ツボ錬金に目覚めたか!?

お久しぶりです、うっちょんです。
暫くログインをしていなかったマナですが、今回久々にプレイをしました。


マナ「えーーー!? ろっけん!??」


「グレン城下町」酒場にいた、マナ。
インをした途端、郵便局から6通の宅配物が、来ていました。


宅配物の内容は、以下の通り。

  • 私経由で送った、マカ・ロニさんからの「ぎんの短剣+2」
  • 私経由で送った、ゴリポンさん(私が雇われたのをきっかけにフレになった方です。名前表示の承諾はいただいています。)からの「まほうの小びん×5」
  • バザーから送り返された、アイテム2種類
  • 旦那からの手紙


マカ・ロニさんからは、手紙も来ていました。
トロピカルな絵柄の便箋でした。

うっちょんさん、マナちゃんへ。
レベル21でそうびできる、たんけんをおくります。いまのところ、おくったものしかつくれませんでした・・・(ノД`)
こうげきりょく、たかいのがつくれたから、よかったらつかってね〜♪
マカ・ロニより

わざわざありがとう〜。
でも、なるべく甘やかせたくないので、次からは素材を送って作ってもらう形にしてもらいました。
マナが、「よるのパピヨンをまだ狙ってる話をしたら、わざわざレシピを手に入れてくださって、製作練習までしてくださってるそうです(´・ω・`)
そこまでやらなくても・・・。
依頼をした時は、よろしくね〜。


フレになった「ゴリポン」さんからは、この日記を読んで、マナに「まほうの小びんを99個渡す」とか言ってたので、「せめて5個に抑えてヽ(;´Д`)ノ」と伝えましたが、何故か50個送られました(´・ω・`)
45個を返却した後話をしたら、「小出しにあげてほしかった(´・ω・`)」との返答が。
いやいや、小びんなんて敵が落とすんだし、その辺は自力で頑張らせますから、大丈夫ですよ〜。


お二人とも、やさしいお心使い、感謝ですっ!
でも甘やかせても、ゲームの楽しさが減るだけなので、ほどほどに見守ってて下さい(*´Д`*)


大はしゃぎのマナは、早速いただいた短剣を装備!


マナ「えーっとー・・・なんだっけ・・・あっ、そうだった、かってくるんだった!」


久しぶりすぎて、何をしたらいいのか少し戸惑っていましたが、何かを思い出した途端、早速行動開始。


私「何を買うの?」
マナ「たびげいにんの レベル7ようの たんけんヽ(´ー`)ノ」


・・・まだ転職クエスト、クリアしてないでしょ(;゜д゜)
それに、既にレベル1の装備を、揃えてたじゃない・・・。
「本当に空きが無くなるから、もうちょっと考えて買って下さい(´д`)」・・・と伝えたら、買うのを止めたようです。


マナ「バージョンアップして、なにが かわったの(´・ω・`)?」


そう聞きながら、「グレン城下町」の「鍛冶設備」NPCに聞き込み調査をしたり

ガサガサと調べたりしていましたが、特に分からず。


マナ「あ、いえが つくれるんだった(*´Д`*)」


と言いながら、酒場へ移動していました。

家、関係ない・・・(´・ω・`)
暫くインしていなかったので、サポートキャラが誰もいません。
昨日の10月9日からバージョンアップしたので、細かい所が色々変わっていました。
装備画面やら、郵便局での選択アイコンやら、預けていた時に貰える経験値の量やら、戦って手に入れる取得経験値の量やら、他にも色々と変わってるようです。
酒場で雇う時も、最初の一覧で装備アイコンが表示されるようになったり、今まで見る事が出来なかったつぼやランプの錬金効果も、詳細で見られるようになってました。


マナは、人間タイプの僧侶を雇ったようです。
相変わらず、女限定(´・ω・`)


マナ「「いろいろやって」で、おとくな しょくぎょうって、なに(´・ω・`)?」
私「わかんない(´Д`;)ヾ」


サポートキャラに伝える、大まかな命令コマンドの事を、言っていました。
おなじみの「がんがんいこうぜ!」・・・などの奴です。
職業によって、命令内容で色々な動きをします。
敵の強さや、数や、味方の状態でも、それぞれ反応が変わるので、私もいつか調べたいと思っていますが・・・。
まだ謎が多いです(´・ω・`)
誰か、調べてくれないかなぁ〜。
そういえば、バージョンアップで、サポートキャラの動きも修正されたようです。
今まで使わなかった技を使ってくれるようになったり、行動パターンが変わってたり・・・。
約2ヶ月に1回、バージョンアップするんだよね?
毎回行動パターンが変わってたら、調べるのも大変そうだね(´д`)




さて、今回から実装された、「住宅村」
最初に土地を買い、その上に家を建て、持っている家具などを設置して使うようです。
完全に鍵をかけて、誰も入れないようにしたり、フレンドだけを招いたり、「ウェルカムハウス」という状態にして、誰でも中に入れるようにしたり、好きに設定が出来ます。
他にも

  • 屋根裏収納にアイテムを50個預けられる。
  • ベッドを設置したら、宿屋の代わりになる。
  • タンスを設置したら、アイテムを50個預けられる。
  • 職人設備を設置したら、家の中で職人作業が出来る。
  • 専用ルーラストーンが貰える。

等あるようです。
ベッドや職人設備は、家主しか使えないようです。


問題は、土地の値段で、

初日は、50万ゴールド
     ↓
売り出してから、3時、9時、15時、21時・・・と6時間経つ毎に5000ゴールドずつ安くなる
     ↓
終値段は、2万ゴールドで止まる。
     ↓
売り出した土地全てから8割売れたら、新たな土地が売り出され、新しい土地は、また50万ゴールドから販売開始・・・。

という流れになっています。
一ヶ月くらい待てば、安くなるのかな・・・。
皆それを狙って、すぐ売れちゃいそうだけど(´・ω・`)
そうそう、家自体は、1万ゴールドで建てられるそうです。
なんか極端だね・・・。


さっき調べたのですが、土地はSとMサイズがあるようで、現状ではSサイズしか買えません。
L出そうだね・・・(´・ω・`)
50万も払ってSサイズとか・・・泣ける。
土地の大きさによって、値段が変わる・・・って書いてなかったんだけど、どうなるんだろうね。


住宅村に入ると、選択メニューから「ウェルカムハウス」に設定している人達の所へ、ランダムで移動できます。
とにかく、一度家を見てみないと、何とも言えない・・・という事で、マナに早速行ってもらいました。



せまっ!
流石、Sサイズ!
1つしか部屋が無い。




色々見ていたら、マナと同じ6歳年長さんの女の子、「ねむい」ちゃんからチャットが。
でも、中身はお父さんの「みらこ」さんです。


みらこ「こんばんはー。」
私「こんばんは、レベルアップおめでとう〜!」


前にマナが雇った時は、ねむいちゃんのレベルが戦士14だったのですが、19位に上がっていました。
・・・あれ? 返答が来ない。
まあいいかー。
みらこさんと挨拶をしている時、私の横の小さな人が


「いえを、かいますか(*´Д`*)?」


とか、言ってました。
・・・50万なんて、持ってないでしょう(´д`)
マナさんの所持金は、土地代の1/100しかないし。




一通り堪能した後、「グレン領西」に出ました。

自分より弱い敵に見つかると、今までは敵の頭上に「!」が表示されて、「ピキーン!」という音と共に逃げ出していましたが、今回からは「ガザガザッ!!」という音で逃げていきました。


マナ「おもしろ〜い! にげるおとが、へんだ〜(*´Д`*)」


移動中のマナに、ねむいちゃんと遊んでみるか聞いてみましたが、久々なのでのんびりしたかったようで、今回も見送ることにしました。


「今日は一人旅をしたいそうなので、また今度遊んでください。」・・・と、みらこさんに話し掛けましたが、やはり無反応。
離席かな?
・・・と、暫くしてから返答が来ました。


みらこ「いきなり、テレビのチャンネルが変わって、リモコンを探してました・・・・・・ヽ(;´Д`)ノ」


うはwww
流石、小さい子供がいる家では、いつもミニイベントが発生しますね(*´Д`*)
どうでもいい時や、どうしようもない時など、状況を無視して、しょっちゅうミニイベントが発生します。
どの家でも、そうなんだろうなぁ・・・(´・ω・`)
その後は、みらこさんと一緒に夢のマイホームについて、遠い目をして少し話をした後、「また今度ゆっくり遊んでくださいヽ(´ー`)ノ」との返答をいただき、会話を終わらせました。


マナ「あーーーっ!! 「メガザルロック」がいたーーヽ(´ー`)ノ」

「グレン領西」のマップ中央近くまで行くと、メガザルロックがうじゃうじゃ。
「あかい だんごろいわ〜(*´Д`*)」と喜んでいましたが、実は「メガザルロック」って、限界クエストで倒す相手なんです。
今までレベル上限が50でしたが、このクエストをクリアすると、上限が55に増えます。
小出しに増やしていく作戦かな・・・(´・ω・`)?
でも、場所指定もされているので、グレン領西のメガザルロックは、誰も相手にしていませんでした。
指定された所の「メガザルロック」は、バーゲンのワゴンに群がる主婦の如く、取り合いがもの凄く激しいようです。
・・・って、そういう光景って、リアルで見た事がないんですけど(;´・ω・`)
ちなみに朝5時とかだと、少し空いていますよ。




近くにあったキラキラを拾ってから、「グレン城下町」へ戻りました。

私「どこに行くの?」
マナ「ツボできるの、どこですか(´・ω・`)?」
私「ラッカラン・・・は、ランプか。 レンドアだ。」
マナ「あぁ、そうだったー。」


・・・え?
今度は、ツボをやるの(´・ω・`)?
レベル30になるまで、職人は封印するんじゃなかったっけ?
私が少しツボ職人をやってた時、マナが横で見ていたんですが、ツボとランプの職人って、ミニゲーム「ルーレット」なんですよ。
運ゲーム。
それが楽しそうだったらしいです。




マナ「ツボって、どっち? きた? みなみ?」
私「北だよ。」


そう教えたら、汽車で「港町レンドアの駅」まで行き、

マップとにらめっこをしながら、一生懸命「港町レンドア北」入り口前まで来ました。

マナ「みなみ・・・で、あってる(´・ω・`)?」


・・・北だよ(´д`)
でも、そっちで合ってるよw


♪てててっ てててっ てて てーてーてーてーてーー♪


上機嫌で、レンドアの曲を歌っています。

早速、ツボ錬金に入門体験。

その間、ねむいちゃんはログアウトしました。
おつかれさん〜!


私「どうですか? ツボは。」
マナ「ランプとおんなじで、あんまり・・・(´・ω・`)」


と言ってたけど、レベル10まで上げるんだって。
ランプもやるそうです。
10までなら、どの職業でも上げられるので、私は全部の職業を10にしていました。
でも、目標がコロコロ変わるマナさんは、10まで上がるかどうか・・・。

丸い円盤のルーレットには、

の4種類が色分けでランダム表示されており、スタートボタンを押すと針が回り出して、止まるまでただ見ているだけ。
作る錬金によって、それぞれのパーセントがが変わり、色配分も変わっていきます。
技を覚えると、失敗の一部を成功に変えたり、大成功の一部をパルプンテに変えたり、止まる位置の大まかな指定が出来たりします。
私はレベル10までしか上げてないので、それ以降はどんな技が増えるかは、知りません(´・ω・`)

マナは失敗するのが怖いので、スタートボタンを押したと同時に、うつ伏せになって腕で目を覆って、終わるまで怯えています(´・ω・`)
今の所は、成功していたので、終わる度にホッとしていました。
その後、楽しくなったのか、ツボの初級の本を、手当たり次第に買っていました。


マナ「あ、れんきん できないーヽ(;´Д`)ノ」


装備に☆が付いてて、+効果をまだ付けてないものが無いと、錬金が出来ません。
「もーもんのぼうし」にも☆が3つ付いていたので、効果をつけようとしたら、その効果は錬金レベル3以上じゃないと、出来ませんでした。
マナは今、レベル2です。
無理ですね(´・ω・`)


私「裁縫で、装備作れば?」
マナ「でも、こうせき いがい、うっちゃった(´・ω・`)」
私「じゃあ、グレン城で武器でも作れば?」
マナ「あー、そうか! でも、かじしょくにん レベル10まで やらないとおもってた・・・かってに なりそうだけど(´・ω・`)」


レベル1で、挫折してたもんね(´д`)





慌てて「グレン城」の「武器鍛冶職人ギルド」へ向かったマナは、鍛冶ハンマーを売っていた事に気が付き、バザーで安い物を見てから、お店で値段を確認。
一応、バザーの方が若干安かった。
素材屋さんでレシピ本を見ていましたが、いくつか追加されている事に、気が付きます。


マナ「あ、ブーメラン! なんのやつが、つかえるんだろうー(´・ω・`)?」


昨日から、職業が2つ増えて、武器も新しいものが増えました。
ついに、ブーメランも来たかー。
「えへへーー(*´Д`*)」と言いながら、マナは武器鍛冶職人の本を買いまくっていた。
その後、預けていた「どうのこうせき」「てっこうせき」を取り出します。
ブーメランを調べたら、使える職業が「レン」とだけ表示されていた。


マナ「レン? レンって、なに(´・ω・`)?」
私「ああ、きっと「レンジャー」の事だよ。 「パラ」って書いてあるのが、「パラディン」だと思うよ。」
マナ「え? ふえたの?」
私「うん、バージョンアップしたから。」
マナ「あぁー、そっかーー!!」


♪さんじゅーにぃーー
 ・・・・・・どうこうせきありすぎ♪


恐々としながら、「ブロンズナイフ」を作っていました。
鍛冶なので、鉱石を熱で溶かして、ハンマーで叩きながら形を整えますが、完成させる時に「水に入れて冷やす音」が気に入ったらしく、終わる度に「じゃーー(゜▽゜)」と叫んでいます。
どっちかって言うと、「ジュ〜〜・・・」じゃないのかなぁ(´・ω・`)?
でも失敗が怖くて、画面は見てませんけどね(´д`)


マナ「じゃーー(゜▽゜) あっちっちーのってさー、こんなのさわったら、やけどするよね(´・ω・`)?」
私「だから、直接持たないように、道具で挟んでるんだよ。」


短剣は、マスが2つ。
うまくいきました。


片手剣は、マスが3つ。
うまくいきました。


オノはマスが6つ。
うまくいきました。


うれしくて、その場で踊りだしています。
レベル3になりました。


ツメは、マスが4つ。
うまくいきました。
・・・でも、☆なし。
せいどうのツメも、うまくいきました。


ブーメランは、マスが5つ。
うまくいきました。


レベル4になりました。
散々嫌がってたのに、成功続きだったので、心に余裕が出てきたようです。
「ジュ〜〜・・・」って水に漬けてる時は、相変わらず怖がって画面を見ませんが。




♪ここで りれみとぉ〜〜〜 を〜〜〜〜 やっても
 そとでるだけー♪

「グレン城」から出ようとしながら、曲に合わせて歌ってました。
街中でリレミトなんて、出来たっけ(;´・ω・`)?
たくさんの武器を持ったマナは、


♪れんどあーのー きぃー たぁー ねぇ〜♪


・・・と、歌った後に「レンドアの、きたでしょ?」と聞きながら、汽車に乗り込んだ。




♪れんどあのー きーた だってーー
 わかってるーー だかーらー ねーー♪

「港町レンドア」に着いても、レンドアの曲に合わせて同じような事を歌ってた。
頭の中に、「ツボ=北」とインプットしてるようです。


私「どう? 職人とか錬金は、楽しい?」


マナは、嬉しそうにニコニコしていた。
早速ツボ錬金を再開。

何回か目の錬金で失敗エリアに行ってしまい、マナが怖がって画面を見ようとしませんでしたが、不思議な音と共に確変みたいな事が起こって、針がぐるっと回って大成功エリアに!!
それを教えたら、慌てて画面を確認して「えーー!? なんでっ!? なんでーーー!??」と、大興奮していました。




その後何回かルーレットを楽しんでいましたが、寝る時間なので「グレン城下町」に戻って、

「酒場」に登録して終わりました。


・・・ついに、職人に目覚めたか!?
あー、でも・・・材料を買って、貧乏になりそうな予感(´・ω・`)
今回既に、1000ゴールドを引き落として、錬金材料を買ってたし。




余談ですが、バージョンアップしてから、カメラの機能が低下してしまい、「中心位置の移動」や「ズーム範囲」が狭くなってしまったので、前より良い写真が取れなくなりました。
残念です(´д`)


このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
↓よかったら、応援クリックをお願いします。

広告を非表示にする

※ここにある物の著作権は、「うっちょん」または「マナ」にあります。 無断転載等は禁止しています。
© 2002 ucchon    © 2014 mana