【MIDIデータ作成】Synth1の各パーツの説明2 : Oscillators - 1 - det FM sub

現在やっているT.M.RevolutionHOT LIMIT ~Y&Co. Remix~」耳コピの為に、効果音の音作りを自作でする為のシンセサイザー学習メモです。

耳コピ途中報告(HOT LIMIT ~Y&Co. Remix~ / T.M.Revolution)

Synth1

今回もSynth1を使って、シンセサイザーの勉強をします。
完全に自分用のメモです。
Synth1
▲これがSynth1で、フリー音源です。

【ダウンロード&操作説明等リンク先】




目次



Oscillator1(オシレーター1)

Synth1_Oscillators_オシレーター1
前回は波形の説明を纏めたので、今回はOscillator1内にある波形以外の部分を纏めます。


detune(デチューン)

detune(デチューン)とは】
シンセサイザーが持っている機能の一つで、複数のOscillatorのチューニングを微妙にずらす事を言う。
複数のOscillatorを互いにデチューンさせる事で音にうねりが発生し、厚みのある音を作る事ができる。

偏ったDTM用語辞典「Detune デチューン」より

  • synth1では、Oscillator1専用の8多重デチューン(8つの同じ音の波形をそれぞれ微妙にずらして同時にならす)つまみ。
  • 8多重デチューンなので、ノコギリ波で使えばSuperSaw(スーパーソー)になるらしい。
  • コーラスエフェクトのような効果を出すが、ビブラート効果は無い
  • 音程ではなく波形そのものを微妙にずらしている
  • つまみでそれぞれのずれ幅を設定する。
  • ずれ幅を大きくしすぎると、音が汚くなるので注意。
  • 「detune」を直訳すると、狂わせる」という意味になる。
  • 大勢の人達が同じメロディを歌うと、全員が寸分の狂いもなく同じ音程で歌うわけではなく微妙な音の違いが出るのですが、detuneはそれを疑似的に作ってる感じのようです。


ノコギリ波にdetuneしてみた

detune1-127_波形と周波数
ノコギリ波2_detune_0-127(単音版)
上記にある波形と周波数と音は、ノコギリ波をデフォルト状態で単音で鳴らし、
detuneのつまみを「0~127」へと上げたものです。
つまみが「1」になっても音が大きく変化するので、つまみを回すスピードの初速度を落としています。

detune2_0-6-32-64-127_波形と周波数
ノコギリ波3_detune_0-6-32-64-127(単音版)
上記にある波形と周波数と音は、ノコギリ波をデフォルト状態で単音で鳴らし、
detuneのつまみを「0→6→32→64→127」と段階的に上げたものです。
周波数の動きを見れば分かりますが、
音程をいじっているわけではないので基本の山の位置が固定されています。
これが、Oscillator2にあるpitch(ピッチ)やfine(ファインチューン)だと音程が変わるので、基本の山の位置そのものが横にずれていきます。
(後にOscillator2で纏める予定)

コーラス (音響機器)の動作原理と構造】
コーラス効果は遅延素子によって数十msec程度遅れた音声信号に対してLFOで周期的な遅延時間の揺らぎを与え、原音と空間上または回路上でミックスすることで実現される。
一般にエフェクト音から入力に対してのフィードバックはかけない。(中略)
なお、原音をカットし、エフェクト音のみを出力した場合、それはヴィブラート効果となる。


上記の方法の他に、ピッチシフターを数セントずらして原音とミックスすることでも、似たような効果が得られるが、この場合は上記方法のような音の揺れが無い(デチューン効果)。


SuperSaw(スーパーソー)

SuperSaw(スーパーソー)とは】
1997年にローランドが発売したアナログモデリングシンセ JP-8000 に搭載されていた基本波形の事
お互いにデチューンされた7つの鋸歯状波を重ね合わせたものであり、正確にはローランドのシンセサイザーに搭載されたオリジナルの波形である。
しかし、この音が広く受け入れられると共に一般名称に近い扱いを受けるようになり、これに近い音色全般を指してスーパーソーと呼ぶ

偏ったDTM用語辞典「SuperSaw スーパーソー」より

[DEMO] Roland JP-8000: SUPER SAW oscilator
▲本家のSuperSaw


【Synth1】Supersawの作り方【how to】
▲Synth1で再現したSuperSaw

【SuperSawの作り方】
  1. ノコギリ波を選択する。
  2. voice(ボイス)やunison(ユニゾン)を4以上に設定する。
  3. detune(デチューン)を35~50%程に設定する。
  4. 少しだけリバーブをかける。
  5. コンプレッサーをかける。
  6. 高音がキンキンと痛ければ、EQ(イコライザー)で調整してカットする。

【詳細は、以下のサイトへ】
EDMシンセサウンド攻略① SuperSawサウンドを作る | 初心者でもわずか7日間でオリジナルEDMが作れるようになる楽曲制作メソッド


FM(エフエム)

FM(エフエム)音源とは】
シンセサイザーの波形合成方式の一つ。(中略)
複数のオペレーターと呼ばれるOscillatorを組み合わせ、非常に高い周波数での周波数変調 (Frequency Modulation) をかける事で倍音を作り出す。(中略)


それまでのシンセサイザーで一般的だったサブトラクティブシンセシス方式では困難だった金属的な音を作るのが得意だが、一方でパラメータの変化に対して音色の変化が予想しづらく、意図した通りの音を作るのは難しい

  • FMは、FrequencyModulation」(フリークエンシーモジュレーション)の略です。
  • 和名は周波数変調
  • FMは、1つの波形内にある波の数を変えている(今回は増やしている)ようです。
  • つまみを大きく回すと、金属音に近い音が出来る
  • 金管楽器金属系の音を作る時に使われることが多い。
  • 原理はLFOと同じらしく、元の周波数に別の周波数をぶつけて揺らして波形を変調させている
  • LFOは人には聞こえないくらいの低周波を使っていますが、FMはLFOよりも高い周波LFOの100倍らしい)を使っています。(LFOについては、別で纏める予定)
  • 変化する波形側(Oscillator1)を「キャリアと呼びます。
  • ぶつける波形側を「モジュレーターと呼びますが、Synth1ではOscillator2で指定します。
  • Synth1でのFMのモジュレーターはOscillator2で指定するので、サイン波を選ぶ事が出来ません。
  • つまみは、モジュレーター側の揺れ幅(波形図で見ると縦の長さ)を調整します。
  • 変調での挙動はカオスである為、パラメータの変動による倍音変化は予測し難い
  • Oscillator1と2をブレンドさせるmixが「100%:0%」でも、FMには関係なく2の影響を受ける
  • Oscillator2にあるring」ボタンがonになっていると、FM変調は出来ない

FMの説明


4種類のモジュレーターでの反応

「サイン波」←三角波をぶつけて揺らすFM1_三角-サイン_0-127_波形と周波数
サイン波2_FM三角波_0-127(単音版)

「サイン波」←ノコギリ波をぶつけて揺らすFM1_ノコギリ-サイン_0-127_波形と周波数
サイン波2_FMノコギリ波_0-127(単音版)

「サイン波」←矩形波をぶつけて揺らすFM1_矩形-サイン_0-127_波形と周波数
サイン波2_FM矩形波_0-127(単音版)

「サイン波」←ノイズをぶつけて揺らすFFM1_ノイズ-サイン_0-127_波形と周波数
サイン波2_FMノイズ_0-127(単音版)
上記は音源をデフォルト状態に設定し、それぞれ一定のスピードでFMのつまみを「0→127」へと上げたものです。
波形を見るとよく分かりますが、1つの波の中から新たな波が追加されています。


「サイン波」←ノコギリ波をぶつけて揺らすFM2_0-32-64-96-127_波形と周波数
サイン波3_FM_0-32-64-96-127(単音版)
上記は音源をデフォルト状態に設定し、一定間隔でつまみを「0→32→64→96→127」へと回したものです。
サイン波を揺らして一つの波の中に新たな波を作り倍音が追加されていますが、
波そのものは一定なので、周波数はそれぞれの形で固定されているのが分かります。


FM数値による波形の変化

「サイン波」FM=0 モジュレーター「ノコギリ波」サイン波_波形
FM=32サイン波-FM32ノコギリ波_波形 FM=64サイン波-FM64-1ノコギリ波_波形
FM=80サイン波-FM80ノコギリ波_波形 FM=96サイン波-FM96ノコギリ波_波形
FM=112サイン波-FM112ノコギリ波_波形 FM=127サイン波-FM127ノコギリ波_波形
分かりやすく静止画像を並べてみました。
サイン波が変形しているのが分かると思います。

FM=64パターン1サイン波-FM64-1ノコギリ波_波形 FM=64パターン2サイン波-FM64-2ノコギリ波_波形
FM=64パターン3サイン波-FM64-3ノコギリ波_波形 FM=64パターン4サイン波-FM64-4ノコギリ波_波形
しかし、上記のように毎回音を鳴らす度に波の形状が変わります
これが「変調での挙動はカオスである」という意味だと思われます。


FMでの影響

Synth1でのFMは、「Oscillator1の波形にOscillator2の波形をぶつけて揺らして新しい波形を作るというのは理解できました。
しかし、Oscillator2のグループ内には、Oscillator2の波形そのものを加工するツールが付いています。
試しにFM加工した状態でOscillator2を加工するツールをいじってみた所、しっかり影響を受けて反応していました
Synth1_Oscillators_FMでの影響
ちなみに、Oscillator1とOscillator2をブレンドさせる機能の「mix」を
「Oscillator1=100%:Oscillator2=0%」の状態にしても、
Oscillator2の音を出すわけではなくぶつけてるだけなので、FMではmixに関係なく影響は受けています
mixのつまみを回したら、FMの影響を受けているOscillator1と単品のOscillator2がmixの割合に合わせてそれぞれ音を出していきます。

つまり、FMで影響を与える側のモジュールと、mixで出したいもう一つの音をそれぞれ別に設定することは出来ません


FM音源講座動画

FM音源講座
▲FMに関する講座動画がありました。


詳しくは、下記にあるFMに関する説明を御覧下さい。

【FMの詳細説明】


Sub Oscillator(サブオシレーター)

Synth1_Oscillators_sub

  • Sub Oscillatorは、Oscillator1専用のオプションです。
  • Oscillator2には影響を与えない。
  • Oscillator3代わりのオマケ程度の機能しかない
  • 出来る事は以下の二つ。
    • subで設定した波形とOscillator1の波形を混ぜて出す
    • subの音を1オクターブ下げる
  • subの設定がメインのOscillatorとまったく同じだった場合は、ブレンドしても同じ音しか出ないので、変化はない。
  • サブは、メインでのFM設定の影響を受ける
  • サブではパルス波の設定が出来ず、p/wを回しても矩形波のまま
  • サブではring変調(AM変調)の影響は受けない


sub(サブ)

  • Oscillator1にSub Oscillatorを追加させるつまみです。
  • つまみは、subの追加量を表している。
  • つまみをmaxにしても、メインの音が消えるわけではない
  • メインの音にサブの音が加算されるが、音量は自動で調整される。


オクターブ切り替え

  • subの音を、メインと同じにする1オクターブ下げるか設定する。


【参照サイト】

【MIDIデータ作成】Synth1の各パーツの説明1 : Oscillators - 波形

現在、T.M.RevolutionHOT LIMIT ~Y&Co. Remix~」耳コピを製作中なのですが、元に近い効果音の音源が見つからずに困ってて、Synth1で作ってしまおうと思い本格的にシンセサイザーの勉強をする事にしました。

耳コピ途中報告(HOT LIMIT ~Y&Co. Remix~ / T.M.Revolution)

Synth1

Synth1をある程度把握すれば、他のシンセサイザーソフトも使いこなせそうなので、各パーツの名前や使いどころやサンプル音等を纏める事にしました。
説明動画やサイトはいくつか見ましたが、情報がばらばらで混乱したので、今後忘れてしまうだろうと予想。
完全に自分用のメモです。
Synth1
▲これがSynth1で、フリー音源です。

【ダウンロード&操作説明等リンク先】




目次



Oscillators(オシレーターズ)

Synth1_Oscillators
オシレーターは発振器の事らしいですが、
シンセサイザーソフトでは、音素材の波形を作る所を指すようです。


Oscillators - 波形

Synth1_Oscillators_波形
オシレータズ内では、波形を選ぶ場所3か所あります。
以下では、それぞれの波形説明を纏めました。


サイン波

  • 画像は波形の形をそのまま表している。
  • 和名は正弦波
  • 倍音を含まない純粋な基音のみの波形で、厳密な意味では自然界には存在しないらしい。
  • 別名「純音」「ピュアトーン」等。
  • 倍音がないと、減算フィルターが使えないらしい。
  • 波形とは、基本的にサイン波の重なりで出来ている。
  • フルートに近い、丸い音
  • 楽器に似せて使う事はあまりない。
  • 柔らかい「PAD」「単音でカウンターメロディ」「打楽器系」等で使用される事が多い。

サインとは】sin(x)のグラフの形をしているので、サインという名前を付けられたようです。

倍音とは】
楽音の音高とされる周波数に対し、2以上の整数倍の周波数を持つ音の成分。

PADとは】
曲のバックで鳴っている持続音の事
音の隙間を埋め、雰囲気を盛り上げるなどのために使用される。
「白玉」全音符の事)と呼ばれる場合もある。
また、パッド向きの音色の事を指す場合もある。

偏ったDTM用語辞典「Pad パッド」より

サイン波-波形
サイン波の波形Synth1の波形アイコンと同じ形をしている。


サイン波-周波数
サイン波の周波数倍音が無いので、山が一つしかない。

サイン波1(単音版)
サイン波1(音階版)
上記にある二つの音は、デフォルト状態で鳴らしたものです。


三角波

  • 画像は波形の形をそのまま表している。
  • 倍音は、奇数次倍音(奇数のみの倍音)のみの波形。
  • 倍音が少なく、柔らかい音
  • 「大人しめのベースライン」「PAD」「加工して打楽器系」に使われる事も。
  • 「オカリナ」「ピッコロ」等の楽器系の再現に使われる。
  • サイン波に似た丸い音
  • 下側の頂点と上側の頂点の間を同じ傾きの直線で繋いだ波形。

三角波-波形
三角波の波形Synth1の波形アイコンと同じ形をしている。


三角波-周波数
三角波の周波数倍音があるので、山が複数出ている。

三角波1(単音版)
三角波1(音階版)
上記にある二つの音は、デフォルト状態で鳴らしたものです。


ノコギリ波

  • 画像は波形の形をそのまま表している。
  • 倍音は、全ての倍音を含む波形
  • 音が明るく、エディット効果が出やすい波形
  • シンセの世界では、一番使われる波形
  • 「ブリブリベース」「リード」「PAD」「アルペジオ」「トランス系」等に使われる。
  • 上昇タイプと下降タイプがありますが、こちらは下降タイプ
  • 上昇タイプと下降タイプの違いは横線を軸に反転している状態ですが、音色的には同じらしい。
  • メジャーな方は上昇タイプですが、Synth1は開発の都合で途中のバージョンから下降タイプに変更したらしい。

エディットとは】
入力されたデータの音高を変更したり、音の強さ、長さを変更したりして音楽的な表現を加えていくことを指す。

コドバンク内の音楽用語ダス「エディット [edit]」より

リード楽器とは】
リードによって音を発生させる楽器の総称。
リードで楽器の管内部の空気を振動させるクラリネットオーボエ・パイプオルガンなどと、リードそのものが発音源となるハーモニカ・アコーディオンリードオルガンなどがある。

アルペジオとは】
和音を構成する音を一音ずつ低いものから(または、高いものから)順番に弾いていくことで、リズム感や深みを演出する演奏方法。
日本においては順番に弾くことだけではなく、コードを抑えた状態で弦を一本ずつ弾く事全般を言う場合もある。

トランスとは】
ハウスから派生したエレクトロニック・ダンス・ミュージックの一種である。
125から150くらいまでのBPM(テンポ)のリズムに加え、うねるような旋律を奏でるのが特徴。
そのリズムやメロディは、さも脳内の感覚が幻覚や催眠を催す「トランス状態」に誘うかの様な様式からトランスと呼ばれている

ノコギリ波-波形
ノコギリ波の波形Synth1の波形アイコンと同じ形をしている。


ノコギリ波-周波数
ノコギリ波の周波数全ての倍音があるので、山の数が一番多い

ノコギリ波1(単音版)
ノコギリ波1(音階版)
上記にある二つの音は、デフォルト状態で鳴らしたものです。


矩形波・パルス波


矩形波

  • 凸凹の横幅の比率が「50:50」の時のみ矩形波と呼ばれる。
  • Synth1では、p/w(パルスウィズ・モジュレーション)が「127」(一番右に回した状態)の時が「50:50」になる。

矩形波-波形
矩形波の波形Synth1の波形アイコンと同じ形をしている。

矩形(くけい)とは】すべての角が直角の、四辺形。
つまり、長方形の事


パルス波

  • 凸凹の横幅の比率が「50:50」以外の時は、全てパルス波と呼ばれる。
  • 形状は、パルス信号に似ている
  • Synth1では、比率は左側が大きい数値(「75:25」等)にしかなりませんが、逆の比率が可能だとしても音的には同じらしいので、その設定は必要ないようです。

パルス波-波形
パルス波の波形Synth1のOscillators内にある「p/w」を動かすと、比率が変わる


矩形波-周波数
矩形波の周波数三角波と同じ奇数倍音のみなので山の数も同じだが、倍音音量が多いので三角波よりも少し縦長

矩形波1(単音版)
矩形波1(音階版)
パルス波1 幅「75:25」(単音版)
パルス波1 幅「75:25」(音階版)
上記にある四つの音は、デフォルト状態で鳴らしたものです。


ノイズ

  • 周波数が不規則なので、音という概念がない
  • 全ての周波数を含んでいる。
  • 音程(ピッチ)が全くない
  • 打楽器系で使われやすい。
  • 効果音として使われる。
  • 全ての周波数を含んでいるので、フィルターの反応が一番いい
  • ブレスノイズとして仕込まれたりもする。
  • 音をざらつかせたい時にも使う。
  • 大きく分けて、ホワイトノイズピンクノイズがある。
  • Synth1には、ホワイトノイズのみ入っている

ホワイトノイズとは】
  • 物理的に全ての帯域が同じ大きさで鳴っているノイズ。
  • 明るめで、一番使いやすい。

ピンクノイズとは】
  • 聴感上全ての帯域が同じ大きさに聴こえるノイズ。
  • 暗め

ノイズ-波形
ノイズの波形Synth1の波形アイコンは、少し分かりにくい。


ノイズ-周波数
ノイズの周波数全ての周波数が含まれているので、それぞれの山は小さい。

ノイズ1(単音版)
ノイズ1(音階版)
上記にある二つの音は、デフォルト状態で鳴らしたものです。
音程が無いので、音階で鳴らしても同じものが繰り返される。


ノイズの使い方を簡単に説明している動画

【synth1講座】効果音のつくりかた2【実践編7】



【参照サイト】

捻挫を甘く見ていた・・・

リングフィットをしていたら、足首を捻挫してしまいました。
初だったので「足首をひねったかな?」程度にしか思っておらず、1日様子を見て運動を再開したら、悪化して足首が腫れました(´д`)
症状を検索したら「足関節捻挫」と完全に一致。
捻挫は

  • 患部を冷やす
  • 挙上する
  • 絶対安静

らしいので、冷感シップを買って貼り、なるべく足を少しでも上に上げるようにし、風呂でも足だけ湯船に入れないようにしていました。
休み明けに病院に行った所、やはり捻挫と診断されました。
治った後のストレッチが大事なので、1~2週間後に再診する事になりました。

お医者さんの話だと

  • 冷感シップは冷やしていない
  • 温感シップは温めていない
  • 両方とも、そう感じるだけ
  • 両方の効果は、痛みと炎症を抑えるのみ

らしいので、驚きました。
家でやる事は

  • 1日20分位、患部に保冷材などを当てて冷やす
  • 市販のシップを、そのまま続行して使用する
  • なるべく安静に

と教えられました。

痛みが取れるまで1~2週間掛かるそうなので、暫くリングフィットはお休みです。
しかし・・・運動不足すぎるわ(´д`)

デンマークの資料用として、纏めブログを作りました。

はてなブログは、1つのアカウントにつき3つまで無料でブログが作れます。
デンマーク大使館のツイッターを巡っていたら、過去ツイートを日付範囲指定で検索してちょっとずつ表示させなければ見れなかったので、気軽に簡単に写真を見たいと思って色々纏めていたのですが、

  • リツイートしてハッシュタグをつけてツイログで見ようと思ったけど、私のツイートがリツイート祭りになってウザいからやめる。
  • ツイッターのモーメントに登録してみたが、100ツイートを超えると最初に登録したものから消えていく仕様だったので、断念する。
  • トゥギャッターで纏めようと思ったが、過去表示検索数に限りがあったのでやめる。

結局ブログで纏めようとなりました。


んで、早速設定画面で「新しいブログを作る」を押しても、エラー画面に飛ばされるだけで何も出来ず。
アドブロックをoffにしてもだめ。
実は一度「新しいブログを作る」を試したことがあったので、この反応は確実におかしいと分かっていました。
だから、公式に直接問い合わせをし、返答を待っています。


でも待ちきれなかったので、昔作った新しいブログのバックアップを取って構築し直して作ってみたのですが、カテゴリーの表記がおかしい。
ここのメインと同じ土台を置いたにもかかわらず、サブカテゴリーの表記が独立しちゃいます。
暫く格闘してましたが半日で挫折して、一から作り直そうと思ってブログそのものを削除しました。
・・・「新しいブログを作る」を押しても、エラーが出る。
またここに戻ってしまった・・・。
何でだ・・・?


結局、アカウントを新しく作りました。
・・・と言っても、はてなではサブアカウントが作れます。
サブはメインと紐づけされてますが、完全に別アカウントなのでログインし直さないとダメ。
面倒だったから放置してましたが、苦肉の策で作りました。


そうして完成したのがこちら。
ucchon2.hatenablog.com
完全にデンマーク限定で纏めています。
1時間とかちょっと時間があるときに、ちょこちょことINSIDEに関して色々検索していましたが、デンマークに関しては完全に無知だったので、あちらの情報が欲しくて色々調べていました。
そうしたら、ブックマークの中身が沢山に・・・。
多すぎてよく分からなくなったので、ほぼ自分用として纏める事にしました。
INSIDEに関係して調べてるから、内容がちょっと偏ってます。
他の人には、何の役にも立たないかも(´・ω・`)

また太った・・・

くそー、ダイエットせねばーー!!


任天堂スイッチ専用ソフト「リングフィット アドベンチャーを、予約しちゃいましたーー!!


完全に任天堂の掌の上で、踊らされています。
後悔はしていない(´・ω・`)


※ここにある物の著作権は「うっちょん」または「マナ」にあり、 無断転載・複製・加工等は禁止しています。
画像の直リンクも止めて下さい。
【お問い合わせ】ucchon@hotmail.com
© 2002 ucchon    © 2014 mana