読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オニオーン祭り

6歳マナのDQ10

マナ「おかあさん! はたけに、おみずあげないと(;゜д゜)!」


慌ててウェディマナでログインして、畑を確認しました。
ていうか、もうメインこっちじゃないんだから、いいじゃん(´・ω・`)


畑にお水を上げないで2日放置すると、どうやら1日目に萎れ、2日目に枯れてしまうようです。
ちょうど2日放置していたので、諦めモードの中、畑を見てみたら・・・。


私「おお、つぼみになってる!」
マナ「わーー!!!」


なんと、ブログを見て下さった方が、水を上げ、肥料まであげてくれていました。


私「マナー、ブログ読んでくれている人達に、愛されてるね〜。」
マナ「(*´д`*)」


花壇のお手入れをして下さった方々、本当にありがとうございます!
早くエルフマナも、家を買わないとね〜。
とりあえずウェディは、終わり。




暫くして、メインのエルフマナで、ログイン。


私「マナー。 ボス倒すなら、レベル上げないと厳しいと思うよ。」
マナ「それじゃあ、おかあさんと できるようになるまでは、ボスは たおさないね〜。」


ベータ版が終わって正式版にならないと、Wii版の人とは同じサーバで遊べないんです。
正式版は、確か3月末発売だったかな・・・。
自分で倒しても、いいんだよ(´・ω・`)?


マナはすぐに外に出て、ナスビナーラに的を絞って、戦っていました。
何匹目かで、レベルが4に。
おめでとう!


村から南に出た所の近くにある橋で、だいじなもの「彼岸鏡」を使用。
しかし、何も映らなかった。


私「そこの橋じゃないよ。 マップみてみー。 橋がいっぱいあるから。」
マナ「ありすぎて、どこでつかったらいいか、わからないー(´д`)」


写真クエストの内容が、「大事な物の鏡を使って、鏡に幽霊か何かを写し、それを写真で撮影する」というものなんですが、近くに橋が5つあります(´・ω・`)


マナ「おかあさん、もういちげきで たおせるようになったよ〜ヽ(´―`)ノ」


そう言ってマナは、前回倒せなかったおおきづちに挑戦。
数回攻撃で、無事に倒していました。
やはり、スティックよりは、ヤリの方が強いね。




満足したのか、村へ。
ルーラストーンを登録していなかったので、教会へ行って登録していました。
教会の曲が、物凄く盛大になっていました。


マナ「このきょく、オーケストラ?」
私「うん。」


その後、麻の糸を売って装備を買おうとしましたが、所持金は46ゴールドです。


私「麻装備、狙ってるの?」
マナ「ううん、みてるだけー。 えーっと・・・かわのぼうぎょが このすうちでー、あさのぼうぎょが これだからぁー・・・。」


何やら考えこんでいましたが、暫くしてまた外に飛び出しました。




マナ「あれー? ここじゃないの?」


マナは、また写真クエに挑戦し始め、色々な川で大事な物を使っていました。
最初は、橋の上で使っていましたが、そのうち川に沿って歩きだし、あちらこちらで使用。


私「橋で出来たはずだよー。」


キラキラを拾いながら試しましたが、上手く出来なかったので、また村へ帰宅。
NPCに話しかけたり、ウィンドウショッピングを楽しんだ後、また外へ。




私「どこいくの?」
マナ「みちなりにいってるの。 ピキーンされないかなぁ〜って おもって。」
私「戦いたいの?」
マナ「うん、れべるあげたい〜。 でも、てきに ちかづきたくないからさ、みちなりに いきたいから、てきにピキーンしてもらうしか ないの。」


勝手だな(;´・ω・`)
道なりとか言いながら、どんどん横にずれていってる・・・。
途中で道に戻れたけどね。


キリカ草原入口近くまで来たら、新しい敵を発見。


私「どくいもむしだ。 強そうだ・・・だって。」
マナ「きゃーー、にげろぉ〜〜ヽ(;´д`)ノ」


一旦Uターンしてましたが、再度道なりにキリカ草原へ向かい始め、出口手前の光の柱を眺めていました。


マナ「きれ〜。」
私「写真とろー!」


撮影後、近くにいた「つちわらし」に挑戦。
マナの攻撃は1、敵の攻撃は16、マナはHP1になった所で、慌てて逃げ出しました。


私「もうちょっと、レベル上げないと駄目だね(´・ω・`)」
マナ「くせん(´・ω・`)」


次は、おおきづちと戦闘。


マナ「つうこんのいちげきが、いたいよね〜。」
私「うん。」
マナ「おかあさん〜、まほうがメインの しょくぎょうって、なんですか?」
私「えー、魔法使いと賢者じゃないの?」
マナ「あと、そうりょは?」
私「僧侶・・・うーんそうだね。」
マナ「じゃあ、なぐるとMPすえる しょくぎょうは、なに?」
私「職業じゃなくて、スティックと杖しか吸えないよ。」
マナ「だからー、それがそうびできる しょくぎょうだよ〜。」
私「えっと、杖は・・・魔法使いと賢者と、魔法戦士だったかな。 スティックは、僧侶とパラディンと・・・スーパースターだったかなぁ。 なんで?」
マナ「えっとね、MPすうのと こうげきするの、いったじゃんー。 だから。」
私「え? ただ聞きたかっただけ?」
マナ「うん。」


(´・ω・`)




ベータ版開始から日数が経っていないので、初期村周辺はにぎわってて、最初の頃のDQを思い出します。


マナ「おかーさん、はたけにオニオーンが!」
私「だって、玉ねぎだもん(´・ω・`)」


オニオーンが、あっちこっちに埋まってました。
試しに一匹倒したら、レベルが5になりました。
サクサク上がるので、このレベル帯なら、レベル上げが続けられていいね。
どれくらい上がったら、やる気がなくなるんだろうか(´・ω・`)
レベル5になったら、4回攻撃で、オニオーンを倒しています。
気持ちよさそうだね。


マナ「オニオーンまつりだ〜(*´д`*)」
私「オニオーン祭りだね〜(*´д`*) すごいねー。 いっぱい戦ってるじゃん。」
マナ「だって、オニオンまつりだから、むげんにはえてるよ〜。」


レベルが、6になりました。


マナ「ワタシ、そうりょだから、なぐるしかこうげきないね。」
私「そうだね。 でも、前衛もスキルで技覚えないと、殴るしかできないよ。」
マナ「うん・・・(´・ω・`)」
私「レベルが上がれば、魔法使いは魔法が使えるか。」


畑の一列目を、往復しているマナ。


私「そこしか、やらないの?」
マナ「そこしかやらない・・・わけじゃありませんよ〜(´∀`)」


別の列にいっぱい生えてたので、そこに移動して、敵を撃破。


マナ「・・・あきた(´・ω・`)」
私「じゃあ、やめたら?」
マナ「ドラクエじゃないよー。」
私「戦闘でしょ? 他の事すればいいじゃん。」


すぐに、畑から離れました。




私「あ、フレ登録しないと!」


ウェディマナのフレンドに、手当たり次第にフレ申請。
マカ・ロニさんだけ、すぐに連絡が取れました。


マカ・ロニ「エルフになれて、良かったね〜。」
私「今マナは、リアルで風船と遊んでる(´・ω・`) でも、エルフになれて喜んでたよ。」
マカ・ロニ「(*´д`*)」


少し話をしてから、食事時間になったので、さよならして終わりました。
NPCと向かい合って座ったまま、ログアウト。
※エルフマナで撮影した画像は、保存する前に、消しちゃいました・・・orz


このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
↓よかったら、応援クリックをお願いします。


※ここにある物の著作権は、「うっちょん」または「マナ」にあります。 無断転載等は禁止しています。
© 2002 ucchon    © 2014 mana