ねむいちゃんのお手伝い

お久しぶりです、うっちょんです。
これを書いているのは、11月16日(金)です。
ハロウィン終わってるね(´・ω・`)


リアルで色々とバタバタしてましたが、先週の土曜日に私の仕事が完了し、子供も元気に幼稚園へ通うようになりましたので、早速貯まったメモを消化していきたいと思います。




マナ「うんとねー、ツボやる!」


突然思い立ったようです。
マナさん、本格的にツボ職人になるみたい。




ログインしたら、「ねむい」ちゃんがいました。
マナと同い年の、幼稚園児です。
まだ一度も遊んだことが無いので、せっかくなので1時間ほど一緒に遊ぶ事になりました。


ねむい「ジャンプ?」
マナ「もしかして、バンジー?」


「訳の分からない事を・・・(;´д`)」と、ねむいちゃんのお父さん「みらこ」さんが言いました。
最初の会話で、これって・・・私もよくわかりません(;´・ω・`)
フレンドに登録していると、どこのサーバのどの場所にいようともパーティーを組む事が出来ると、前にブログのコメントで教えてもらっていたので、早速パーティーを組んで、ねむいちゃんのルーラストーンで岳都ガタラへ飛び、合流しました。


マナ「ねむいちん〜(*´д`*)」
ねむい「マナち〜ん(*´д`*)」


初なのに、既に意気投合。
何をしようか話し合いましたが、ねむいちゃんは、探索でも何でもいいとの事。
マナに聞いてみたけど、「まだ決めてないよ〜〜(´・ω・`)」と言うばかり。
ねむいちゃんは、戦士21。
マナは、盗賊21。
おお、レベルが一緒だ!
でも、ねむいちゃんは、転職クエストをまだクリアしてないらしいので、マナが目を輝かせて言いました。


マナ「ゴーレムいこうかーヽ(´―`)ノ」
ねむい「いくーー(*´д`*)」
マナ「うちのルーラストーン、つかってー!」


マナは、「娯楽島ラッカラン」と「グレン城下町」のルーラストーンを、持っていました。
転職クエストで倒さなければならない敵が、グレン領西にいる「ゴーレム」だったので、「岳都ガタラ」のルーラストーンのみ所持していた、ねむいちゃんに言ったのでした。
しかしねむいちゃんは、ラッカランに飛んでました(;´・ω・`)


ねむい「マナちゃん、はやい〜〜ヽ(;´д`)ノ」
マナ「いこーー(*´д`*)」


でも、みんなの体力もMPも満タンじゃなかったので、慌てて止めて宿屋に行かせてから、再度出発!(↓マナ撮影

ねむいちゃんのサポも、女の子しかいなかった。


みらこ「女の子しか、雇わないんですよ(´・ω・`)」
私「うちといっしょだねw」
みらこ「かわいい子しか選ばないみたい(´Д`;)」
私「うちもなんですが、可愛い基準がわかりません(´Д`;) ・・・女の子って、みんなこうなのかなぁ(´・ω・`)?」
みらこ「どうなんでしょうね(´・ω・`)」


親の疑問なんて子供に届くわけもなく、ねむいちゃんのサポートキャラの、ウェディ僧侶とエルフ魔法(二人とも女性)を呼び出し、子供達はピクニック気分で、ゴーレムまで向かっていました。(↓マナ撮影

マナ「ばしょわかる(´・ω・`)?」
ねむい「わかんないーヽ(;´д`)ノ」
マナ「じゃあ、ついてきて〜ヽ(´―`)ノ」
ねむい「はぁ〜いヽ(´―`)ノ」


途中のホネドラゴンにびびりながら、大回りして移動。


ねむい「わるもの、やっつけようよ〜Ψ(`∇´)Ψ」
まな「つよいから、やだっヽ(;´д`)ノ!」




移動中、「しびれだんびら」

「ギズモ」に絡まれつつ、目的地へ到着。

ねむいちゃん、初めてのPTで行動に戸惑ってるようです。
戦闘開始です!


サポキャラ魔法使いが何度か死に、マナも一度死んだけど、ねむいちゃんが「かえん斬り」で力押し。
ダメージがほとんど入らない短剣攻撃のマナでしたが、ジバリア攻撃が地味に効果を発揮。
ちょっとは役に立ったかなぁ・・・(´・ω・`)?
何とか無事に、倒せました!
おめでとう!




マナ「なにに てんしょくする、よていだった?」
ねむい「まほうつかい(*´д`*)」
マナ「じゃあ、ウチたびげいにん〜(*´д`*)」
私「転職して遊ぶ気、満々なんですけど・・・(´Д`;)」
みらこ「転職するそうです。」
マナ「よっしゃーーーΨ(`∇´)Ψ」
私「すんません・・・(´Д`;)」


マナさん、旅芸人レベル3になって、張り切ってます。
ねむいちゃんは、魔法使いレベル1で、杖だけ装備。
サポキャラさん達に任せた、戦闘開始です。
その前に、マナはついに「もーもんのぼうし」「ごきげんなぼうし」を売る&捨ててしまいました。
あんなに気に入ってたのに・・・(;゜д゜)!??




グレン領東へ。

マナ「にゃおにゃお〜♪」
ねむい「にゃおにゃお〜♪」


二人とも、ごきげんです。
BGMに合わせて、歌っていました。
スライムベス

「どくろあらい」

「おおくちばし」で、レベル上げ。

私「殴る魔法使いw」
みらこ「aボタン連打が、楽なんだそうですw」


暫く狩をしていると、マナが訳のわからない事を言い出しました。


マナ「おにくに にてる〜。 おおくちばしの うしろがわの トゲが(´∀`)」
私「どこを指してるのか、わからん・・・(´Д`;)」
みらこ「わからん・・・(´Д`;)」


何度確認しても、お肉には見えない・・・。
ねむいちゃんのレベルが上がったり、マナのレベルが上がったり、同時に上がったりして、とても楽しそう。




ねむい「おわりたくないなぁ〜。」
マナ「いっしょにあそぶ!」


でも、時間なので終わりです。
撮影をしながら、マナはリアルで10分ほど踊っていました。

ねむいちゃんは、初の写真撮影に手こずりながらも頑張っていましたが、「はずかしぃ〜(/ω\)」と言って、リアルでは踊っていませんでした。


マナ「わたしも はずかしいけど、おどりたいから おどる〜ヽ(´―`)ノ」


マナは、背中と服の間にオモチャのスティックを刺して、必死に踊っています。
・・・あ、敵にぶつかった(´・ω・`)




戦闘終了後、終わりたくないとぐずっていたので、後一匹倒して終わりましたが、マナはスネているので、私が操作。
横でチビすけは、オモチャのスティックを手にし、グレン城にいた訓練女性のマネをしていました。




マナ「あしたも あそぼーヽ(´―`)ノ」
ねむい「いいよーヽ(´―`)ノ」
マナ「あさっても、いっぱいあそぼー(*´д`*)」
ねむい「うん、いいよー(*´д`*)」


すっかり、なかよしさんです。
同じ年の女の子同士だと、気が合うんだろうねぇ。
気が付けば、マナは旅芸人レベル5、ねむいちゃんは魔法使いレベル4になっていました。
また遊べる時に、遊ぼうね。
※追加撮影は、もう暫く待っててねヽ(;´д`)ノ


このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
↓よかったら、応援クリックをお願いします。

広告を非表示にする

※ここにある物の著作権は、「うっちょん」または「マナ」にあります。 無断転載等は禁止しています。
© 2002 ucchon    © 2014 mana