読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お久しぶりの、ねむいちゃん

6歳マナのDQ10

ログインしたら、メギストリスの都にある、駅のホームにいました。
今日は、大型バージョンアップの日。
1.3にアップしてまして、色々修正と追加がされたようです。
マップが広くて苦情があったのか、メギストリスの都には、ショートカット用のワープが出来ました。
「なにこれ〜」と言いながら、ワープ。
ワープ先にあった、美容院と仕立て屋へ。
ドレスアップクエストを受けられるレベルが、32以上だったので、マナは受ける事が出来ませんでした(´・ω・`)
今回の追加で、「染色屋」ができました。
防具の色を指定色に変えられるようですが、材料の花が無いので、変えられません。


マナ「これ、どうやって てにいれるの?」
私「家の庭で、育てるんだよ。」
マナ「えーー!??」


レンタル屋がありましたが、まだ開店していなかったので、自宅に戻って、雲上地区に追加された「タネ屋」へ行くことにしました。


・カカシつきの畑     1000G
・レッドローズのタネ   100G
・イエローリップのタネ  100G
・バニラリリィのタネ    100G


染物屋では、選べる色が結構あったので、各住宅村に別色のタネが、売っていそうですね。


マナ「ああああーーー、いま99しかもってないーー!! タネかえないよぉーーヽ(;´д`)ノ」
私「じゃあ、預り所からお金を取ってきたらいいじゃん。」
マナ「うん、ドルワームいってくる!」
私「何でドルワーム(´・ω・`)?」
マナ「クエうけるのー!」


討伐隊がドルワーム入口にいたので、早速話しかけて、クエストを受けていました。
1日1回出来て、指定された敵と数をこなせば、経験値が多くもらえるものらしいです。
ちなみに討伐隊NPCは、各街の入り口に立っています。
依頼内容は、名声レベルに応じて、種類が増えるようです。
マナは、「さんぞくウルフを10匹倒す」ものを選びました。


ドルワーム王国入口から南に目を向けると、目の前にワープポイントが。


マナ「よかったーー(´∀`)・・・って、カラクリのエレベータひつようないじゃん(゜д゜)!! おかあさん、けんじゃのクエどこ?」
私「城の中の3F。」


「さんが〜い、さんが〜い・・・」と呪文のように呟きながら、ドルワーム水晶宮の賢者クエストを受ける場所へと、移動していました。


今回、「賢者」バトルマスターの職業が追加されましたが、受ける為に必要なスキル技とかは特にないので、マナも気軽に受けていました・・・が。


マナ「つまんなーーいいヽ(`д´)ノ!!」


突然、叫びだしました。


私「つまんないなら、ドラクエ終わればいいじゃん。」
マナ「やだヽ(`д´)ノ ドラクエは おわりたくない!」
私「じゃあ、何がつまらないのよ(´・ω・`)?」
マナ「ないしょ・・・(⊃д⊂)」


半泣き状態なのに、何でやめないんだ?
少し落ち着いた所で、プレイ再開。
メギストリスの都へ、飛びました。


マナ「おかね おろしてくる〜。」


預り所に2万ゴールドを預けていたけど、2000ゴールドおろして、自宅に飛びました。




・・・と、突然ねむいちゃんから、パーティのお誘いが。
おお、久しぶりだ〜。


ねむい「マナちゃん、どこー?」
マナ「ここー。」


雲上地区へ行ったマナは、畑とタネを一つずつ買っていました。
早速畑を設置していたら、ねむいちゃんがマナの家へ。


私「畑を設置して種をまきましたが、見た目何も変わらず。」
マナ「なんにもな〜い なんにもな〜い」
ねむい「なにするー?」
マナ「わかんない〜。」
みらこ「討伐隊受けたそうです。今日から追加されたクエストみたい。」
私「ああ、あれって、人によって内容違うみたいなんです。」
みらこ「そうなんですか(´・ω・`)」


グレン城下町へ戻った、二人。

私「ねむいちゃんは、何を受けたの?」
みらこ「どくろあらいのようです。」
私「マナは、さんぞくウルフのようなので、2人のをとりあえず終わらせますか。」
みらこ「そうですね。」


2人はグレン領東で、どくろあらいを10匹倒しました。

その間、親同士で新職業のクエ話で、盛り上がっていました。


終わってすぐ、グレン城下町へ。

私「サポいます? こっちは雇ってないみたいです。」
ねむ「いなーい!」
マナ「ねむいちゃん、そうりょだよ。」
私「ああ、それなら大丈夫だね。」
ねむ「しぶでーー(゜д゜)」
マナ「ぶぇーーΣ(゜д゜|||)!!」
みらこ「死ぬでーと言ってるそうです(;´・ω・`)」


グレン城下町で、ねむいちゃんがNPCに報告をした後、グレン領東へ再び出て、そこからザマ峠へと向かっていました。

討伐クエストって、倒す場所まで指定されてるから、あえて生息数が少ない所を指定してきたりして、結構面倒なのもいます(´д`)
グレン城下町からゲルト海峡へ行く途中に、マドハンドにぶつかったが、逃げるマナ。

ねむい「やっつけないの?」
マナ「やっつけまちぇーん(´д`)」
ねむい「やっつけないと、レベルあがらないよ(´・ω・`)?」
マナ「そだけどねー(´・ω・`)」


「とうろくするー、しんだときの。」と言って、ゲルト海峡の中間点にある、橋上の宿で、お祈りしました。

ねむい「マナちゃん、やさしー(*´д`*)」
マナ「えへへへ(*´д`*)・・・って、なんで(´・ω・`)?」
ねむい「まってて くれるからー。」
マナ「えへへへ・・・(*´д`*)」
ねむい「うふふ・・・(*´д`*)」


ランドンフットに到着した、2人。

マナ「とおっ!」
ねむ「はうっ!」


マップの一番北にいる二人は、マップ西にあるザマ峠の入口へ、向かっています。
タップデビルとベビーニュートに絡まれて戦ってましたが、なかなか倒せずピンチな二人は、慌てて逃げ出しました。


ねむい「やっぱ、つよいなー。」
マナ「どうしよっかー。 このさきに、いるんですけど・・・。」
ねむい「とりあえず、いっかいやってみようかー。」


ザマ峠に到着した2人は、

討伐対象であるさんぞくウルフにぶつかってみましたが、

ばくだん岩とセットで出てきてしまいました。

マナ「うひゃ、にげーヽ(;´д`)ノ」


次のさんぞくウルフにぶつかったら、ばくだん岩はいなかったけど・・・。


私「3匹Σ(゜д゜|||)!???」
みらこ「げげげ((((゜д゜;))))!!!」


これは勝てないだろうと、慌てて逃げ出しました。
また別のさんぞくウルフにぶつかったら、またもやばくだん岩とペア。
別方向に、慌てて逃げる二人。


ねむい「もどろっか・・・ヽ(;´д`)ノ」
マナ「うんヽ(;´д`)ノ」


結局、グレン城下町へ帰りました。

ねむい「いっかい、やすむ〜。」
まな「いえにいく〜。」

マナは、自宅のベッドで休みました。
そうしたら、ねむいちゃんが遊びに来たので、ベッドが使えるように設定。
ねむいちゃんも、マナのベッドで寝たようです。


私「あ、もう時間だから、終わりますー。」
みらこ「うちも、もう終わりですー。 嫁が風呂から出たら、怒られる状態(;´∀`)」
私「じゃあ、写真撮らせて〜ヽ(´―`)ノ」
ねむい「おどろう! そして、しゃしんとろーヽ(´―`)ノ」


踊りが無かったので、ポーズを取ってましたが

結局二人で座って撮影して、終わりました。

リアルマナさんは少し半泣きで、もっと遊びたがっていましたが、寝る時間が近いので、仕方がないです(´・ω・`)
また一緒に、遊ぼうね!


2人はマナの家で、そのままログアウトしました。


このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
↓よかったら、応援クリックをお願いします。


※ここにある物の著作権は、「うっちょん」または「マナ」にあります。 無断転載等は禁止しています。
© 2002 ucchon    © 2014 mana