし、ホワイトちゃんのMPは、確かに回復しています。
どうやら、敵から逃げている時に、ホワイトちゃんが敵を殴っていたようでした。




逃げまくって、「王都カミハルムイ南」に到着。
王都カミハルムイ南
お城周辺にある町の中で、「美容院」を発見。
美容院
↑美容院外観


美容院内
↑美容院内




早速マナは、NPC美容師に話し掛けました。
定員

私、美容師の修行をしてるの。
一人前になったら あなたの髪を
優美にかえてあげるから 待っててね。

マナ「なにこれ? いま できないってこと? しゅぎょう!? じぶんで、できないの?」
私「今は無理。」


美容院が、あったのね。
10月の大型バージョンアップで、使えるようになるのかな?
楽しみだね。


今度は、「武器屋」さんへ。
武器屋
↑武器屋の外観


武器屋内
↑武器屋内


店主
↑店主


「よるのパピヨン」が店で売っていました。


マナ「あーーー! おかーさんー! れんにゅう、れんにゅうー(*´Д`*)」
私「混乱でしょ(´Д`;)」
マナ「あー、(☆が)なにもついてないー(´д`)」
私「だって、お店で売ってるヤツだもん(´・ω・`)」


何か、またバザー見てるよ(´・ω・`)
ウィンドウショッピング、好きだなぁ。




今度は、お城の中へ。
メインシナリオを進めていた。
イベントムービーで出た、NPCの「どや顔」に、こちらも「にやり」w
お城の庭に、大きな桜の木があったので、マナに撮影してもらいました。
マナの撮影・桜
マナ「これデカすぎるから、うしろから とったよヽ(´ー`)ノ」


暫く庭を探索していたら、池を発見。
池の隅には、動く竹を見つけ、私に聞いてきました。
マナの撮影・ししおどし
マナ「これなあに?」
私「ししおどしだよ。」


水の力で竹筒を揺らして、音を鳴らして楽しむ飾りみたいなものだと説明。
いまいちよくわかっていないようでした。
説明難しい(;´・ω・`)


ししおどしのすぐ近くにあった黒い宝箱を見つけると、「こんど、おとうさんに おしえてあげようね(*´Д`*)」と、最近「とうぞくのカギ」を手に入れたお父さんを、気にかけていました。


マップでNPCの名前も表示されますが、その名前の中にお城のお姫様を見つけたマナは、「お姫様」がいる厨房へと向かいました。
話し掛けてみると、どうやら料理を作るのが好きなので、厨房にいたようです。
姫
マナ「おひめさまなのにー?」


厨房の井戸
厨房にあった井戸を見て、「あー、これいどだよね!?」と言い、


かまど
かまどを見つけた時は「これ、コンロ?」と、私に聞いてきた。
システムが、江戸時代そのままって感じです(´・ω・`)




システムログを確認しだしたマナは、ふと疑問に。


マナ「あれ? なんでHPが、かいふくしてるの?」


「おうえん」した後のメッセージに、された人のHPが回復ログが残っていた。
色々効果があるからね。
HPも、回復したりするのよ。


厨房から出て、廊下で突然ルーラストーンを使う、マナ。
わかっていますが、天井に頭をぶつけて、地面にたたきつけられました。
ちょっと、気に入ったようです。
頭をぶつけたマナキャラは、怒った仕草をしていました。




マナ「さっき えきにいったけど、つかえなかったよー(´д`)」
私「ここは、お話を終わらせないと、使えないんだよ。」
マナ「えきのひとに、おこられたーー。えーーんーー(⊃д⊂)」
私「怒られたの(´Д`;)!?」




酒場外観
↑酒場外観
それから、酒場に移動して、


酒場内
↑酒場内
酒場の曲に合わせ、いつもの歌を歌いながら終わりました。


♪じぃ〜ぶとぉ〜ろ じぃ〜ぶとぉ〜ろ じぃ〜ぶとぉ〜ろ〜〜♪


これ、本当にテーマ曲にするの(´Д`;)?
おしまいw


このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
↓よかったら、応援クリックをお願いします。

広告を非表示にする

※ここにある物の著作権は、「うっちょん」または「マナ」にあります。 無断転載等は禁止しています。
© 2002 ucchon    © 2014 mana