読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

防具鍛冶職人に

6歳マナのDQ10

レーンの村にログイン。
すぐさま、グレン城下町へ飛びました。

武器を作る為にグレン城へ行きましたが、「どうのこうせき」が11個。


私「あれ? お母さんが、お父さんのタンスに入れた「どうのこうせき」35個は、取ってないの?」
マナ「とってくる〜!」


ルーラストーンでグレン城下町へ行ってから、また駅を経由して、住宅村へ。
本人は、その方が近いと思っています(´・ω・`)
画面切り替えで読み込みが入るから、駅を経由するよりは、すんなり一本道を下った方がいいのに(´・ω・`)
旦那のタンスから「どうのこうせき」38個と、「てっこうせき」「ぎんのこうせき」「プラチナこうせき」を、それぞれ数個手に入れ、大喜びで武器鍛冶ギルドへ向かいました。
手持ちのお金を預けたら、所持金7ゴールド。
でも預り所には、5000ゴールドも預けてあるので、結構貯まってます。


私「後5000で、目標達成だ!」
マナ「おおおーーー(*´д`*)」


マイホームの夢が、近づいています。
その前に、きんのネックレスを買うんだっけ・・・?


依頼をこなすから、メモしろと言われました。

 ・どうのつめ
 ・せいどうのやり
 ・シーブスナイフ


なんか、職人っぽいなw
淡々とこなして、全部成功させました。
そして、武器職人レベルも10に。
おめでとう!


マナ「ぼうぐってどこだっけ?・・・あ!ドルワームだった(゜д゜)!」
私「遠いよぉ〜〜(´・ω・`)」


作れる武器は全部☆マークをつけて、一発仕上げにしたいらしく、レベル上限クエは受けずに、10のままで武器作りを続行。
こだわるなぁ(´・ω・`)


空きが無くなったので、旦那のタンスに預けに行きました。
毎回旦那の家に行くと、看板を調べて「:-)」の文字を顔を横に倒して眺めて「にやり」とするのが、日課です。


マナ「おかーさんー、どうぐにいくー。」
私「え? 一発仕上げ可能に全部してから、他の職人になるんじゃないの?」
マナ「ぜんぶのかじしょくにんが10になってから、やるのー。」
私「そ・・・そうですか(´・ω・`)」
マナ「それじゃー、ドルワームにレッツゴーーヽ(´―`)ノ」
私「え!? 道具職人が先じゃないの? レンドアだよ? 道具鍛冶職人ギルドは。」
マナ「ぶき→ぼうぐ→どうぐってやるのー。」


左様ですか(´д`)
今日は、ドワーフがいる島の、ドルワーム王国までの旅となりそうです。
また道を、それそうな予感が・・・。




酒場でサポートキャラを借りて、岳都ガタラから出発する事になりました。
借りたのは、プクリポ僧侶&エルフ魔法使い&プクリポ旅芸人。
プクリポ率高いな。
旅芸人は、扇大好きらしいので、扇限定。


早速グレン領東へ出発しまし・・・あれ?

私「そっちじゃないでしょ?」
マナ「あ、まちがえた。」


いつものクセで、出ちゃったのね。

ルートは、以下の通り。

岳都ガタラ
  ↓
ガタラ原野
  ↓
カルデア山道
  ↓
ゴブル砂漠東
  ↓
ドルワーム王国

汽車で岳都ガタラへ行き、

ガタラ原野を経由して

カルデア山道へ出たら、イベントが。


マナ「あーー(゜д゜)!」


岳都ガタラの、ガラクタクエ(メインシナリオです)の続きだったようです。
イベントを見た後、マップで見るとすぐ右下のカルデア洞穴に行けと言われましたが、無視して北にあるゴブル砂漠東入口へと、向かいました。


マナ「なんで レベル21あるのに、てきが おいかけてくるの?」
私「敵の方が、レベルが高いから。」
マナ「(´・ω・`)・・・あ、あいつ!」


3か所ある橋の上で、プレイヤーを待ち構えていた「フレイム」達を指差しました。
見つかって追いかけられて捕まりましたが、すぐに逃げたので被害はありませんでした。
その後敵に何度か見つかって追いかけられましたが、特に事故もなくゴブル砂漠東へ。
ドルワーム王国は、マップ西に行けば到着できます。
途中にあった「オアシスの隊商宿」で復活場所の設定をし、まっすぐドルワーム王国へ向かいました。

マナ「あの ひかってるの、なに?」
私「あれが、ドルワーム王国だよ。」


敵がまばらに点在していたお陰で、特に見つからずに目的地へ着きました。


マナ「あれ? どうやっておりるの? おかあさん。」
私「そのエレベータで、降りるんだよ。」


王国に入ると、すぐに行き止まり。
ちょっと分かりにくいエレベータを見つけて、下の階に降り、すぐに教会へ。
ルーラストーンの登録を、するんだって。
ヴェリナードは、とりあえずいいらしい。
そのまま防具鍛冶職人ギルドへ直行。
迷いがありません。


私が暫く画面を見ていなかったら、装備欄が「せいどうの盾」だらけに・・・。
一発仕上げが出来るように、なりたいらしい。
8個目で、やっと一発仕上げが可能になりました。
おめでとう!
別の物を作る前に、旦那の家のタンスに「せいどうの盾」を複数押し込みました。


マナ「ここのベッドで、やすめるの?」
私「いや、無理だよ。」
マナ「カーソルでて「りようする」って でるのに、つかえないなんて へんだね。 はじめから、ひょうじしなければ いいのに。」


本当に、そう思います。


マナ「おとうさんがタンスをみたら、ドォーーーン!ってたてがいっぱい入ってて、おどろくかなぁ(*´д`*)?」


と、旦那の反応を想像して、ニコニコしていました。
ルーラでドルワームへ飛び、依頼を受けていましたが「今日の依頼はもうない」と言われ、不満そうに私を見ました。


私「一日に受けられる依頼数が、職業関係なく決まってるのよ・・・こればっかりは、しゃあない。」
マナ「あああぁぁぁぁ・・・。」


納得したようですが、口を開けて固まってました(´・ω・`)
それからマナは、「せいどうのかぶと」をひたすら作りました。

気が付けば、防具職人レベル5です。
何だ、この集中力は(´・ω・`)


余裕を見せたのか、私に話しかけながら制作していたら、間違って範囲内のゲージをオーバーしてしまいました。


マナ「・・・・・・・・・・・・(´;ω;`)」


大粒の涙が、ポロポロ。
段々涙が止まらなくなり、ついには大泣きしてしまいました。
ゲージを戻す技とかは無いので、仕方がないです。
抱っこして、あやしました。


私「最初は、「かじしょくにんは むずかしいから、おかあさん やってー(⊃д⊂)」って泣いてたのに、今じゃ余裕で上手に作ってるじゃん。 成長したよねー。」
マナ「えへへ(*´д`*)」


褒めたら、落ち着きました(´・ω・`)
そのまま、そこで落ちました。
※追加画像は、お待ちください。


このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
↓よかったら、応援クリックをお願いします。


※ここにある物の著作権は、「うっちょん」または「マナ」にあります。 無断転載等は禁止しています。
© 2002 ucchon    © 2014 mana