武器作りが、楽しいようです。

ログインしたら、お手紙が一通届いていた。
ワクワクしながら、手紙の差出人を見る、マナ。
なんと、ねむいちゃんからの手紙だった。
日付は11月13日

まなちゃんへ
いつもなんじごろゲームしてるの?
またいっしょにあそぼうよ!
ねむいより

イチゴ模様の、便せんでした。


マナは早速、竜と剣の水玉便せんを購入して、お返事を書きました。

ねむいちゃんへ。
4じから5じくらいには、いるとおもうよ。
いないひも あるけど、
あそべたら あそぼうね。
☆マナより☆

毎日はインしてませんが、幼稚園の延長がある日と無い日で、ちょっとイン時間がずれるけど、今後は大体それ位なら、入れそうです。
前は、寝る前だったけどね。




旦那の家に行き、私と旦那がタンスに入れた鉱石を色々と受け取り、グレン城の武器鍛冶職人ギルドへ。

早速、まだ作ったことが無い武器を、制作。

・「てつのオノ」(6つのゲージ中2つはみ出たので、「しあげる」ボタンを押す時に、怖くてうつ伏せになっていました。・・・☆なしで成功。)
・「てつのムチ」(8つのゲージ中1つ届かなかったので、「しあげる」ボタンを押す時に、怖くて丸くなってました。・・・☆なしで成功。)
・「せいどうのかなづち」(ゲージが6つ。特に問題なく☆1つ付きで成功。)

気が付けば、武器鍛冶職人のレベルが、9になった。
この時点で、現在ある材料で作れるものが終わるが、いっぱつしあげの☆マークにしたいので、まだ☆マークになっていない武器をひたすら作りまくった。




何個か作ったら、「どうのこうせき」が足りなくなったので、グレン領東へ。

キラキラ集めを始めました。
「するどいツメ」も欲しかったようで、「おおくちばし」から取ろうと考えたようです・・・が、戦う前にやめました(´・ω・`)
レベル上げ戦闘すら3匹で飽きちゃう子が、素材集めの為に敵を何匹も狩ろうなんて・・・無理ですね(´・ω・`)


マナ「おかあさん、おしえて ほしいんだけど(´・ω・`)」
私「なに?」
マナ「レンジャーに なるための クエストのばしょって、どこだっけ?」
私「ああ、確かカミハルムイだったと思う。 ぬすむがあれば受けられるけど。」
マナ「あー、そっか(´∀`)!」


と言って、ルーラストーンでグレン城下町へ。

でも・・・敵が倒せるかどうかが問題だけどね(´・ω・`)
ちなみに、キラキラは、グレン領東入口にある2つの「どうのこうせき」しか、とってません(´Д`;)




カミハルムイに行く前に、酒場でサポートキャラを雇います。

最初に僧侶を雇おうとしていましたが、何故か今度はオーガの女性ばかり探し始めました。


私「何で(´・ω・`)?」
マナ「だって、おおきいからー!」


いや、だって・・・前は、「怖いからヤダ」とか言ってたじゃん(´Д`;)
なかなか見つからなかったようで、やめちゃいました。




グレン領西へ。

マナ「ざいりょうあつめを、いろいろやろうかな〜。」


気分が戻ったようです。
目にした敵を、殲滅する作戦に出ました。
あと、キラキラも集めるそうです。
「おおくちばし」「どくろあらい」「シールドこぞう」を、2回攻撃で仕留めています。
強くなったねヽ(´―`)ノ
あれ?「どくろあらい」って、「けものの皮」を落とすんだよね?


私「武器鍛冶には、使わないような・・・。」
マナ「うって、おかねにするの!」
私「お金貯めて、どうするの?」
マナ「きんのネックレスをかうの(*´д`*)」
私「(´Д`;)・・・1万ゴールドを貯める計画は、どこに行ったの?」
マナ「かってから! とりあえず 5000ためてから、ヴェリナードにいって、かうのヽ(`д´)ノ」
私「ネックレスって、いくらするの?」
マナ「わかんない(´・ω・`)」


ちなみに、現在のマナさんの所持金は、811Gです(;´・ω・`)
本気を出したマナさんは、果たして5千ゴールドを貯められるでしょうか?
その前に、素材集めにいつ飽きるでしょうか!?




どくろあらい討伐100体達成しました!


数匹倒した所で突然、ドラキーからのお知らせが来ました。
おお、今日のバージョンアップから、100体倒すとお知らせが来るのね。
これは、便利だわ。
100体倒すと、小さなメダルが1つ貰えるんですよ。
200倒しても300倒しても、もう貰えませんが。


お知らせ表示を見た途端、「何事(゜д゜)!?」という顔をしてましたが、小さなメダルが貰える話をしたら、口を大きく開けて驚いています。
そしてすぐに目をキラキラ輝かせて、早速メダルをくれる人がいる、娯楽島ラッカランへ向かいました。
メダルを1つ手に入れた途端、メダルオーナーと話をしますが、また連打していたので、素材の「レッドアイ」を選択。
危うく、交換しそうになっていました(´д`)


マナ「なんでラッカランとレンドアさぁー、おそとに いけないんだろうねぇ?」
私「しらない〜。 だって、小さな島だもん(´・ω・`)」




すぐにグレン城下町へ戻り、再度グレン領西へ出て、近場にいる魔物を手当たり次第に倒していました。

マナ「サボテンって、どこからきたんだろう・・・?」


と、グレン領西を見まわしながら、私に聞いてきました。


私「サボテンは、元々お水が少ない所に生えてるけど・・・どこから来たとか言われてもわからないなぁ(´д`)」
マナ「みずあるよ。」
私「どこにあるの?この辺って元々お水が少なかったんじゃない?地面カラッカラだし。」
マナ「そのへんにいっぱいあるよーー!」


見渡す限り、砂と岩なんだけど・・・(´д`)
マナは、「リアルの話だよーーヽ(`д´)ノ」と、訳が分からない事を言ってましたが、リアルでグレン領西とか無いから!!




10分間狩をしたら飽きたようで、グレン城下町に戻りました。

いらないアイテムを売り、私がツボ職人で必要だと伝えたアイテムは、再度旦那の家に行って、家具にしまいました。
ついでに、カーペットに「こんにちは(*´д`*)」とごあいさつ。
いや、意味わかんないから。
旦那の家の看板には、「:-)」とだけコメントが書いてあります。
それを見たマナは、「(´・ω・`)???」だったので、「横から見てごらん」と教えたら、納得した様子。
「にやぁ〜〜っ(*´д`*)」と顔が変わりました。
それからは看板を見る度に、顔を横に傾けて笑っています。


今日は、旦那の家でログアウトしました。
※追加画像は、しばらくお待ちください。


このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
↓よかったら、応援クリックをお願いします。

広告を非表示にする

※ここにある物の著作権は、「うっちょん」または「マナ」にあります。 無断転載等は禁止しています。
© 2002 ucchon    © 2014 mana