念願の「短剣&スライムトレイ」を装着!

9月9日(日)の話です。
前回書いた話の、続きです。
私が寝ている間の出来事は、前回書き終えることが出来たので、やっと普通に書けます(´・ω・`)
↓さてさて、続きをどうぞ・・・。




全滅した後、僧侶を生き返らせることすら出来ない所持金だったマナは、気にする様子もなく、汽車に乗って「風の町アズラン」へと向かっていました。
風の町アズラン




どうやら、メインシナリオを進めているようです。
そういえば、前にホワイトちゃんを連れて、話を少し進めたんだっけ。


領主
領主に会った後、


アズラン地方
「風の町アズラン」の外である「アズラン地方」に出たら、知らない人がサポート僧侶に「ザオ」をしてくれたので、何とか全員「満タン」コマンドで復活。
ありがとう、通りすがりの方ヽ(;´Д`)ノ


そのままマナは、「風の町アズラン」から南にある「イナミノ街道」へと向かっています。
イナミノ街道

マナ「だって、「いけ」って いわれたんだもん(´・ω・`)」


山間の関所
どうやら、「イナミノ街道」にある「山間の関所」で、メインシナリオを進めようとしているようです。


カミハルムイ領南
特に事故もなく、無事に関所でイベントを発生させたマナは、そのまま「カミハルムイ領南」へと進んでいた・・・。
「カミハルムイ領南」と「カミハルムイ領北」の間には、「王都カミハルムイ」があり、この周辺はレベル30前後のプレイヤーが集まっています。
ピンクモーモン
このレベル帯で有名な、レベル上げ用モンスター「ピンクモーモンがいる場所でもあります。


マナ「あ、ここって「ピンクモーモン」がいるところ?」
私「そう。」
マナ「「トンブレロ」と、どっちがいいの?」
私「「トンブレロ」の方が、弱いよ。」
マナ「じゃあ、にげよう・・・(´・ω・`)」
私「どこいくの?」
マナ「あんぜんな ばしょへいこう・・・あ、ちょっと! おかあさんやって! おかあさん、おかあさんっヽ(;´Д`)ノ!!!」
私「やーだよーー。(仕事中)」


どうやら、ピンクモーモン達に見つかったようです。
現在レベル16のマナには、ちょっと早すぎた場所ですしね。
餌だと思われたか・・・(´・ω・`)
ピンクモーモン攻撃時
逃げては捕まり、逃げては捕まり、何とか逃げ切った所で、立ち止まった。


私「・・・んで、戻るの?」
マナ「えっと、どこにいくんだっけ・・・。」


2人でメニューから、シナリオ内容を確認してみた。
このゲームでは、シナリオを途中まで進めて放置しても、各シナリオの進行内容がすぐに確認でき、そのシナリオが発生した町には、次に何をしたらいいかのアドバイスを言うNPCも、待機している。
「イナミノ街道」にある「山間の関所」で話を進めた後は、そこから東へ向かって「スイゼン湿原」に行き、更に北東へ行った所にある「スイの塔」の最上階で、ボスと戦わなければなりません。


山間の関所・霧
マナは、「山間の関所」へと戻って行きました。


マナ「おかあさん、きり(゜▽゜)!」
私「キリン(゜д゜)!? どこ!??」
マナ「いないー(´д`)」
私「なんだよぉ〜(´д`)」
マナ「きり だよぉ〜ヽ(;´Д`)ノ」
私「ああ、霧か。わかりにくっw」


関所でウロウロしていたマナは、ここが気に入ったのか教会でもじもじしていた。
山間の関所の教会・霧
マナ「ここに とうろくしていい?」
私「ここで、レベル上げしたかったらね。」


迷った挙句、結局バザーを眺めだした。
ちなみに、所持金は109ゴールド。


マナ「ねー、どっちの たんけんが、いいかなぁ。」
私「どっちでもいいよ・・・お金ないんでしょ(´д`)? ・・・あ、預かり所に、お金を預けてるじゃん。」
マナ「あ、そうだった(*´Д`*)! もどって、とろう〜・・・って、すぐよこにいた!」
山間の関所の預り所&バザー・霧
↑画面左が「預かり所」で、右が「バザー」です。

前回ホワイトちゃんと遊んだ時、1000ゴールドを預けておりました。
よかったねぇ、お金があって。


マナ「ねぇ、これでいい?」
私「「アサシンダガー」がいいの?」
マナ「うん!」


何度も何度も眺めていた「アサシンダガー」。
ついに購入しました。
☆が1つ付いていました。
1100ゴールドだったので、残りのお金は209ゴールドです。
スライムトレイ装備
↑早速「スライムトレイ」を装着し、マナに写真を撮ってもらいました。


マナ「ためしに、たたかってみよーヽ(´ー`)ノ」
私「誰と戦うの? そこにいる敵って、強くなかった?」
マナ「「たけやりへい」、ぜんぜんつよくなーい。ふつうに、なまえだけ かいてあったもん。」
私「ついに、短剣使いか(´・ω・`)」
たけやりへい
サポートキャラ3人を呼び出し、4人で倒していました。
本当だ、普通に倒せるね。
倒した後、辺りを見回して、マナは必死に私を呼びます。


マナ「ほらみて! うーーっすら、しろいでしょ。」
私「本当だ、靄がでてるね!」


マナ撮影
↑せっかくなので、マナに写真を撮ってもらいました。
その直後に、ルーラストーン。
「ジュレットの町」に、戻ってしまいました。
ジュレットの町
はやっw
ボス戦は、しないのね(´・ω・`)
それからマナは、いそいそと汽車に乗って、「グレン城下町」へと行きました。
グレン城下町
何をするんだろう・・・あぁ、武器を作るのかー。


私「何の武器を作るの?」
マナ「ダガー。」
私「あなた、もう買ったじゃないか(´・ω・`)」
マナ「あー、・・・つくれるけど、さがっちゃうよー。」
武器鍛冶ギルド
「弱いのしか作れない」っていう意味らしい。
そりゃそうでしょ、マナの武器職人レベルって1だもん。
作ったのは「ブロンズナイフ」で、レベル1で装備可能の物でした。




・・・マナは、突然変身した。
マナは、「オヤツマン」になった!


おやつを食べるんだってさ。
もう3時か。
マナキャラを躍らせながら、コントローラを放置しました。




グレン領西
暫くして、満足そうに戻ってきたマナは、「グレン領西」へ出てから


ベコン渓谷
近くの北西にある、「ベコン渓谷」へと向かっていました。
・・・武器は、もう作らないのね(´・ω・`)


メイジドラキー
早速近くにいた「メイジドラキーと3戦。
終わった途端にルーラストーンで、「ジュレットの町」へと戻ってしまいました。
ジュレットの町
やっぱり、早いよ(´д`)
「いってみたかっただけ」なんだって。


私「飽きたの?」
マナ「あきてないよ。つまんなくて。」
私「それは、「飽きた」って言うんだよ(;´・ω・`)」




少し手に入れたお金で、戦士&僧侶&魔法使いを雇いなおしていました。
さらば、盗賊だらけ&僧侶さん。
レベル15の僧侶を雇っていたので、レベルが16に上がったマナは、僧侶も16に変えたようです。
「アルミラージ」をやろうと思ったらしく、最初は盗賊だらけだったんだって。
・・・なるほどね(´・ω・`)


ミューズ海岸
「ジュレットの町」から、「ミューズ海岸」へ出て、少し戦闘。
でも、すぐに魔法使いと僧侶のMPが尽きてしまう。
まだこのレベルだと、ミューズ海岸の敵はキツいのかなぁ・・・?
「ジュレットの町」へ戻って宿屋に泊まり、今度は「ジュレー島上層」へと出ました。
ジュレー島上層




モコフル
「ねね、「どんぐりベビー」に にてるね〜(*´Д`*)」と、思わず近寄ってみたら、イオを唱えてきたので、慌てて退却。
どんぐりベビー
↑こいつが、「どんぐりベビー」
ちなみに、似ている方は「モコフル」といいます。
色違いですね(´・ω・`)


「ジュレットの町」に戻って、モンスター図鑑を眺めて楽しんでいました。
ジュレットの町


♪じぃ〜ぶとぉ〜ろ じぃ〜ぶとぉ〜ろ じぃ〜ぶとぉ〜ろ〜〜♪


・・・もう、それいいから(;´・ω・`)
酒場の曲に合わせてテーマソングを歌いながら、落ちました。
ジュレット酒場内




そして、夜です。
まだやるのか。
夕食を食べて風呂に入って歯を磨き、寝る準備がバッチリなので、寝る前までプレイをする事になりました。


マナ「おかーさん、おかーーさん! ホワイトちゃんがいたよ!!! はやく、チャットしてーー!!」


私が風呂から出たら、突然マナに呼ばれました。
私は仕事が忙しいので、旦那にチャットを頼みました。
旦那同士、初めましてデスね(´・ω・`)
そして、会話の最後に書く略称が(マナ)ではなく (ま に。
それに合わせて、ちょこさんも(ホワ)ではなく (ほ にしてきた。
男共は・・・(;´・ω・`)


この時間に遊ぶのは予定外でしたが、「30分だけなら遊んでいいよ」と、ホワイトちゃんのお母さんから許可を貰ったようなので、30分だけ急遽一緒に遊びました。
今回も、前回と同様ホワイトちゃんが「ついていく」モードをマナに設定。


オルフェア地方西
マナの先導で、「オルフェア地方西」


トンブレロ
「トンブレロ」を狙う事にしました。
てっきり、旅に出るのかと思ったが、30分制約もあるので、旦那が子供を促して、そこへ行かせました。
本人も、「レベルあげが、したいヽ(´ー`)ノ」と言っていたから、調度いいか。
・・・珍しい(´・ω・`)


ホワイト「スライムトレイーーー!!!」


マナの装備を見て、即反応してました。
ホワイトちゃんと、ちょこさんに作ってもらったやつだよ〜。
ありがとね〜。
早速戦闘を開始。
最初は、「トンブレロ」と戦っていましたが、マナは2戦目辺りからスライムタワーも狙うようになりました。
スライムタワー


ホワイト「マナちゃんは、なんで「スライムタワー」がすきなんですか(´・ω・`)?」
マナ「「スライム」が、すきだから(*´Д`*)」
ホワイト「なんでー(´・ω・`)??」
マナ「プヨプヨしてるからー(*´Д`*)」
ホワイト「だから、スライムトレイなんだー。」


贈って貰わなければ、多分この盾の存在すら知らなかったでしょ・・・いや、そんな事ないな(´・ω・`)
ウィンドウショッピングが大好きなマナは、私よりも色々な装備やアイテム、素材に詳しくなってるのよね・・・。
いつかは、手に入れようと奮闘する日が来ていたでしょう。
でも、贈って貰えて良かったです(*´Д`*)


ホワイトちゃんは、モンスターが全部好きで、一番好きなのが「キメラ」だそうです。
キメラ
「はねがすきー」と言ってました。


何匹か戦って、無事にマナのレベルが17になりました。
ホワイトちゃんは、もうレベル21だったのね。
早いなぁ。
追いつく気が、まったくしないですね(´・ω・`)
スキルポイントを4手に入れたので、「短剣スキル」に3、「おたからスキル」に1振り分けていました。


スライムタワー戦での、「スライムシャワー」攻撃に大爆笑のマナ。
スライムシャワー
スライムシャワー2
でも、死にそう(´Д`;)


ホワイト「「スライムタワー」が、おもしろすぎるーー(*´Д`*)」
旦那「マナも大喜びですヽ(´ー`)ノ」


向こうも楽しんでるようで、良かったです。
痛そうだけど、大丈夫かなぁ・・・(´д`)?
短剣スキルに3振り分けたお陰で、短剣専用技「キラーブーン」を取得したマナは、次の戦闘で早速試していました。
ちなみに、「虫系の敵に1.5倍強?のダメージ」らしいですが、どうなんでしょうかね・・・(´・ω・`)?
今回の相手は、スライムタワーだから、虫じゃありません。
もちろん、ダメージは微妙でした。


マナ「キラーブーンは、むしけいだから、「キメラ」か(゜▽゜)!」
私「違うよっ(;゜д゜)!」
ちょこ「ホワイトは、さっぱり解ってません(´・ω・`)」
旦那「短剣スキルで「キラーブーン」を覚えたの。」
ホワイト「「スライム」と「スライムベス」と「スライムナイトのスライム」。」


何かと思ったら、スライムタワーの3種類のスライムの事を言ってるようです。
スライムナイトのスライムって、でかくなかったっけ(´・ω・`)?


いつの間にか、スライムタワーばかり狙う、マナ。
「だってかわいいんだもん(*´Д`*)」だって。




気が付けば、もう30分経っていました。
早いですねー。
・・・今回、まともにレベル上げしてないか!?
珍しすぎる・・・(´・ω・`)


旦那「これで、終わりますか。」
ちょこ「ですね、(ホワイトちゃんは)昼間もしちゃったので。・・・長引かせると、嫁から「マヒャド」が(´Д`;)」
旦那「w」
マナ「(ちょこさんに)リホイミーヽ(´ー`)ノ」


・・・まだ喰らってないでしょ(´・ω・`)
オルフェアの町・夜
「オルフェアの町」へ戻って、入り口前でジャンプしまくりながら、解散。
お疲れ様でした〜ヽ(´ー`)ノ
ちなみに「リホイミ」は、FFでいう「リジェネ」です。
別れる前に、いつもの記念撮影。
記念撮影
↑今回は、マナに撮影を頼みました。




えーっと、まだやりますよ。
寝る時間までソロです。
オルフェア地方東・夜
「オルフェア地方東」へと出た、マナ。
「きいろい、おしろみたいなの はっけんヽ(´ー`)ノ」というので、写真撮影をしてもらいました。
きいろいおしろみたいなの
・・・撮影の時、自キャラをボタン1つで消せるんだけど、サポート仲間って消えないのねw


民家の本棚
その後は、すぐに「オルフェアの町」へと戻り、民家に入って本棚を調べる動作をして、遊んでいました。
プクリポの本棚は小さいので、ウェディが本を読もうとすると、何もない所に手を伸ばし、本を取って読みふける・・・何度見ても変だね(´・ω・`)


爆笑して落ち着いた所で、リアルでリズムを取って踊りながら、バザーを見ました。
「アサシンダガー」を狙ってるようですが、所持金は296ゴールド。
買えませんよ。
また、☆が多いのを狙ってるし。
・・・・・・あれ?「アサシンダガー」って、もう持ってなかったっけ(´・ω・`)?


マナ「もっといいのが、ほしいのーーヽ(`Д´)ノ」


・・・左様ですか(´Д`;)




オルフェア地方西
今度は、「オルフェア地方西」へ。


私「お嬢さん、どちらへ?」
マナ「はいー、まだどこにいくか、わかってないんです〜(´・ω・`)」


スライムタワー
そう言って、またスライムタワーと戦うマナ。
「今どこにいるの?」と聞いたら、「トンブレ「ル」がいるところーヽ(´ー`)ノ」と、ワザと言って楽しんでいた。


マナ「サポートなかまを、かえても いいですか?」


レベルが17になったので、16の時に雇った仲間は、イヤなんだそうです。
お金なくなるよ(´・ω・`)?
「オルフェア地方西」にもキメラがいるのですが、キメラにぶつかった時・・・


♪キメラ キメラ 
 キメラのはねが だいすき〜♪


と歌いながら、炎攻撃で全滅しかけて逃げていました。
ああ、ホワイトちゃんが言ってた言葉だね。


マナ「ねね、アジトにいくねーヽ(´ー`)ノ」
井戸
・・・と言って、近くにあった井戸に飛び込みます。
井戸の中には、「ダンダダ団アジト」がありました。
・・・何だ、この名前(;´・ω・`)?
中は、ただの家でした。
ダンダダ団アジト
マナは、一通りNPCと話してから、しょんぼりして外に出てきました。


マナ「なんにもなかった。はなしを、きいただけだったー(´д`)」
私「何を期待してたの?」
マナ「たからばこ。」


アジトから宝箱を狙うとか、普通に考えたら恐ろしいな(;´・ω・`)
後で確認したら、宝箱があったよ・・・。
見逃してたんだね(´・ω・`)


ジュレットの町
それからすぐに、ルーラストーンで「ジュレットの町」へと戻りました。


マナ「ほらみて、みんなのMPがー。やどやへ、いってきまーすヽ(´ー`)ノ」


そういって、走りながら歌いだしました。


コアラのマーチ マーチ
 マーチ マーチーーーーーー♪


何で、コアラのマーチ(´・ω・`)?


マナ「のどが、かわきました。コアラのマーチ くださいーヽ(´ー`)ノ」


それ、飲み物じゃないから(´д`)
マナが突然、私に問題を出してきました。


マナ「すこしキツくて レベルあげできるのが、ちょうどいい。それ、なんだとおもう? こたえはジャガーメイジ」ヽ(´ー`)ノ」


何気に、戦闘の楽しさを解ってるな。
ミューズ海岸
今度は、「ミューズ海岸」にいる「トンブレロ」を狙うようです。
ジャガーメイジ」じゃないのかよ(;´・ω・`)
「トンブレロ」がいる場所へ向かっている途中、あっちこっちで「ザオ」の音がしてきた。


私「復活しすぎだね。」
マナ「「ぜんめつしすぎ」って、いえばいいんだよ。」
私「あなたに、言われたくないでしょう(´Д`;)」


マナは、「トンブレロ」をスルーし、更に奥へと走っていました。
レベル上げはやめて「ジュレットの町」のシナリオを進める事にしたようです。
渡し船
走った先には渡し守がいて、そこから「いかだ」みたいなもので、「ラーディス王島」へと行きました。
ラーディス王島
マナ「ここ、つよいてき いっぱいいたよ。でも、ぜんぶよけていくの。いいこでしょ(*´Д`*)?」


シナリオでは、ラーディス王島にある「知恵の眠る遺跡」へ行けと言われていました。
そこは、渡し守がいる場所から南東にありますが、マナは途中で寄り道をして、南南西にある「小屋」へと向かっていました。
小屋
小屋の中で、宝箱を発見!
マナは大興奮です。
小屋の中


その後、近くにいた敵をみて、マナが何かを思い出しました。
シードッグ
マナ「あ、このてきが たまにおとすヤツって、いってなかったっけ!?」
私「あ、本当だ。 「シードッグ」だ!」
旦那「よく覚えてるね・・・クエストなんて、すぐ忘れちゃうよ。」


何かのクエストで、「「シードッグ」がたまに落とす「大事な物」を取って来い」・・・というのがあったのですが、マナはそのクエストを受けた直後から、度々「シードッグってなに?」と聞いてきてたので、名前だけ覚えていました。
・・・こいつだったのか(´・ω・`)
マナは、シードッグに見つかってしまうが、逃げ出した。


私「倒せるんじゃない?」
マナ「だって、ここのてきって、ちょーーーつよいんだもんヽ(;´Д`)ノ」


試しに戦ってもらったら、一撃でHPが半分弱減っていた。
痛そうw
「ほらいったじゃんーーヽ(;´Д`)ノ」と、横で叫んでいます。
ゴメンよ(;´・ω・`)
しかし、逃げても逃げても、シードッグに当たります。


マナ「おっとーー! なんであたるのーーヽ(;´Д`)ノ!?」
私「見つかると、追いかけて来るんだよ。」


レベルが低いから、しゃあないね。
・・・暫く歩いていたら、小さな台を発見。
キングスライム
その上には、キングスライムが陣取っていた。
キングスライム2
マナ「あ、ディスクが はいっていたヤツにあった、キングスライムかなぁ(´・ω・`)?」


意味が解らなくて、よく聞いてみたら、DQ10のパッケージ裏に紹介されていた画像と、場所がまったく一緒。
「あと、プクリポばっかり ならんでるのも、あったよ(*´Д`*)」・・・と言ってたので他を見たら、本当にありました。
よく見てるなぁ・・・。


旦那「うちの子、天才かも(゜▽゜)!?」
私「まーた、バカ親発言だ(´д`)」


知恵の眠る遺跡
それからマナは、「知恵の眠る遺跡」に一度入り、イベントを見てから少し奥に進もうとしたら、周りに怖い敵がいたので、すぐにルーラストーンで帰ってしまいました。
その後、「ジュレットの町」にいる町長に話をしてみましたが、話が進みません。


町長の家
↑町長の家
意外と小さい家です。


町長の家の中
↑町長の家の中


町長
↑「ボーレン町長」
後ろにいるのは、奥さんらしいです。


マナ「おかあさん、いったのに、なにもかわらないよーヽ(;´Д`)ノ?」
私「ああ、奥に行かないと、いけないんだ。」
マナ「やーーだーーー、おかあさんやってよーーーヽ(;´Д`)ノ」
私「やだよ。」
マナ「おかあさん、だっこぉ〜〜〜〜(⊃д⊂)」
旦那「マナ〜、お父さんを抱っこして〜(*´Д`*)」
マナ「いいよ〜(*´Д`*)」
私「駄目だよっ(;゜д゜) マナが潰れちゃうーーヽ(;´Д`)ノ」
マナ「やろぉ〜〜ヽ(´ー`)ノ」
私「でも、後10分で終わっちゃうよ?」


残りの10分は、私と旦那に絡んで、終了しました。
DQ10関係ねぇ〜〜(´д`)
最後に、「おかあさん、めをとじてー。50びょうかぞえるから(*´Д`*)」と言われたので、又かと思いつつ、目を閉じた。


「いーーち、にぃーーい、さぁーーん・・・」ジュレットの町の曲から、酒場の曲へと変わり、酒場の人との会話の音が聞こえ、そして残り10秒の所で、無音になった。


途中で、「あ、酒場の音だー、酒場に行ったでしょ?」とか、突っ込みを入れてましたけどw


これで終わりました。


このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
↓よかったら、応援クリックをお願いします。

広告を非表示にする

※ここにある物の著作権は、「うっちょん」または「マナ」にあります。 無断転載等は禁止しています。
© 2002 ucchon    © 2014 mana