読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴミ袋=DQ10?

マナ「おかーさーん。」
私「なーに?」
マナ「もし、しゅぞくが かえられるように なったときのことを かんがえて、エルフのふくを かおうかな・・・。」
私「わははw それなら、エルフの初期村に行かないとね。」


早速、風の町アズランへ移動。

マナは、数日前から「エルフでやりなおしたいぃ〜〜(⊃д⊂)」と嘆いていました。
ある程度進めてから、最初からやり直してプレイするのが、マナのプレイスタイルなんです・・・。
だから、しょっちゅうニューゲーム。
自分のキャラが物凄く強くなっても、平気でニューゲームを再開します。
今回は、オフラインとは違うので、止めました・・・。


風の町アズランの歩道の大きな石畳を、マリオジャンプしながら1マスごとに移動している、マナ。
ジャンプに夢中で、どこに向かってるのか、わからなくなっていました。


マナ「エルフになれたら、なんのしょくにんになるか、わかる?」
私「わかんない。」
マナ「もっこうやるのーヽ(´―`)ノ」


初期村への行き方は、

風の町アズラン
  ↓
キリカ草原
  ↓
ツスクル平野
  ↓
ツスクルの村

で、到着します。


「てきがよわくなるから、ひとりでいいよね?」と言いながら、「やっぱり、そうりょが ひとりいたほうが、いいなぁ」・・と戻ろうとして、「やっぱり、ひとりでいいやー!」
と、アズラン地方で町の入り口近くをグルグルした後、やっと出発しました。

私が「マリオジャンプ」と言ったので、その言葉が気に入ったのか、アズラン地方でもマリオジャンプを連続でしながら移動しつつ、マリオの曲を歌ってました。


マナ「おかあさん、めをつぶってね。 いいよっていうまで、あけないでね。」
私「あい。」


眼を閉じたら、ルーラストーンを使う音が・・・。
え・・・もう戻っちゃうの?


マナ「・・・いいよ!」


グレン城下町でした(´д`)

マナ「まためをつぶって!」
私「あい・・・。」
マナ「まだだよー。まだだよー・・・。」


眼を閉じたら、ルーラストーンを使う音が・・・。
またかよ・・・。


マナ「・・・いいよ!」


ドルワーム王国でした(´д`)


マナ「おもしろい〜〜(*´д`*)」


防具鍛冶職人ギルドに、走っていました。
今回の依頼は、鉱石以外を使うものばかりだったので、諦めて「せいどうのかぶと」を作り続けました。

4つ製作したら、材料の一つである「てっこうせき」が無くなりました。


マナ「ヤルコトガ ナクナリマシタ、モウムリー(´・ω・`)」


一定音で、喋っていました。


私「じゃあ、おわりますか?」
マナ「いいえ。」


と言いながら、リアルで別の遊びを始めています。


私「そっちので遊ぶなら、終わるよ?」
マナ「やだー、おかあさんやって。」
私「お母さんやるなら、お母さんのデータで遊ぶよ。」
マナ「やだ、やる!」
私「じゃあ、やって。」
マナ「ルイージ!」
私「ルイージ関係ない(゜д゜)!」
マナ「ゴミぶくろで、あそぶ!」
私「じゃあ、ドラクエおわって!」
マナ「やだ! ゴミぶくろって、ドラクエのことだよ!」
私「違うよ(゜д゜)!」
マナ「ちがくないよ、おかあさんが いったんだよヽ(`д´)ノ」
私「いってないよ、嘘つかないでよ(;゜д゜)!」
マナ「ごめんなさい(*´д`*)」


意味わからん・・・(´д`)


マナ「きょうかいの ほうから、いったほうが ちかい? それとも やどやかなぁ?」
私「なあに?」
マナ「さかばにいくには、どっちのみちから いったほうが、いいのかなぁ・・・。」
私「ああ、丁度対角線上にあるから、どっちの道から行っても距離は一緒でしょ。 ・・・って、教会も宿屋も、同じ道側にあるじゃん・・・。」


移動中、美容院に入って、NPCをみて笑っていました。

・・・顔と体の大きさが、おかしい・・・並ぶとドワーフの顔がでかすぎて、バランスが変です・・・。
酒場に行って、終わりました。
※追加画像は、お待ちください・・・。


このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
↓よかったら、応援クリックをお願いします。


※ここにある物の著作権は、「うっちょん」または「マナ」にあります。 無断転載等は禁止しています。
© 2002 ucchon    © 2014 mana