マナさん『DRAGON BALL』を読む

ドラゴンボールの読破、早いな・・・。
途中から戦闘がメインで、会話が少ないからね。


巻末にうしおととらの様なクイズが無かったので、ガッカリしながら読み始めてましたが、ギャグにクスクスしながら全て読みました。


読んでる途中での、会話。


私「今、どの辺?」
マナ「んと、パワーアップして、スーパーヤサイ人になる所」
私「サイヤ人でしょw」


最後まで、野菜人でした(´・ω・`)


マナ「へんな名前の人、多いね。」
私「トランクスとか、パンツだしね・・・。」
マナ「作者って、名前を考えるのがめんどうだったのかなぁ・・・(´・ω・`)?」
私「うーん・・・そうかもね(´・ω・`)」


マナさんは、ブルマーの存在を知らなかったので、説明をしても「???」でした。
時代を感じる・・・(´д`)


私「今、ブウの所?」
マナ「何か、ピッコロがイリュージョンを教える所。」
私「(゜Д゜)?????」
マナ「ほら、2人が合成して・・・。」
私「(゜Д゜)?????」
マナ「えーっと・・・。」
私「もしかして、フュージョン?」
マナ「えー?イリュージョンって書いてなかった?」
私「ご飯とトランクスが、合体するヤツでしょ?」
マナ「合成だよ!」
私「違うよwww」
マナ「わははは!おなかいたい(´∀`)」


読破後も、イリュージョンになってました。


私「うしおととらドラゴンボール、どっちが好き?」
マナ「ドラゴンボール!」
私「何で?」
マナ「読みやすいから!」
私「まぁ、そうだろうねぇ・・・。」


熱い魂を理解できるのは、もうちょっと先かな(´・ω・`)?
ドラゴンボールは、本当に読みやすいからね。


現在は、『金色のガッシュ!!』に挑戦中。

広告を非表示にする

※ここにある物の著作権は、「うっちょん」または「マナ」にあります。 無断転載等は禁止しています。
© 2002 ucchon    © 2014 mana