いい人?

いつもの事ですが、突然マナが私に聞いてきました。


マナ「おかあさん~。アリに かきごおりを あげる人って、いい人?」
私「かき氷(´・ω・`)?」
マナ「うん。」
私「うーん・・・シロップの方が喜ぶんじゃない?水で薄められてるよりは。」
マナ「シロップなしのよ。」
私「只の水じゃん(´д`) 氷運んでる間に溶けちゃって、水に溺れて死んじゃいそう・・・。・・・あ、氷運んでる時冷たそうだね。アリに冷たさを感じられるか知らないけど。」
マナ「じゃあ、アリにちっちゃーーーーいポップコーンをあげたらいい?」
私「小っちゃいって言っても、アリから見たら大きいでしょ。」
マナ「ちぎってあげればいいじゃん。」
私「って、何で小さくしちゃうの(´Д`;)?アリって、自分の体より大きいものを運べるよ。」
マナ「じゃあ、はこごと おいて・・・。」
私「箱?何の箱?」
マナ「ポップコーンが はいってる はこ。」
私「え?袋じゃないの?」
マナ「はこでしょ~~。」
私「・・・あ、映画館で売ってるタイプのポップコーンか。」
マナ「で、上ぶぶんにひもをつけて そのひもをひっぱると、たおれるしくみにして・・・。」
私「倒れたら、中身が出ちゃうじゃん。」
マナ「それでね、たおれたら ポップコーン とびちるでしょ。」
私「まあね。」
マナ「で、そのポップコーンを アリがもって行くわけよ。」
私「えー(´д`) それじゃ、始めっからポップコーンを手で撒けばいいじゃん。」
マナ「まいたらー、アリさんね、もしかしたらポップコーンの雨になっちゃってー、当たって たおれちゃうかも しれないからー。」
私「駄目じゃん(´д`)」
マナ「だからー、アリさんね、かわいそうだからー、たおれるしくみにして、アリさんが当たらないようにして、はこんで もらうかんじ。えさを あげるかんじ。」
私「(´Д`;)????????????倒れた所にアリがいたら駄目じゃないの?」
マナ「いない ところに、たおすの。」
私「それって、アリがいない所に手で撒いても一緒じゃないの?」
マナ「いやぁ~ん(/ω\)」


・・・ん?
結局、意味が解らなかった(;´・ω・`)

広告を非表示にする

※ここにある物の著作権は、「うっちょん」または「マナ」にあります。 無断転載等は禁止しています。
© 2002 ucchon    © 2014 mana