読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Live2D】横を向かせて分かった事

現在ある素材で、簡単に横を向かせてみました。

横向きテスト
▲動かさなければ分からない必要なパーツが、色々見つかった。


後ろの頭は気にしないで下さい。
まだモーション用に作ってなかったので・・・。
スムーズに横を向かないのは、スライドバー登録ポインタでのミス&アニメ設定時のファンクションカーブがクソだったので、微調整が不可な為、仕様です。


何日かいじって、ある程度分かったLive2D。
やればやるほど「これって、一枚絵をちょろっとだけ動かす&表情を楽しむ事ばかりに力を注いでる・・・。」という事が分かりました。

  • ボーン機能が無い。
  • 子供を動かなくするコンストレイント機能が無い。
  • ポリゴン編集画面で、「頂点を移動する」機能があるが、なぜかその時だけポリゴン上のテクスチャをいじってる状態になり、画面を閉じて本体を見ると、画像がゆがむ。「頂点を移動する」機能の存在する意味が分からない。
  • 読み込みをしないと、パーツが作られず、途中で新規でパーツポリゴンを自作できない(ダミーをコピペで作るという力技で出来るけど)
  • マスク機能があり複数登録出来るが、加算効果しかなくて除算や乗算効果を選べず、更に反転機能が無い。
  • パス機能が、頂点をちょっとずつ動かさないとポリゴンが破綻しやすい&一度壊れたら、そのまま効果範囲計算をするので酷くなる。
  • アニメーション設定でファンクションカーブがあるのに、何故かベジェ編集とかリニア設定とかが全くなく、カーブ途中に頂点を追加すると、そこから変な軌道で更に歪んだカーブを作ってしまう。

もっと色々出てきそう・・・。


スライドバーを登録する時は、中間点はきっかり真ん中で作らないと、綺麗なアニメが作れなさそうだと分かっただけでも、いい勉強になった。
これから、必要パーツを追加で作ってから、横や下向き、表情等の顔アニメを登録していきます。

広告を非表示にする

※ここにある物の著作権は、「うっちょん」または「マナ」にあります。 無断転載等は禁止しています。
© 2002 ucchon    © 2014 mana