あけまして いつも通り

マナ「あけましておめでとう、あけおめ〜。 ことよろ〜(´∀`)ノ」
私「普通に言わないの(´д`)?」
マナ「あけましておめでとう いったから、いいじゃん。」
私「(´д`)」


ドルワーム王国で酒場登録をしてもらったので、二日ほど私が借りて、経験値を1500ほど稼いでおきました。
サポマナの「ぬすむ」が大活躍したので、お礼代わりに「ぬすむ」で手に入れた「てっこうせき」を30個送りました。
あと、マナが作った装備を私が使って、結晶に変え、バザーで売った売り上げの半分をマナに送りました。


♪いそげ いそげ い・そ・げーー!
 げんこつだけ げんこつだけ〜♪


ログインしたら、郵便物が10個。
慌てて郵便局へ行くと、私からのが4つ、開発チームからのが、6つ届いていました。
さっき話した「ゴールド」「てっこうせき」、戦闘中に手に入れたレシピ本も送っておきましたが、開発からは「花火」「年賀用便せん」「福引券」が来ていました。
他にもありましたが、空きがなかったので、クリスマス家具とアイテムをいくつか預け、いらなくなった光のオーナメントを売り、素材の枝を1つ売って、すっきりした所で、郵便物を受け取りなおしました。


それから、防具鍛冶ギルドへ行き、依頼内容を確認した所、一つだけ依頼内容に変化が。
・せいどうのブーツ(黄色く光っていた)


マナ「せいどうのブーツ? なんできいろ?」
私「それやると、貰えるお金が多いの。」
マナ「おおー。 そうだ、あずけてあったよ。 ・・・あれ? せいどうのぼうしだっけ?」
私「ちがうよ、ブーツ。 作れば?」
マナ「ああああぁぁぁぁ!」


早速製作。
星1つついて、完成しました。
完成したと同時に、ハンマーが壊れてしまった。


マナ「あぁぁぁ・・・ハンマーがこわれちゃった・・・ヽ(;´д`)ノ」


所持金が、預り所を含めて7639Gになりました。


マナ「おおーーー! あと3000で、もくひょうたっせいだよー!」


順調に、貯まってますね!




グレン城下町へ飛んで、グレン領西へ出ました。

私「どこに行くの?」
マナ「べこんけいよくにいって、メイジドラキーとたたかいます〜。」
私「ベコン渓谷ね(´・ω・`)」


♪パルパルパル パルパルだらけで
 パルプンテは みんなのいうことを きくよ〜♪


歌いながら、キラキラから「オグリドホーン」「どうのこうせき」を拾っていました。


マナ「おかあさん、わたしがかいた ざいりょうを、ここに メモしなおして ほしいの(´・ω・`)」
私「いいよ。 でも、材料を書くなら、ドラクエできないじゃん。」


マナは、最近裁縫に再度目覚め、裁縫で必要な素材を必死に紙にメモっていました。
帽子の材料は書き終わったので、私がメモを書き直しましたが、他がまだ終わっていません。


私「ドラクエおわるの?」
マナ「おわらないよ〜。」


と言った後に、またグレン城下町へ戻り、グレン領東へ。

♪いーっているのよねー
 おかあさん きいてるー?
 ねぇ きいていますかー?
 おかあさんーー♪


私「何を?」
マナ「えっとね、オグリドホーン もってるよ。」
私「さっき、言ってたじゃん。」
マナ「でも、わたしも つかうよ〜(´∀`) さいほうで。」
私「それなら、取っときなよw」


グレン領東に出てすぐのキラキラから、「どうのこうせき」を拾った後、近くにいたスライムベスを、倒し始めました。


私「何で、今さらスライムベス?」
マナ「あとちょっとで、100になるの。 よわいけどー。」


100匹討伐狙いか。
このままほかの敵もやって、レベルが上がるといいね。
・・・って、気が付いたら、どくろあらいを倒しています。
スライムベスは(´・ω・`)?


私「どくろあらいって、100匹倒したよね?」
マナ「うん、たおしてるよ。」
私「何で、スライムベスやめたの?」
マナ「だって、あたっちゃったんだもん。」
私「移動しすぎて、近くにスライムベスいないじゃん(´д`)」




突然、ルーラストーンでグレン城下町に戻って、

酒場で転職しました。

武闘家レベル4でした。


マナ「ぶとうかって、すでだっけ? いまウチがあるのって。」
私「そうねー。 装備持ってないもんね。」
マナ「うん。」


そう言って、グレン領東へ。

レベル上げしたいんだって。
でも、一人です。


私「サポいらないの? 武闘家って、回復ないよ。」
マナ「あーーーー(;゜д゜)!!!」


慌てて、酒場に逆戻り。
クエスト用のぼうしをかぶってるので、「レベルあげついでに、クエストがおわったらいいなぁーー(*´д`*)」と、夢を膨らませていました。


ねむいちゃんが僧侶21だったので、24時間雇うことに。
バージョンアップから、12時間、24時間、48時間と3つの選択が出るようになりました。


そのまま、グレン領東へ。

マナ「ほら、おそとが ゆうやけだから、みんな ねるじゅんびを してるとおもうよー。」
私「そうだ・・・ね・・・(´・ω・`)」


スライムベスは、ほぼ同格でした。

一匹倒したらカウントされたので、大喜び。
無事に、クリアできそうですね。
3匹目で敵が逃げてしまったので、ねむいちゃんを待機させ、一人で挑んでみました。


マナ「それで よるになったらね、みんながいっせいに やどやにはいって、やどやがまんいんに なるんだよー。」
私「宿取り合いなの?w」
マナ「うん、それで ひとがいっぱいになっちゃって、「うるさくてやだー」ってひとが なんにんかでていって、あいたところに またあたらしいひとが、はやいものがちで はいるんだよ。」


戦いなのね・・・(;´・ω・`)
10匹ちょっと戦ってたら、残り1匹で100になるとわかった途端、大はしゃぎ。
ドラキーのお知らせを見て、ニヤリとしましたが、戦闘をやめませんでした。


マナ「ナンデデショウカーー(・□・)」
私「クエスト終わらせるためでしょ。」
マナ「チガウヨー、ナンデデショウカーーー(・□・)」
私「何で?」
マナ「あと10ぷんで、3じだからーー(´∀`)」
私「関係ないでしょ(´д`)」
マナ「えへへーー(*´д`*)


同格以上の敵を、20匹倒すのかな・・・。
まだ倒し終わってない所で、武闘家のレベルが5になったので、慌ててグレン城下町に戻って、

酒場で、戦士12に転職していました。



着替えた後、何故か井戸の中へ。

この水を 枯らすことなかれ。
同じ苦しみを 繰り返すべからず。


石碑がありました。
撮影を、頼んでみました。
暫く城下町を散歩した後、またグレン領東へ。

私「何処行くの?」
マナ「どっか! ・・・おかあさん、「やじゅうのす」って、いったことある?」
私「行った事無いけど、手前の広場にトロルがいたから、倒してたよ。」
マナ「じゃあ、いったこと ないの?」
私「うん。」


グレン領東から、北東に入った細道の先にある所を、指していました。


私「んで、野獣の巣にいくの?」
マナ「いかないー。」
私「じゃあ、何処に行くの?」
マナ「みずいろの、トロルがいるところに いくよー。」
私「水色?いるの?」
マナ「だって、オークキングも みずいろじゃない。」
私「何処にいるの?」
マナ「どっかー!」


移動途中にあった亀裂を見ながら、マナが言いました。


「ここから おっこちれたら、いいねー(´∀`) おちたら、ホイップゴーストみたいな みえないてきが、いっぱいいたら いいのにねー。」


あんな亀裂に落ちたら、死ぬでしょ・・・。


どくろあらいと戦いながら移動していたら、おおくちばしに見つかって、絡まれてしましました。
どくろあらいにも、絡まれてましたけどね。
本人は、「なんで、からまれるんだろう(´・ω・`)?」って言ってましたけど、本来ここの敵は、レベル20ソロくらいで倒すものだから、12だと絡まれて当たり前なんですよね・・・。
パーティだったらレベル12位で倒せるので、調べてみたら同格扱い。
何匹か倒していたら20匹倒し終わったので、城下町の素材屋で帽子を渡し、クエストをクリアしていました。
これで、「汗と涙の結晶」が取りだせるようになりました。
武器防具を装備していると「使い込み度」という数値が増えていき、100%になったら「結晶可能マーク」が付きます。
その装備を素材屋で「結晶化」すると、結晶化した装備は消えますが、1〜複数「汗と涙の結晶」が手に入ります。
使い込みは、☆がついてなおかつ錬金で+されているものなら、貯まりやすいようです。
装備場所によっても、貯まり方のスピードが違います。
店売りで500G、バザーでは、最初高値でしたが、現在は1000Gに落ち着いたようです。
ちょっとしたお小遣い稼ぎになるかも、しれないですね。




マナは、酒場に行って転職の人に話しかけ、職業選択メニューで止めて、突然リアルで机に向かいだしました。

私「何してるの?」
マナ「メモ。」
私「何のメモ?」
マナ「ナイショ(*´д`*)」


酒場の曲を鼻歌で歌いながら、何やら書いています。


マナ「あのね、せんしとかそうりょとか、なんのぶきをつかうか かいてたの。 わたし、いいひと(*´д`*)?」
私「いい人(;´・ω・`)?」
マナ「いいひとっていうか、えらい(*´д`*)?」
私「えらい・・・わけじゃないかも・・・ネット見ればすぐわかるし(;´・ω・`)」


文字の練習になるから、いいか(´・ω・`)
途中のメモを見せてもらったら、各職業の武器が一種類しか書いていません。
どうやら、装備できるもの・・ではなく、自分が使おうと思っているものを、メモっていたようです。


結局ずっとメモばかりしていたので、そのまま酒場で終わりました。


このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
↓よかったら、応援クリックをお願いします。

広告を非表示にする

※ここにある物の著作権は、「うっちょん」または「マナ」にあります。 無断転載等は禁止しています。
© 2002 ucchon    © 2014 mana