4歳プレイヤー登場

日付が日記の日付に追いついたので、今回の日にちから日数は書きません。


ブログのコメントに

「早速ですが、(,,゜Д゜)∩マナちゃん先生質問です!
・・・スライムタワーは何味ですか???」

と、マカ・ロニさんからマナへの質問が来ていたので、幼稚園のお迎えに行った時に聞いてみました。

私「水色と、オレンジと、緑があるけど、何味だと思う(´・ω・`)?」
マナ「オレンジは「みかん」でしょ。みどりは、「だいこんとかのはっぱ」のあじで、みずいろはー・・・えっと、「うみのなかのしお」あじーヽ(´ー`)ノ」
私「何で塩なのよ。お菓子関係ないじゃん(´Д`;)」
マナ「ほら!うみって、あおいから(*´Д`*)」
私「それに、何でよりによって大根とかの葉っぱ・・・。「とか」じゃなくて、どの葉っぱなの?」
マナ「んーー、えっとねー、にんじんのはっぱ(*´Д`*)」
私「にんじんの葉っぱって、普通食べないような・・・(´Д`;) 大根の葉っぱの方が、まだ食べるけど・・・(´д`) それじゃあ、本当に食べる事が出来るなら、皆オレンジばっかり食べそうだね。他の2種類が余ってそう。」
マナ「なんで(´・ω・`)?」
私「みかん以外、美味しく無さそうじゃん(;゜д゜)!」


マナは笑っていた。




昨日は帰りの時間が遅くて、準備を全部終わらせたら、寝るまでの残り時間が15分だった為、殆ど出来ませんでした。
その前は暫くプレイが出来なかったので、マナの為に早めにお迎えに行き、今日は1時間のプレイ時間が、取れました。


マナは、ワクワクしてログインします。
ログインしたらホワイトちゃんがいたけど、調度プレイが終わった所のようで、チャットしようとしたら、既にいなくなっていた。
残念。
マナに、「どこに行きたいの?」と聞いたら


♪かんがえちゅー かんがえちゅー
 かんがえ かんがえ かんがえちゅー♪


突然歌いだしながら「グレン領東」へ出て、「スライムベス」と戦った。


マナ「あれ? この「はし」のさき、なんだろう?」


と言うので、写真を撮ってもらいました。

↑写真に写ってる人は、サポートキャラです。
「グレン城下町」入り口横で撮ったから、きっとあの先に「グレン城下町」があるんでしょうね。
そこからすぐ近くのキラキラから、「どうのこうせき」を2つ取る。


私「あ、これで武器作れるじゃん。」
マナ「ぶきを つくるのは、レベル30になってからヽ(`Д´)ノ!」


・・・え?
何で??
何でそんな縛りを、入れるの(´・ω・`)??
よく解りませんが、固く決心していました。




面白い名前のプレイヤーを見つけたので、必死に追いかけていたマナは、その人が戦闘に入ると、応援していました。


マナ「みてて。」


その人を2回応援して、2度目は効果が出ない事を、再確認。
その人は殺られそうになり、戦闘から逃げ出していました。


私「ホイミを、掛けてあげれば?」
マナ「「まほうの小びん」ないし(´・ω・`)」


よく見たら、マナのMPが前回と同じで0でした。
宿屋には、泊まらないの(´Д`;)??




その辺をうろついて遊んでいたら、「りんか」ちゃんから挨拶がありました。
「りんか」ちゃんとは、このブログのコメントに投稿した「ふうか」さんの4歳の娘さんです。
確か、4姉妹の末娘・・・でしたっけ?
お姉さん達とは、DQで遊ばないのかなぁ(´・ω・`)?
是非一緒に遊びたいとお母さんが言ったので、フレンド登録をしていました。
今回、2人が出会うのは、初めてです。
りんかちゃんは、プクリポキャラで、僧侶レベル14でした。


マナ「こんばんはー。ルーラストーンもってる?」
りんか「もってる。まだ、あそべゆの?」


持ってると言うことは、初期村のメインシナリオのボスを、既に倒したんだね。
という事は、汽車にも乗れるんだね。
でも、別のサーバで遊んでいるようなので、申し訳なかったのですが、こちらに来てもらいました。


りんか「ねむって いくから(*´Д`*)」
私「眠って行く(´・ω・`)?」
ふうか「画面が真っ暗になるからだそうです。・・・起きたようですw」
マナ「どこにいるの(´・ω・`)?」
りんか「ねるところに いるの(´・ω・`)」


ねるところ・・・寝る所・・・あぁ、宿屋の前か。

同じエリアにいても、近くにいないとパーティに誘えないんですね、このゲームって。
普通に検索しても全然出ないので、宿屋の前へ移動してみたら・・・いました、ちっこいプクリポさん。




早速パーティを組み、「グレン領東」へと出ました。


マナ「ついてきて ほしいの(´・ω・`)」
りんか「はーい、マナおねえちゃん(*´Д`*)ノ」
マナ「・・・そのへんで、いいかな(´・ω・`)?」
りんか「よくわかんない(´・ω・`)」


マナは、「おおくちばし」がいる場所へ移動し、狩りを始めました。

狩りをしながら、マナは戸惑っているようでした。
相手は2つ下の女の子。
自分はお姉さんだから、先導しないといけない。
でも、何をしたらいいかわからない。
だって、いつも無謀な旅しかしてないから(´Д`;)




たかが2つの年の差・・・と思うかもしれませんが、この年の子供達は、1年で大分変わるんです。
考えてみてください。
うちの娘にとっての2つ下とは、自分の年に置き換えたら、6分の2年前と同じか、それより多い差のような感じなんです。
小さい子達にとっての1年とは、物凄い密度が濃い。
脳や体の発達は、小さければ小さいほど、成長が爆発的になってます。
0才の子供は、何も出来ません。
話す事も、物をつかむ事も、世の中全てを知らず、視界も30cmまでしか見えない。
まさに手探りで生きている。
しかも、感情も発達途中なので、最初は「興奮」と「安定」しかありません。
見えないし、頭の中の知識図鑑も無いので、全てを知る為に見えにくい目で見て、おぼつかない手で触り、必死に音を聞き、口に物を入れて、「硬さや味や形」等を認識し、ありとあらゆる事をインプットしていきます。
約3ヶ月で首が据わり、自力で頭を支えるようになり、約6ヶ月でその場に座る事が出来るようになり、歯も生え始め、約1歳で歩き出します。
言葉は、単語を覚え、意味も理解し、それを喉を使って自力で発しなければいけません。
英語を覚える時に、日本語で訳して理解する私達とは根本的に違い、言葉という音そのものの意味を理解する辞書など存在しないので、何度も聞いてニュアンスで段々理解していく感じなのでしょうか・・・。
お陰で、言葉を発し始めるのは、約2歳位からです。


2年だけで、ここまで大きく思考も行動も変わるんです。
そこからの成長は、徐々に緩やかになり、感情の成長が一番大きく変わっていくと思いますが、「○歳は、こういう思考が出来ない」とか、脳の発達の理由で、大人とは違う思考回路があるようです。


マナがそこまで考えてるわけではありませんが、年が下の子と遊ぶのって、同い年の子遊ぶのとは違って「面倒を見る」に近い感じなのかなぁ?
マナは保育園にも行ってたし、私の仕事の都合で幼稚園に行ってる時も、夏休みとかは保育園の一時預かりに行って、3歳とかの子供と遊ぶ・・・というより面倒を見ていたそうです。
だからきっと、マナ自身が構えすぎて緊張してるんでしょうね。


あ、ちなみに、私がマナを育てて感じた事は、3〜4歳以降から、大分お姉さんになっていってます。
だから幼稚園は、3〜4歳から入れるようになるのかもね。
少しずつ親と離れる事が出来て、多少自力で出来るようになるので。


マナは、強い敵には行かないように気をつけていましたが、ふうかさんは「強い敵に当たって殺られるのも、冒険です(=´∇`=)」的な事を言ってたので、今まで通りに気楽にやればいいのでしょう。
その辺は、一緒に遊んで徐々に慣れていけばいいと思います。
お互い、親が横でフォローしてますからね。
子供にゲーム以外の精神的な負担は、なるべく与えないようにしないとね。




「おおくちばし」を狩り続けていると、りんかちゃんが「おねえちゃん、つよいー(*´Д`*)」と叫んで喜んでいます。
可愛いね(*´Д`*)


僧侶でスティック装備の、りんかちゃん。
スティックって、殴るとMPを吸うんだけど、ダメージは相当低いので、戦闘は大変そうですよね。
攻撃力の低い短剣のダメージをみて、強いと感じてしまうくらいだし。
まあ、マナのレベルが18なので、レベル差でも強さが変わるけどね(´・ω・`)




宝箱が出ましたが、りんかちゃんが取る前に、マナが別の敵に突っ込んでしまいました。


りんか「とれないーーヽ(;´Д`)ノ」


操作に手間取ってるのかな。
ごめんね。
戦闘が終わった後、マナにちょっと待機させて、りんかちゃんに宝箱を取ってもらいました。
待ってる側からみると、マナは既に宝箱を開けてるので、箱自体が消えて何もありません。
でも、りんかちゃんから見ると、まだ取ってないから箱が存在しています。
既に消えていて何も無い所でゴソゴソと動作をして「宝箱を開けた」的な言葉だけが表示されました。
不思議な光景ですね(´・ω・`)




りんか「りんちゃんのせいで、おこったよ〜ね(*´Д`*)♪」


りんかちゃんが殴ると、敵が怒りました。
味方にそういうシステムはありませんが、敵を何度か殴ったり、ある条件を満たしたりすると、敵が怒り出して攻撃力が上がってしまいます。
暫くすると怒りが収まるけど、戦士がスキルポイントで覚える「ロストアタック」を使っても、怒りを静めることができます。




「おおくちばし」と戦いながら、りんかちゃんが言いました。


りんか「めが、かわいいね(*´Д`*)」
マナ「じぶんのめも、かわいいじゃんかー(;´∀`)」
ふうか「モーモンのお面に、反応しているようです。」
マナ「おめんかーー!!」


被り物って、子供に人気なのかなぁ・・・?




マナ「どじょう〜(*´Д`*)」
私「何でいきなり「どじょう」(´・ω・`)? DQ10と「どじょう」関係ねぇ・・・(´Д`;)」
りんか「りんちゃん、どじょういらないー(´д`) このうた すき〜(*´Д`*)」
私「戦闘曲の事?」
ふうか「そうみたいです。」


どんどん戦っています。
何度か戦ってる時、戦闘の初回で、敵の名前の左側に×印が表示され、敵が動かなくなる時があります。
これは、味方でも時々発生します。


りんか「きっと、「おひるね」なんだね。」
私「敵が、驚いてた?」
りんか「うん。」


×印が出ると同時に動かないのって、驚いてる状態を表してるんですよね。
つうか「りんかちゃん語」、結構難しいですね・・・。
ふうかさんの通訳に、期待するしかないね(´・ω・`)


マナ「「どじょう」たべるーヽ(´ー`)ノ」
私「何で、「どじょう」が出てきたんだ(´Д`;)?」
りんか「はい、りんちゃんもたべまつヽ(´ー`)ノ」
ふうか「きっと、柳川鍋の事かも(;´∀`)?」


DQ10と「どじょう」の繋がりがさっぱり解らず、気になったのでマナに聞いてみました。


マナ「なんで「どじょう」っていってたか、わかる? えーーっと、「おおくちばし」に にてるからだよ(*´Д`*)」
私「はいぃ〜〜(´Д`;)?? 全然似てねぇーーー(;゜д゜)!!」
りんか「それでいい(*´Д`*)」
私「いいのか・・・(´Д`;)」
ふうか「何が・・・(´Д`;)」


親が2人、置いてけぼり状態です(´Д`;)


↓試しに、「おおくちばし」「どじょう」の共通点を探してみました。

・・・えっと・・・。
見当たらないんですけど(´Д`;)?




敵と戦いが始まったと同時に「わるいやつが、あらわれたーヽ(`Д´)ノ」と、りんかちゃんが叫んでいます。
マナはと言うと、あれからずっとMPが0のまま。
短剣ワザも出せないし、ホイミも使えません。
殴る以外出来ないので、発狂していました。
そういえば「まほうの小びん」も、無くなってたんだっけ。
ふうかさんに宿屋へ行く承諾を得たら、りんかちゃんが突然、マナに「まほうの小びん」を使ってくれました。


私「いいのにーヽ(;´Д`)ノ」
ふうか「本人の意思です(´∀`)」
私「ありがとう〜〜(;´д⊂)」




「りんちゃん、まわって こうげきするよ(*´Д`*)」と、ちっこいプクリポは必死に、敵を殴っては下がったりして、ちょろちょろ可愛く動いていました。
そんなりんかちゃんを見ていたマナは、手に持っていた物に食い付きました。


マナ「あーーー! たて、おんなじだ(´∀`)!」


マナが持っている「スライムトレイ」と同じ物を、装備していました。


マナ「あー、スライムスライムだー(*´Д`*)!」
ふうか「ステッキもスライムですよ(´∀`)」
私「おおー!」


スライムステッキも、装備していました。


私「写真撮っていい?」
りんか「いいよ(*´Д`*)」

↑撮影しました。
プクリポって、ちっこいね(*´Д`*)




あっちこっちに移動をしながら狩りをしていたら、りんかちゃんが地面にあった、大きな裂け目を見つけました。


りんか「したにいけば いいやん。 あなのなかに(´・ω・`)」
ふうか「意味不・・・(;´・ω・`)」
マナ「いけないっヽ(;´Д`)ノ」
りんか「おりれないねぇ(´・ω・`)」
マナ「あなの おくには、なにが あるのかなぁ(´・ω・`)?」
りんか「あぶない! おちる! けがするっ(゜д゜)!!」
マナ「わははははっ(´∀`)」
りんか「あなの おくには、りんちゃんがいる(´∀`)」
ふうか「いねぇ〜〜よ(´д`)」
マナ「じゃあ、りんかちゃんが、ふたりーーΣ(゜д゜|||)!?」


裂け目周辺で、ウロウロしながら楽しむ二人。

↑マナに頼んで、写真を撮ってもらいました。




敵を倒しすぎたのか、「おおくちばし」の姿が見当たらなくなりました。


マナ「てきが、みつからないーーヽ(;´Д`)ノ」
りんか「わるやつに、いっちゃだめヽ(`Д´)ノ」


「言っちゃダメ」なのか、「行っちゃダメ」なのか、平仮名だけだと読み取れませんでした。
こんな感じでりんかちゃんがよく喋るので、メモが追いつかず、申し訳なかったんですが休憩して、ログを戻って、会話を書かせていただきました。
メモ中に、りんかちゃんが「だっこして、おねえちゃん(*´Д`*)」って言ってきたので、「すわる」モーションで座らせてみました。

↑2人仲良く座った所で、撮影。


その後、突然りんかちゃんが「ダイス!」の登録セリフを使って、ダイスを振りました。
FF11で言う所の、「/random」コマンドです。
DQ10だと、ちゃんとサイコロを振っていました。
りんかちゃんは、ダイスにハマっているそうです。
マナも試しに、ダイスを振ってみました。


マナ「ダイスって、いいやつだよー(*´Д`*) 「ホイミ」のかわりだもん。」
私「本当?」


マナがダイスを振った時、一緒にマナのHPが回復したんです。
りんかちゃんが「ホイミ」をしてくれたのか、本当にダイスの効果だったのか、私にはわかりませんでした。
もう一回試してみたけど、マナのHPが既にMAXだったので、反応はありませんでした。
うーん、ナゾだ(´・ω・`)
りんかちゃんは、横で「どじょうが、でた(´∀`)」とか言っていました。
どこによ(´Д`;)?




メモが終わったので、戦闘を再開してもらいました。


りんか「おねえちゃんが、つよいよ〜ヽ(´ー`)ノ」
マナ「はーい、ありがとう〜ヽ(´ー`)ノ」


あまり喋らない、マナ。
敵を探すのに、必死です。
徐々に「グレン城下町」から離れて、初期村の中継地点にある「獅子門」に近づきつつあったので、うろついている敵の種類が変わってきました。


マナ「キャタピラー、つよすぎますか(´・ω・`)?」
私「弱いよ(´・ω・`)」


戦いだしました。

あのー、どんどん敵が弱くなってるけど・・・いいの(´・ω・`)?
倒したら、りんかちゃんのレベルが上がりました。
おめでとう〜!
それと同時に、ふうかさんのセリフが変な事に。
「キーボードは、触らないで〜〜ヽ(;´Д`)ノ」と困ってました。
抱っこしながら、プレイしてるんだって。
キーボード以外は、自分でやってるそうです。
面白い行動が見れるのも、小さな子のプレイを見る楽しさの一つですよねw




気が付けば、後5分で1時間経ちます。
もうすぐ終わりです。


ふうか「今日は、敵が怖いとは言ってないですよ。」
私「おーー!」
ふうか「お姉ちゃんが、いるからかな(´∀`)?」
りんか「いっぱいきたよー(´・ω・`)?」


2人は、「まもののむれ」と戦っていた。
ふうかさんが前に話していたんですが、りんかちゃんは、強い敵に出会うと、リアルでコントローラを捨てて、逃げ出してしまうそうです。
マナが2歳の時に「ピクミン」をプレイしていましたが、チャッピーを見ただけでコントローラを投げ捨てて、逃げて大泣きしていたのを、思い出しました(*´Д`*)
今回は、マナがいたから、怖さが減ったのかな。
マナがホワイトちゃんと組んだ時と、同じ気持ちなのかな(*´Д`*)?
仲間が自分より強いと、心がデカくなりますよねw


同じモンスターが2匹以上だと、「○○たち」と表示されますが、別のモンスターと一緒に出ると「まもののむれ」と表示されます。
「どくろあらい」と「おおくちばし」が出たようです。


気が付けば、マナもレベルがアップ。
おめでとう!
スキルポイントをどれに振ったらいいか迷っていましたが、立ち止まって動かない状態になってしまうので、後5分ってのもあり、「決められないなら後でやって」と言ったんですが、マナは慌てて「おたから」に4ポイント振りました。
本当に、それで良かったの?




マナ「「ドラクエを やらないひ」って、あるの?」
りんか「あるよ。りんちゃん、「おかあさんに なるひ」があるの。」
マナ「え!? 「おかあさんに なるひ」ーΣ(゜д゜|||)!?」


どうやら、ままごとで遊ぶ日のようです。
小さな子供は遊びが仕事なので、どんどん遊んでください!




さて、もう終了の時間です。
お疲れ様〜!


ふうか「すみません、ちょっとギャン泣きしかけてますヽ(;´Д`)ノ」
私「あら(´Д`;)」
ふうか「マナちゃん、こんなりんちゃんだけど、遊んでね(´Д`;)」
マナ「うん、遊ぼうね(*´Д`*)」


マナのルーラストーンで「グレン城下町」へ飛んだ後、酒場で解散しました。
・・・本当は、このまま終わって寝る予定でしたが、マナは元々旅をしたかったらしく、「何もしてないよーーー(⊃д⊂)」と大泣き。
無理やりベッドに連れて行ったけど落ち着く様子が無かったので、「15分だけだよ」と言ったら、落ち着いてくれました。




マナは、1548ゴールド持っていました。
宿屋に泊まった後、1000ゴールドを預かり所に預けました。
手持ちは、548ゴールドになります。


マナ「500ちょっと、のこってるね。なにに つかおうかなぁー(*´Д`*)」


お金が貯まりにくい人の、発言っぽく聞こえます(´Д`;)
無理して使わなくていいんだよ(´д`)?




「グレン領東」へ出ると、知らないプレイヤーが、マナの横を横切りました。


マナ「「オレンジのたて」のひと、みっけーー(*´Д`*)」


スライムベストレイ」でした。
こんなのあるのかー。




♪にんにんにん にーにに にににに
 にんにんにん にーにに にににに
 てってーー こっかーらが つよいー♪


グレン領東で流れる曲に合わせて歌いながら、南にある橋を渡りました。


マナ「みてーー! きしゃぽっぽーーヽ(*´Д`*)ノ」


調度線路が見えて、汽車が通ってました。
撮影しようとしたけど、汽車が通り過ぎてしまい、間に合わず・・・。




少し歩くと、「ゲルト海峡」へと続く事を示した、看板を見つけました。(マナ撮影)


マナ「ゲルトでイベントある?」
私「知らな〜い。その先に、「モコモコじゅう」がいるんだよ。」
マナ「え? このさきに、いけるの(゜▽゜)?」


「モコモコじゅう」とは、白い毛で覆われた、丸い動物です。
名前の通り、モコモコしています。
レベル20以降位からお世話になった記憶があります。
どんどん仲間を呼ぶので、一匹をのんびり倒していると、最終的にはZまで呼び出します。
ちなみに、モンスターも4匹までしかパーティが組めないようなので、次の敵を出したかったら、3匹以下にする必要があります。
一時的に大人気でしたが、「ピンクモーモン」や「アロエおに」等の人気と共に、混雑は解消されていったよう・・・に見えます。




マナは、あちらこちらに落ちていた「キラキラ」を、拾い集めていました。
「グレン領東」は、岩と赤土だらけの土地です。
ここでは、「どうのこうせき」等が拾えます。
それと一緒に、何故か「麻の糸」も取れました。


マナ「こんなところに、「あさのいと」があったのかー。しらなかったー。」





ウロウロしていたせいか、「マドハンド」に捕まってしまった。
DQ10では敵の姿が見えますが、地中に埋まってる敵は、まったく見えません。
マドハンドねらいで戦うと、見えないものを探すので、結構大変かもしれません。
敵より弱ければ、見つけてもらえばあちらから突っ込んでくれるけど、こっちが強かったら、見つかった途端に逃げ出すし・・・。
マドハンド」は、今回のDQでも、仲間を呼びます。

マナは、「マドハンドD」まで呼ばれ、更に「ホイミスライム」も途中で呼ばれていました。


マナ「サポートとなかまが そとにでて、じぶんがなかに はいってたばあい、どうなるのかな? てきと おなじなのかな?」


敵と戦うと、その場所を中心に大きな円を描いて、白い線が地面に現れます。
そこを越えたら、逃げた事になり、戦闘が終了します。
旦那とマナの話では、敵を押して線から外に出すと、敵が消えて円の中心に再出現するそうです。
マナは、それをサポート仲間でやったら、どうなるか疑問に思ったそうです。
何でこう、デバッカーみたいな事を、考えるのだろうか・・・(´Д`;)
ちなみに、プログラマーの旦那曰く「サポートキャラも、同じ処理をされるんじゃないのかなぁ(´・ω・`)?」だそうです。
実際は、どうなるんでしょうね(´・ω・`)




マナ「おかあさんー、「マドハンド」ってなにけい? むしけい(´・ω・`)?」
私「虫じゃないでしょう・・・(´Д`;) 何だろう・・・悪魔系??」
マナ「むしは、キャタピラーだよね。ほかにきょうは、なんかと たたかったっけ?」
私「鳥とカンガルーでしょ。」


マドハンド」って、種族は何系何だろう(´・ω・`)
・・・残り時間3分です。




私「今日は、この辺でウロウロでいいの?」
マナ「うん。」
私「あ、もしかして、マドハンドから大事な物狙い?」


マナは、こくりと頷いた。
・・・あれ?
旅はしないの(´・ω・`)?


何匹か倒した後、「マドハンド」の撮影の為に、マナからコントローラを借りて撮影を試みました。
・・・が、やはりサポートキャラがいたので、そっちに行ってしまい、追いかけっこ状態。
ついには「ホイミスライム」も出たので、それも一緒に撮影しようと、更に追いかけっこ。
気が付けば、マドハンドHまで出ていて、僧侶のMPが切れてしまい、死亡。
マナキャラ1人じゃ、4匹のマドハンドは倒せず、逃げました。
ごめんなさい(´・ω・`)




時間オーバーになっちゃったけど、ルーラストーンで「グレン城下町」へ戻り、酒場で落ちました。


今日は、色々あったね。
4歳って、まだ舌っ足らずだったんだね。
そういえば当時のマナも、発音が苦手だった音が、あったかもしれない。


・・・おちまい。


このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
↓よかったら、応援クリックをお願いします。

広告を非表示にする

※ここにある物の著作権は、「うっちょん」または「マナ」にあります。 無断転載等は禁止しています。
© 2002 ucchon    © 2014 mana