INSIDE 調査編 ~マインド・コントロール没ネタ・その1~「セルジー・ポントワーズ事件」

INSIDEの序盤から登場するタンクですが、データを解析した結果、その名前は「Albino mind Tank」だと判明しました。

タンクの名前
▲タンクの名前が判明。

人を操るシーンが何度も出て来ているのもあり、INSIDEとマインド・コントロールは切っても切れない関係だと確信。
そこで、マインド・コントロールについて調べる事にしました。


しかし、ネットで調べてもカルト的な話が多く、科学的な話の詳細がよく分からず。
それでも色々と調べた結果、どうやらマインド・コントロールの拡張」という本に詳細が纏められているらしいので、早速図書館から借りてみました。

マインド・コントロールの拡張

マインド・コントロールの拡張

【内容紹介】本書は最先端テクノロジーを応用したマインド・コントロールの全容を独自の調査により解明した画期的な一冊。これまで知られることのなかった〈催眠〉〈脳への電気的刺激・インプラント〉〈電脳波による誘導〉といった手法によるマインド・コントロールについて解明する。(Amazon内商品説明より)

この本は、説明内容通り「催眠」「電気刺激」「インプラント」「電磁波」に関して纏められていました。
各分類で纏められているので時系列が全体的にバラバラだった為、現在マインド・コントロール年表を作ってます。
実際の年数と実験内容を写真付きで説明している話もありますが、詳細が分からず憶測でしか纏める事が出来なかった話もあり、ネットで検索して詳細を確認しつつ取捨選択しています。


今回は、マインド・コントロールが関係していそうだが、科学的にはっきりとした調査報告が出ていない話」をブログで纏める事にしました。
ケネディ大統領暗殺もそうですが、中身が大きすぎるし国が資料を公開したので、その話は別の人に任せます。
今回の話は「セルジー・ポントワーズ事件」です。

「セルジー・ポントワーズ事件」で検索すれば分かりますが、UFOの話しか出て来ません。

【簡単な纏め】

  • 1979年11月26日の午前4時、荷物を車に運んでいたリーダー格のジャン・ピエール・プレボ(26才)とサロモン・ヌディエ(25才)と、車に乗っていたフランク・フォンテーヌ(18才)は、遠くを飛んでいた光る物体を発見。
  • ジャンが車に戻ってきた時に、車が霧のような靄に包まれている事に気付き、靄が上空にあった光るシリンダー状の飛行体に吸い込まれて消え、飛行体は飛び去った。
  • 車内を見ると、フランクが消えていた。
  • 警察に連絡したがUFOの話もしたので管轄外扱いされ、軍に回された。
  • 事情聴衆中に新聞社にも連絡したので、この話が世界中に知れ渡った。
  • 失踪した1週間後にフランクが発見されるが、失踪中の記憶が無かった。
  • 夢で見ながら思い出したと証言する失踪中のフランクの話と、頑なに催眠での調査を断るフランクに変わって受けたジャンの調査報告の内容が、UFO絡みの話だった。
  • 軍が調査しようとした時は、既にマスコミやUFO関係の団体が独自調査をしており、情報が汚染されていると判断して調査を断念した。(多分、誘導的な尋問で思い込みによる証言が混ざっていたのだろうと推測)
  • 証言の中に「公的な彼ら(ET)と地球人とのオープン・コンタクトが1980年8月15日に開始される」話があり、証言内容をジャンが本にしたのもあって世間が盛り上がったが、当日は何も起きなかった。
  • 3年後の1983年にジャンが、でまかせだと告白した。

「マインドコントロールの拡張」の本の中では、フランクも「逆行催眠を受けた」と説明がありますが、ネットで調べると「フランクは頑なに拒否した」という説明ばかり出てくるので、私は「催眠による調査はされなかった」と判断する事にしました。
1995年に発行された本なので、もしかしたら情報が古いのかもしれないと思ったからです。
催眠による調査に関してですが、問題はこの時代のフランスでの催眠技術は、どこまで発達していたのか?・・・という事。
刷り込みや思い込みが影響受けてしまう様なものだったら、この証言は「汚染」されていて当てにならない。
只、本の中の説明では、フランクがこんな事を話していたと書いてあります。(P69)

【フランクの話】

  • 霧状の物に包まれた車の中で深い眠りに陥った。
  • 目覚めた時には、実験室のような部屋の中にあるテーブルの上に裸で横になっていた。
  • そこで、何回も催眠・覚醒状態を繰り返した。

「記憶が無い」「催眠・覚醒状態を繰り返す」この辺りは、まさにマインド・コントロールが関わっているように感じます。
この事件の詳細は、以下のリンク先で説明されています。
ufojikenbo.blogspot.com
フランクが話した実験室の詳細も、挿絵付きで説明されていました。
しかしマインド・コントロールでは、偽の人格や嘘の記憶を刷り込ませる事が可能なので、「夢を元に思い出した記憶」で説明していた「宇宙人を連想する実験室の内容」は、真実ではないかもしれません。


この事件に関して表向きは虚言で終わりましたが、フランス空軍本部に事務所を持つフランス防衛相戦術技術局(Service Techniques des engines Tactiques)のスタッフが、コンピュータ科学者であり作家、UFO研究者でもあるジャック・ファブリス・ヴァレ(Jacques Fabrice Vallee)にこの件について語った内容を、本では最後に纏めてありました。
※詳細は、ヴァレが出した本「欺瞞のメッセンジャー」(Messengers of Deception)(1979年)に紹介されている。

【フランス防衛相戦術技術局の証言】(P71)

  • この事件は高度技術に関係した一部の者によって計画された。
  • この計画を知っていたのは、一閣僚を含む10人強の人間しかいなかった。
  • その目的は、軍事的・科学的・政治的なものであった。
  • これはあくまでも国内的なオペレーションであり、国際的な目的は持っていなかった。
  • フランクは催眠状態におかれ、強い暗示がかけられた。
  • 捜査当局は計画については何も知らず、彼らの事件への対応を観察する事も計画の目的の一つだった。
  • この計画の後には、さらに大きな計画が準備されていた。

この証言で分かる事は、フランクだけがマインド・コントロールの対象になっていた事と、捜査当局を巻き込んでの観察実験だった事ですが、目的もその後の大きな計画も分からないので、マインド・コントロールの年表には入れませんでした。
後、フランス防衛相戦術技術局の話の詳細を調べようとしましたが、私にはネット上では見つける事は出来ませんでした。
英語が読めたら、「Messengers of Deception」を手に入れて調べるのになぁ。


個人的には、マインド・コントロールという言葉そのものに「カルト的・オカルト絡み・胡散臭さ」を感じてしまいますが、出来る限り「科学的・国や軍の偉い人の証言・調査報告」がはっきり出ている物を汲み取って年表に纏める予定です。

年表を纏めている理由は、INSIDEは現実とファンタジーを絡めた作品であるので、ある程度INSIDEの年代設定の背景を知る為です。
設定されているであろうと予測した年代では、マインド・コントロール技術はどこまで発達しているのかが、一番知りたい事でした。

これだけで1つの動画が出来てしまいそうですが、こんな感じでINSIDEの世界を調査しています。
調査編が完成するまで、暫くお待ち下さい。

最近のマナ

ここの所ずっと、育児についての事を書いていなかった・・・。
手がかからなくなると、こんなもんなのかなぁ・・・?
娘はもうすぐ小学生を卒業します。
大きくなりました。


【最近のマナさん】

  • 去年から、私の身長を抜きました。
  • ジェットコースターに恐怖を覚えました。
  • しま〇ろうの番組に興味を持っています。(何で今頃?)
  • 相変わらず色々な所にぶつけては叫んでいます。(ドジっ子属性は消えず)
  • 料理作りや皿洗いに興味を示しています。(最初の頃は私が横で見ていました)
  • 相変わらず物を作るのが好きです。(夏休みも段ボール工作を個人的にやってました)
  • ゲーム大好き人間。(スプラ2とかの対戦ゲームやマリオテニスとかのスポーツゲームも好きみたいです)
  • 基本的に面倒臭がり。(そのうち呼吸をするのも面倒とか言いそうなレベル)
  • 物語系で泣きやすい。(死ぬ系の話は勿論、お別れ系の話でも号泣します)
  • 数字が出てくると直ぐ計算したがる。(旦那さんの教育の賜物?)
  • 思考が少し停止しやすい。(自分で考えて試してから質問して欲しい・・・)
  • 片付けが苦手。(面倒臭がりの派生?)
  • 寂しがり屋さん。(今でも時々私がトイレに行くと付いていく・・・)
  • 食事の量が増えた。(旦那さんと同じ位の量を食べている・・・成長期?)
  • 関節部分のかゆみに悩まされている。(汗をかいて帰ってきてもシャワーを浴びる事を拒否するから、自業自得な部分もある)

こんなもんかな?


今後とも、スクスクと成長して欲しいと思ってます。

【ゆっくり実況】「INSIDE 探索編2」【隠しEDとトリビア集】裏話


【ゆっくり実況】INSIDE考察 探索編2【隠しEDとトリビア集】


D


考察をしようと思ったのですが、まずは調査が必要→その前に隠しEDの紹介がまだだった・・・という事で、隠しEDを紹介しました。

隠しEDと言えば、オーブ・・・トリガー解除が必須なので、簡単に場所を説明。
入り口と結果を見せて、「やり方は各自でお願いします」的な感じに纏めてます。
問題だったのが、「鍵であるメロディの場所」でした。
記憶があやふやだったので、手っ取り早くネットで調べようと思ったのですが、一か所しか紹介していない所ばかり。
海外の掲示板に3つあるって書いてあったのですが、3つ目が何か違う。
で、結局全オーブ場所を再チェックして、3つ目をようやく見つけました。

メロディ場所纏め
▲5番目・12番目・13番目のオーブがある所で聴けます。

後で気が付きましたが、3つ目は私の翻訳ミスで違う所を見てたようでした・・・。
結果オーライって事で(;´・ω・`)

それと鍵のメロディですが、ブログや動画によって始まりの場所が違っていたので、スタート地点を変えた検証動画も収録。
どこでもいいのねー。


今回からは動画を10分前後で作ろうと思ったのですが、隠しED紹介だけで5分ほど掛かってしまった為、余りの尺をトリビア集で埋めました。

INSIDEトリビア集タイトル
▲今回は、考察とは関係ないトリビアを纏めました。

24個くらいだったのに、気が付いたら27個に増えていた。
後2つほど入れようと思ってましたが、考察との絡みが微妙にありそうなので止めました。
一番大変だったのが、キーボードの音のずれでした。
色々試したけど今回UPしたヤツが限界だったので、諦めた・・・orz


しかし、海外掲示板でLIMBO人形や肉塊amiiboを見せられた時は、マジ興奮しました!
だって、日本の掲示板やブログや動画では、見つけられなかったんだもん。
私の検索能力がクソなのかもしれないけど・・・。

LIMBO人形と肉塊人形
▲普通にプレイしてたら、こんなの見つけられないっつぅーの!!

肉塊amiiboに関してはamiiboという紹介はしてませんでしたが、自分でデータを解析して見つけて思わず「amiibo」の言葉を調べてしまいました。
モデル名が「amiibo」だったんですよ。
英語は分からないから普通に言葉があるのかと思ったのですが、任天堂オリジナル名だったんですよね。
つまりPlaydead(INSIDEを制作した会社)の社員は、任天堂amiiboと認識した上でこの名前を付けた・・・という事ですよね?
amiiboって2014年に北米版が初めて販売されたらしく、INSIDEは2016年に発売されているんですよ。
つまり制作期間中に出てるわけだから、Playdeadがオリジナルで考えた名前がたまたま被った・・・訳ではないよね?
しかも、明らかにゲームボーイも出してるし、社員が任天堂好きなのかなー?・・・って思いました。

ゲームボーイ
▲モデルデータの形状を見たら、普通にゲームボーイでした(´・ω・`)


ヒヨコを殺さないでギミックを動かせる動画を海外掲示板で教えてもらった時は、驚きましたよー。
「マジで出来るのー!??」みたいな。
でも、再現が出来なければ動画に載せるつもりはありませんでした。
30分くらい頑張ってみたら何とかできたのですが、条件はよく分かってません。
参照動画の動きを見てると、ヒヨコを2グループに分けて少ない数でやってたんですよ。
それだけしか意識してなかったので、本当にちゃんとした条件は分かってません・・・orz


大きいトランクの上によじ登るヤツは何か適当に押してたら登れたんですが、その後特に何かあった訳ではありません。
立ち位置が関係してる気がします。
一回しか再現してないから、よく分かってません(´・ω・`)
あのトランク、あのまま左側にずっと持っていけるんですが、特に何もないらしい(バグっぽい反応はあったらしい)ので、トランクを左奥まで移動させた動画は作ってません。


iOSの「デバイス違いで動かない」警告動画は、古いiOSが無かったので、実践動画をUPしてくれた外国の方に許可を貰って載せました。
本当はもっと検証したいのですが、私は古いiOSどころかiOSを持ってないから出来ませんでした・・・。
色々試したいけど・・・。


Playdead創設者の話をトリビア#1に持ってきましたが、INSIDEを説明するに当たってLIMBOが絡んでくる以上、会社の説明も必要かと思い載せました。
創設者が2人いるとか、INSIDEが完成した直後に創設者の一人が抜けたとか、理由がプロデューサ(抜けた方)vsディレクター(残った方)のあるある内容だったりとか、そういうのまで載せる必要は無いと思ったので、載せてません。
LIMBOの制作期間が4年で、INSIDEの制作期間が6年という説明は載せましたが、原因はその部分らしいんですよね。
「もっと早く完成させろ」vs「クオリティが一番大事だろうが!」だったらしいです。
プロデューサさんは会社を辞めた後にアニメータさん(?)と新会社を作って、ゲーム開発中らしいですが、どうなんだろうねー?
ゲームセンスはディレクターさんが持ってそうなので(LIMBOの企画を考えた人なので)、プロデューサさんが作ってるゲームはPlaydeadとは毛色が違くなりそうですよね。
面白いかどうかは、出ないと分かりませんが。
ディレクターさんは、口うるさいスポンサーをことごとく蹴ってPlaydeadを作ったらしいんです。
口を出すスポンサーさんが付くと、思った作品が作れないからっていうのが理由らしいですけど、それを貫いて大作を作って成功させるって本当に凄いですよねー。
ハズれたら潰れてそうだけど・・・。(国からの補助金込みで作ってたらしいので)


動画を制作して思った事は、こんなもんです。
後は動画を見直さないと、思いだせないや(´・ω・`)

【おそ松さん】素振り制作纏め【GIFアニメ】

ご無沙汰です、うっちょんです。
最終更新日が4月28日とか・・・うぇ(´д`)

素振り制作開始
▲十四松の素振りアニメを作ってました。


INSIDEの背景を繋ぎ合わせてマップを作りつつ、十四松の素振りアニメを描いていたのですが、マップが長すぎてシャレにならない&素振り修正が上手く行かなくて泥沼化していたので、素振りに集中してずっと絵を描いてました。

INSIDEの方は、簡略マップにするか止めるかどっちかになると思います。
素振りが終わったので、この後はINSIDEの制作を再開していきます。


上の画像の通りサイズが変わったので、線を描き直す必要がありました。
清書して終わる予定でしたが、色々気に入らない所が出て来たので一から描き直す事となり、遅くなってしまいました・・・。

素振り線画修正1
▲線画の描き直し。右の線画も、後で更に描き直しています。


素振り比較
▲試しに色を付けてみた。


素振り線画修正2
▲こんな感じで、一松も結構加筆修正してます。


制作を始めたのが2月下旬だから、約4か月掛かってた事になります。
本当に、線画が全然終わらなくてね・・・orz
線画が完成したのが5月29日。
色付けの下地が完成したのが、6月6日。
そして影付けが終わったのが、昨日の6月18日でした。

最初に気になったのが、頭身。
頭身が少し大きかったんですよ。
せっかくなら、ちゃんと揃えたいじゃないですか。
それから、重心移動。
ぶっちゃけ、野球とかよく分からないから、誇張修正なんてまだ出来ません。
基本を知る意味もあって、プロの素振り動画を探して何度も再生して確認して、十四松に当てはめて行きました。

この素振りって、確かおそ松さん1期に出て来た素振りですよね。
でも、あえてそのアニメを見ないで作りました。
何でと言われると・・・何でだろう?
多分、模写になりたくないという意地?


素振り原画のみ
▲原画のみです。たった10枚、されど10枚。


原画が完成したのが、4月21日だったようです。
約2か月掛かってたようです。
たった10枚なのに・・・。
いやぁ・・・マジで素振りは、よく分からないんですよ(;´д⊂)


そうして何とか中割りへと進んで完成したのが、こちら。

素振り線画効果線なし
▲効果線無し版です。中割りもキツかった・・・orz


マジで死んだ(´д`)
線画が完成したのが、5月29日。
ほぼ1か月掛かってる。
一松の中割りがね、鬼なんです。
角度が違うから、簡単な中割りだとダメなんですよ。
追加原画9枚分は、全部一松の原画です。


描き直したと言われても、どう変わったのかよく分からないと思うので(私も分からん)、比較用のGIFアニメを作ってみました。

素振り線画比較
▲一応、前回描いた加筆修正版に近づける形で、描き直してます。


こうして見ますと、大元の方が誇張が強くて勢いがあって力強いんですよね。
先に述ました通り誇張修正は出来ないので、これで許してください(;´д⊂)

最新版は、ほぼ全フレームを使って動かしています。
手描きでCGみたいにぬるぬるさせたかったのがきっかけでしたが、予想以上に死んでます。
後2年掛かるとか半分冗談で言ってたけど、本当にそれ位掛かりそう・・・。


色塗り開始
▲そうしてやっと、色塗りを開始しました。


下地が6月6日に終わり、影付けが昨日終わったので、全部で20日ちょっと掛かってるのかな。
今回は、前回の旧版より影の範囲を小さくしました。
アニメの方がそうだったので、なるべく影を付けないようにしたのですが、加減が分からず結構悩みました。
難しいっすね・・・(;´д⊂)


・・・んで、完成しました!!!!

素振り完成
▲素振りが終わった!!!!


こんな感じっす。
頑張った!
誰か、「頑張ったね」って言ってくれ~~(TдT)
本当に頑張ったのよぉ~ヽ(;´Д`)ノ

GIFアニメって256色までしか使えないので、どうしても色数が多いと画面が汚くなってしまう・・・。
しゃあないですね(;´д⊂)

つうか、もう修正したくないっ!!
これは終わりーーー!!!・・・とは行かなかったりする。
タイミング調整の結果次第では、加筆する可能性もあるので・・・。


そんな感じで、ちまちま頑張ってます~。
取りあえずは、昔UPした版のサイズ修正がメインだねぇ。

よし、次はINSIDE考察編だな!(半分位面倒になってきてる)

Pixiv FANBOX を設置してみた

月100円~設定出来る、創作者支援システム「Pixiv FANBOX」に登録してみました。
金額が発生するから1次創作のみが良いと思うので、おそ松さん系とかはUPしない事にしています。
www.pixiv.net


【内容】
・あなたのオリキャラを私流に描く
・あなたのオリジナルデザインをペーパークラフトに起こす

ペーパークラフト
      ▲ペーパークラフト


元の3Dデータ
      ▲元の3Dデータ


これなら1次創作になるから、良いかなぁ~・・・なんて。
交流目的だから、金額は最低額の100円にしてみた。
登録する人はいないと思ってるから、取りあえずこれで様子見?

設定を複数作れるなら、「あなたが考えたオリキャラを、ゆっくりムービーメーカのアイコン用データにする」ってのも別値段で入れたいとか思ったり。
基本はアイドリングと目パチと口パクのみで、追加料金で仕草を入れていく感じ?


要望があるかは分からないけど。
ちゃんとした値段とか設定し始めたら、多分仕事としてやり始めるかもしれない。
とにかく今は、様子見です。
需要があるかすら分からないし。


FANBOX内での会話が出来ない様なら、Pixivのメッセージで要望を聞く感じになるのかな。


※ここにある物の著作権は「うっちょん」または「マナ」にあり、 無断転載・複製・加工等は禁止しています。
画像の直リンクも止めて下さい。
© 2002 ucchon    © 2014 mana