読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しいかくれんぼ

6歳マナのDQ10

今回も私が雇い、オルフェアの町にログインしたら、2740経験値&388ゴールドを、ゲットしてました。

マナが雇ったサポートキャは、全員時間切れ。
ソロに、なっていました。


♪にゃにゃにゃにゃ
 にゃにゃにゃにゃ
 にゃ〜にゃ
 にゃにゃにゃにゃ・・・♪


ウロウロ散歩をして、サーカスのテントに入ったら、メインシナリオが始まりました。

その後、散歩を再開し、サポートキャラを雇い直した様です。
今回は、女性男性種族など気にしないで、借りていました。
本格的に、アルミラージからアクセサリーを取る気みたい。
今回も、「りんか」ちゃんのレベルに合わせて、全員19のキャラを借りていました。


プクリポ女の、僧侶りんかちゃん。
プクリポ女の、盗賊さん。
プクリポ男の、盗賊さん。


・・・を借りて、自分は戦士12に転職して、前回と同じように挑みます。




オルフェア地方東へ。

マナ「あめふってるよ〜、おかあさん〜。」
私「うん。」
マナ「とうぞくのMPが なくなるまで、こいつやってる〜。」


グレムリンを相手に戦い始めました。

と言っても、本人はMP消費待ちなので、ひたすらうろうろするだけ。
味方と敵の間を、8の字に走ったりして、暇そうです。


♪でろん〜〜 でろん〜〜
 でろん でろん でろん〜〜♪


歌まで歌い始めました。

やっと盗賊のMPが切れた後、アルミラージと2戦。

戦闘終了直後に突然ルーラストーンで、オルフェアの町へ戻ってしまいました。

私「え?何で(´д`)?」
マナ「はんたいがわには、どんなてきが いるのかなぁーって(´・ω・`)」
私「行ってみれば?」
マナ「おかあさん、しってるでしょ? どんなのが いるの?」
私「トンブレロと、キメラと、スライムタワーだっけか?」


それを教えたら、私から郵便で送られてきた、まほうの小びんを2つ受け取ってから、自宅に帰りました。




自宅では荷物整理をし、いらないアイテムを売り、オルフェアの町に戻ってきました。

マナ「おかあさん、ミュルエルのもりにいくには、とうぞくでいったほうが いいのかな?」
私「え? 何でミュルエル?」
マナ「いきたいところがあるのを、おもいだしたのー。」
私「ああ、クエストで行く小屋か。 入口近くになかったっけ?」
マナ「ないよーー(´・ω・`)」


結局、戦士から盗賊24に変えました。
酒場に話しかけていたら、スライムの盾から、鼻水がw

本当は、短剣が盾を突き抜けただけw
それを見つけた旦那が、大爆笑。
教えてもらって、家族で笑ってました。


♪ウーロンチャ ウーロンパイ
 ウーロンチャ、ウーロンパイ・・・♪


ウーロンパイって、何だ・・・(;´・ω・`)?




オルフェア地方西から、ミュルエルの森へ。
森の曲を聴いて、疑問に思ったマナ。


マナ「あれ? どうくつじゃないのに、どうくつのきょくが ながれてるよ。 なんで?」
旦那「本当だ、そうだねー。」


横で見ていた旦那も、納得してました。
言われてみれば、確かに・・・。
まあ、薄暗くて禍々しい的な意味なのかな・・・この曲は。


すぐ近くの小屋で、クエストの話を進め、満足げに町に戻って報告。


私「何貰った?」
マナ「まほうのせいすい2こ〜(´д`)」


あまりうれしそうな顔を、していませんでした。


私「聖水、嬉しくなかった?」
マナ「うれしいけど・・・。」
私「うれしいけど?」
マナ「・・・だけ。」
「w」




マナは暫く、自分が装備をしているアイテムを眺めてから、私に聞いてきました。


マナ「ねー、おかあさん。 マナがいまのれべるであってる、レベル上げのてきって、どれ?」
私「えーー!? アルミラージは、もう終わるのー(;゜ロ゜)?」
マナ「おわるー(´・ω・`)」
私「今日は、2回しか戦闘してなのに!? 専用でサポ雇ったのにー(;゜ロ゜)!?」
マナ「ほかのから、ぬすむからいいのー。」


そう言って、また家に帰りました。




そしたら、私が所属しているチーム仲間の「ぷにょ」さんが、バザーにあった小びんを買ってくれました。(ブログの掲載許可は貰っています)
「お友達になって」とコメントにあったので、マナに確認したら、OKが。
何度かコメントをくれてたし、買い物も2回もしてくれたので、またバザーにアイテムを入れていました。
今度は、どうのこうせきを33ゴールドで販売。
10個入れています。
ぷにょさんからフレンドの返答が来たので、「こっちきてーヽ(´―`)ノ」と。
「かくれんぼ」をした状態で、ぷにょさんが来るのを待っていました。


わざわざ、6才の相手をしてくれる、ぷにょさん。
すみませんですヽ(;´д`)ノ


ぷにょ「きたよ〜。」
マナ「はーいヽ(´―`)ノ」
ぷにょ「どこかな〜、・・・ここかな? いないなぁ〜(´∀`)」
マナ「うふふふ・・・(*´д`*)」
ぷにょ「うーん・・・そとかなぁ?」

↑さて、どこにいるでしょうか?w(前回と一緒ww)
マナさん、大爆笑。
でも、見つかるのが怖くて、リアルでうずくまってました。
どうみても、すぐに見えるw
子供が好きなんだって、ぷにょさん。
なんか、幼稚園にいるみたい(´∀`)


ぷにょ「えーっと・・・・・・みーつけたヽ(´―`)ノ」
マナ「みつかったヽ(´―`)ノ」


物凄く、楽しそうです。
そしてマナは、必死にぷにょさんに、バザー品をアピールし始めました。


マナ「おかいどくしますかー? おかいどくものですよ〜。 おかいどくしてくれますかー(*´д`*)?」
私「・・・それ、「買ってくれませんか? お買い得ですよ〜。」でしょ(´д`)」
ぷにょ「どれどれ・・・。 え!? こんなに安くていいの(;゜д゜)!?」
マナ「いいよ〜(*´д`*)」
ぷにょ「・・・あ! 今17Gしかない・・・(;´・ω・`)」
マナ「まってるよ〜ヽ(´―`)ノ」
ぷにょ「いいの? いってくるねー。」
マナ「また、かくれてる〜ヽ(´―`)ノ」


ぷにょさんは、預り所でお金をおろしたようです。
マナは、今度は別の所に隠れていました。




戻ってきたぷにょさんは、さっきと同じように焦らしつつ、マナを探しています。

↑さっきよりは、上手く隠れたけど・・・ちょっと見えてるか。


ぷにょ「ここかなー? 今度は、ツリーにはいないし・・・。」
マナ「ここだよー(´∀`)」
ぷにょ「うーん・・・あ、ここがあやしいな・・・(´∀`)」
マナ「ドキドキ(/ω\)」
ぷにょ「・・・・・・みーつけた! ギフトボックスー!」

マナ「えへへ(*´д`*)」


「友達になったしるし」とか言ってたのかな・・・マナに、プレゼントをくれました。
「セピア調のドワーフ人形」です。
お礼にマナは、「てっこうせき」3つをあげていました。

なんか、どんどんマナの家具が、豪華になっていくな・・・。
んで、時間が来たので終わりにしたのですが、マナはまたぷにょさんと遊びたがっていました。
「暇な時、良かったら遊んでくださいヽ(´―`)ノ」と伝え、その場で終わりました。
本人は、ちょっとぐずりましたけどね・・・。




終わった後、何故か私をぷにょさん扱いして、マナがプレゼントをくれました。
ハリセン型の、飛行機でした(´・ω・`)
あと、ストローで作った針と、リボンで作った糸をくれました。


マナ「さわったりみたりかんがえたり、おくってから やりたいことをぜーんぶやってから、マナにかえしてねー。」


・・・あ、プレゼントじゃなくて、貸してくれただけなのね・・・。
返したら、飛行機は貰っていいそうで、マナは針と糸だけ受け取りました。
その後は、感想を紙に書けと、強制的に言われました・・・。
何を書けと・・・(´д`)
ていうか、私はいつまでぷにょさん役なんだ?w
ちなみに、後で確認したのですが、マナはぷにょさんを「女性」だと思い込んでいたようです。
ぷにょさん、男の人よ〜(´・ω・`)


このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
↓よかったら、応援クリックをお願いします。


※ここにある物の著作権は、「うっちょん」または「マナ」にあります。 無断転載等は禁止しています。
© 2002 ucchon    © 2014 mana